仕事の悩み

海外を飛び回る仕事って結構大変だなと思うんですよね。

海外を飛び回るような仕事をしている人って周りにもいると思うんですよね。出張で海外に行っているというサラリーマンからすると1つのステータスのように思える場合もあるでしょう。

色々な国に行けて羨ましいなと思うような人だっていると思うんですよね。でも、実際には海外を飛び回る仕事って結構大変だなと思う事が多いのです。

私は海外に出張や旅行で行く事が多いので、飛行機に乗る回数も、飛行時間も多い方だと思います。

がんがん放射線を浴びているレベルです……。

香港に関しては「空港地図を覚えた」と言えるくらいには行っているんです。そういうと格好良いよね。

ただ、周りが思っているほど、海外を飛び回る仕事って魅力的なものではないかな?と思ったのです。

 

体調を崩したら大変

 

海外を飛び回るような仕事って誰でも1度は憧れるものですよね。私にもそんな仕事に憧れた時期がありましたし、私もかなり出張が多い方ではあるので、

半分足を突っ込んでいるのですが、

海外を飛び回るような仕事をしていると、体調を崩す事が絶対に出来ないわけなんですよね。海外を飛び回る仕事をするという事は、

出張だけでも、かなりの金額がかかる事になってしまいますよね。ヨーロッパに滞在するのであれば、最低でも数十万円はかかってしまうでしょう。

 

数十万を無駄にしないために、常に体調管理をする必要があるんです。海外を飛び回る仕事をしているのに、体調を崩してしまうと、

会社に大きな損失を与えてしまうものです。

オランダのムイデン城あたりにいた時なんかはもう慢性胃炎になったりしてて大変でしたもん。慢性胃炎がつらい、と思っていた数ヶ月前。で書いているからぜひ。

だからこそ、体調を崩す事が出来ないわけなんですよね。

これって、地味につらいんですよ。特に帰国してから次の出発まで時間がない時なんかは割とつらい。緊張するしね。

外を飛び回る仕事をする事で得られるものはたくさんあると思います。

 

しかし、人間は常に体調を管理する事が出来るわけではありません。マヌカハニーを毎日飲んでいても、風邪を引いてしまう事もありますし、精神的な体調が悪い時だって当然ありますよね。

葛根湯が効かない時だってあるのよ……。

そんな時でも海外に行かなければならない事を考えると、大変だと感じてしまう事だってあると思うのです。海外を飛び回る仕事をする事で、

風邪を引けないプレッシャー」というものを背負っていく必要性が出て来てしまうものなのです。

 

若い時だったら良いのですが、歳を取ってくると免疫だって弱くなってきてしまうものです。そんな状態でも、体調を崩さずに仕事を遂行出来る自信があるのか?

という事は考えていった方が良いのです。

関連記事:英語を使う仕事につく事はメリットが多いと思う。

 

 

飛行機での移動は疲れる

 

これは私が感じる事でもあるんですよね。私は国内・海外に出張や観光で行く事が多いのですが、飛行機での移動って思っている以上に疲れるものなんですよね。

私の場合だと、海外から20時間程度のフライトから帰って来た次の日に北海道出張があった事だってありました。

若い時であれば良いのですが、歳を取って来てしまうと、中々我慢する事が出来ないものでもあると思っているんですよね。

 

海外を飛び回る仕事だと、フライト時間が長くなってしまいますし、フライトとフライトの間隔が狭い場合だって往々にしてあるものです。

そういったハードなスケジュールに耐える事が出来る人って実は極一部だと思うのです。

 

飛行機の中って疲れるもので、映画を見ていたり、本を読んでいたり、ビジネスクラスだと「バー」がついていたりもするのですが、

そういった一見「遊び」のようなものをしている状態でも、飛行機の中で長時間過ごすのは大変なものなんですよ。

地上から遥か遠くの空の上で人間が過ごしているわけですから、疲れるのは当たり前の事なのです。旅行程度であれば飛行機だって楽しいイベントの1つになると思います。

ただ、これが仕事になってしまうと、「義務」になってしまい、大変な仕事の1つになってしまうのです。海外を飛び回る仕事は格好良いと思いますし、

憧れる気持ちもわかります。

三菱商事とか、丸紅とか、伊藤忠とかね。格好良いよね。総合商社なんて年間どれくらい出張何だろう。

商社=イケイケリーマン」って感じがして良いよね。

 

しかし、海外を飛び回る仕事はそれだけ大変なものでもあると思うべきなのです。

オランダからベルギーに「タリス」で行った時も大変だったもん。アムステルダム からブリュッセルまで、タリスの一等席で移動してみた!で書いていますよ。

関連記事:仕事を辞める勇気って必要だと思う。

 

観光はほとんど出来ない

 

海外を飛び回る仕事だと「スペイン?あそこにはサクラダファミリアもあるし、観光するところがたくさんあって良いねえ」と言われたりする事が多いと思いますが、

 

海外を飛び回る仕事をしていたとしても、観光をする時間も体力もなかったりするのが現実なんですよね。私も海外や国内に出張で行く事がありますが、

ゆったりと観光する事が出来るのか?というと、そういうわけではありません。現地のレストランに行く事はあっても、

世界遺産を回ったりとか、そういう観光めいたものは何も出来ないのです。そもそも時差ボケで死んでいたりするしね……。

日本からヨーロッパならまだ良いけど、ニューヨーク等の東側へ行く時には行きがつらいんです……。

海外を飛び回る仕事をしていると言っても、会社側は必要な日数分しか滞在させてくれませんし、仕事で行っているので遊ぶ事だって出来ないものなのです。

 

海外での学会発表のようなものだったら、発表が終わってから研究室の費用で多少は遊ぶ事が出来たりもするのですが、

仕事の場合だと、全く観光なんて出来ないものなんですよ。海外を飛び回る仕事にはメリットもあると思いますし、それだけ大きな経験にはなると思うので、

海外を飛び回る仕事をする事自体には賛成なのですが、

 

メリットだけではない、という事をあらかじめ認識しておいた方が良いと思うのです。

関連記事:向いてる仕事を診断した上で転職をする大切さ

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。