恋愛と私

彼氏と長続きしたいならどうすれば良いのか?を男子目線で考えてみた。

はい!どーもまりもです!大学では「メンヘラ研究家」と呼ばれていたものです。なんやねん、それ……。

サークルの後輩女子で恋愛の悩みを抱えていたりすると、「メンヘラ研究家のまりもさん〜」なんて召集されていました。懐かしい思い出ですねえ。

はい。話はそれちゃったけども!

今日は彼氏と長続きしない問題について。

彼氏と付き合っている人の中には、「別に今の彼氏と結婚しよう」とか思っていないし、他の人を好きになったら、そっちに乗り換えるという主義の方もたくさんいると思いますが、

中には、彼氏と長続きするような関係性を築いていきたい、と思うような人だっていると思うんですよね。彼氏の事が好きで、

別れたい、なんて思った事もなくて、このままずっと一緒にいる事が出来たら良いな、と思っている人だっているわけです。

 

でも、多くのカップルは別れてしまうものですよね。どれだけ仲良しカップルに見えていても、別れてしまうカップルっているじゃんね。

あの現象なんなの?「このカップル絶対結婚するっしょ」と思うカップルに限って別れたりする。人間ってのはわからんもんやねえ。

では、どうすれば彼氏と長続きするのでしょうか?今回はそんな事について男目線で考えていこうと思うのです。

 

奢ってもらって当然、という考え方を捨てる

 

これはちょうど昨日話していた事なんですよね。私の友人とそいつの彼女の話なのですが、私の友人が男で、ある程度安定した収入を持っている公務員なので、

彼女とデートでレストランに行ったら、全て奢っているみたいなんですよね。

おっひょお。すっげえ、と思っちゃいました。笑

港区男子乞食の私は「あ、こういう男性と付き合いたい……」なんて思っちゃったり。笑

そして、本人も奢るという事に対しては辛さを感じているわけではなかったのですが、ちょっと違和感があったらしいんですよね。

問題は彼女にあったのです。

彼女側は、最初こそ奢ってもらった時に「ありがとう」という言葉を言ってくれたみたいなのですが、だんだんとそんな言葉も言わなくなってしまい、

最近では財布すらも出さないような状態になってしまったわけなんですよね。こういう女性って実はたくさんいると思いますし、

確かに、奢られ続けていると、「奢ってもらえた」という感覚がなくなってくると思うのです。だからこそ、感謝をしていても、それを言葉に出さない事が多くなってしまいますし、

難しい側面は多いと思います。しかしながら、もしも彼氏と長続きするようなカップルでいたい、と思っているのであれば、

 

どんな時でも「奢ってもらえて当たり前」とは思わない方が良いと思うのです。奢ってもらう事が当たり前になってくると、どの程度の金額がかかっているのか?という事を意識しなくなるものです。

でも、奢るという事は意外と大きな金額のかかるものなんですよね。例えば、5000円のディナーを食べに行ったとしましょう。

1人だと5,000円なのですが、2人だと10,000円になってしまうわけですよね。こういうデートが月に4回程度あるとすると、

 

1ヶ月で40,000円もかかってしまう事になります。手取りの金額が20万円だとすると、給料の20%をデートに使っている計算になるのです。

 

若い人とかだと、この値段でもかなり厳しいものがあると思っているんですよね。だからこそ、彼氏と長続きしたい、と思うのであれば、

 

常に感謝する姿勢を持った方が良いのです。奢られるのは当たり前ではないのです。

だってさ、これからずっと付き合っていきたいのにさ、無理をしていたら続くわけないじゃんか。女性側からしたら、「奢ってもらえたラッキー」という感じかもしれん。

それに、男性の方が平均で考えれば収入は多い。「だから奢ってくれても良いじゃん」と思う人がいるのも仕方がないのかもしれない。

けど、うーん、この男女平等の時代に「男子たるもの女子に財布なぞ、出させるな!」的な考え方は厳しいと思うんですよね。

もうアップデートしなきゃいけない価値観だと思う。あ、でも1円とか10円単位で割り勘されたりするのはちょっと違うと思うんですけどね。笑

関連記事:彼氏のツイッターは絶対に見ない方が良い。絶対に。

 

 

小さな事で怒らない

 

これも彼氏と長続きするためには大切な事だと思います。もちろん、何か怒るべき事があったら怒っても良いと思いますし、

彼氏側も彼女側もおさえこんでしまって、ある時突然爆発してしまう、という感じなのであれば、吐き出した方が良いのですが、

男性は女性から小さな事で怒られると、相手に対する恋愛感情がだんだんと薄れてきてしまう生物だと思っています。

実際、私も昔付き合っていた彼女にごたごた言われた時は嫌だったなあ。だいたいさ、私の場合なんて結構清廉潔白なタイプなんですよ。だって、友達が多いわけでもないし、パリピでもないからさ。笑

でも、そんな私にも細かい疑いとかをね、かけてきてチクチク言ってくる人がいたんですねえ。まあ別れたけどさw

小さな事でいつまでも怒っていると、男性は精神的にストレスが溜まってきてしまい、「だったら他の女性の方が良いかな」と思ってしまう人だっていると思っているのです。

 

精神的に辛い時ほど、彼女ではない女性が良い人に見えるものです。普段何とも思っていなかった女性が魅力的に見えたりするんよ。

だからこそ、彼氏と長続きしたいと思っているのであれば、

なるべく小さな事で怒らないようにしていった方が良いと思うんですよね。

 

同居しているのであれば、家事の事や、その他の行動にイライラしてしまう事だってあると思いますし、同居していないカップルでも、

彼氏のちょっとした言動や行動にイラっときてしまう事ってあると思います。でも、そんな時こそ、小さな事で怒らないという事を意識して欲しいなと思うのです。

 

彼氏にとって彼女というものは癒してくれる存在でいて欲しいものです。一緒にいても疲れない存在が欲しいのが男性というものです。

長続きするためには、ちょっとした事で怒らない、一緒にいて落ち着く事の出来る状態を作ってあげる事が大切だと思っているのです。

 

もちろん、これは女性に限った事ではありませんけどね。男性も彼女の小さな言動や行動にイライラする事がないよう、努力をする必要があるのです。

関連記事:彼氏のラインが冷たいと思った時に考えるべき事。

男らしさを求めすぎない

 

これも彼氏と長続きしたい、と思っているのであればとても大切な事だと思っています。男らしい人が好きな人っていると思いますし、

女性は何だかんだ言っても男性っぽい人、男らしい人が好きなものだと思います。

なんだかんだ言ってね、女性はやっぱり男性に男性らしさ的なものを求めるものなんですよ。ほら、いくら「男女は同じだ!男女は平等だ!」と言ったところで、

女性は男性に「男らしさ」を男性は女性に「女らしさ」を求めちゃうものなのよ。「幻想だわ、そんなん」と言いたくなるけど、求めちゃうのだから仕方ないじゃん。

 

でも、本当は男性なんて弱いものだと思いますし、

女性の方が精神的には強いものですよね。男性よりも男性らしいのが女性だったりすると思っているのです。

精神面ではね。

だからさ、彼氏にはあまり「男らしさ」を求めない方が良いと思っています。男らしさを求められると、男性は彼女の理想の人に近づこうと頑張ると思いますが、

それはどこかで精神的な負担に変わり、別れに繋がってしまう事もあるんですよ。

 

強い男性って本当はいないんじゃないかな?強そうに見える人でも、精神的な強さでは女性に敵わないと思いますし、

女性も心の中では自分の方が強い事を知っているでしょう?だったら、彼氏が少しだけ男らしくなくても、目を瞑ってあげて欲しいなって。

これが出来れば、彼氏と長続きする事も可能だと思うのです。男らしさなんて女性が作ったもので、男性は本来弱いものだと思うのです。

男性には男らしさを過度に求めないであげて欲しいのです。彼氏と長続きしたい、ならね。

関連記事:彼氏がネガティブって結構辛くない?

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。