恋愛と私

働きたくないから結婚する女性は自由を奪われる

結婚して早く主婦になりたいという女性は未だに多いのですが

働きたくないから結婚してしまう、という選択をすることによって「自分の自由が奪われる」という自覚があまりないようです。

 

確かに女性の場合は、結婚して主婦になることによって、

働かずに生きていく事が出来る文化」が今まであったわけですが、結婚して主婦になるという考え方自体、とても古い考え方になってきています。

 

男性の考え方も大きく変わってきているのですよ。

働きたくないから結婚する女性、もう古くないですか?

 

結婚しても労働はしなくてはいけない

 

働きたくないから結婚をするという女性が多いですが、

そもそも「結婚したら働かなくて良いか?」と言うとそうではないと思います。配偶者特別控除はあるけどね。

 

というのも主婦は主婦で家事をしなくてはいけない。つまり、主婦にも「家事」等の労働が待っています。

 

確かに一般的な企業に就職して働くという事とは違いますが

主婦の場合は休みもありませんし、労働をしているのにもかかわらず賃金が支給されることもありません。

ボランティアですよね。

 

夫婦生活が長いものになれば主婦としてやる家事が「当たり前だ」という風に旦那さんから捉えられるようにもなってしまうと思います。

悲しいよね。感謝もされないのに、ひたすら家事と育児をこなす。ロボットみたい。

 

働かないこと」よりも主婦として「毎日家事をこなしお給料をもらうことができない」ということの方が辛いことなのではないかな、と私は思うんですね。

 

誰にも褒められることがなく、お給料もらえず、

当たり前のように部屋の掃除をして毎日ご飯を作ることが果たして本当に「働かない」ということとイコールなのでしょうか。

主婦って無給フリーランスみたいなものですよ。

 

働きたくないと思っている女性にとっては「無給の家事」の方がよっぽど苦行のような気がします。

関連記事:主婦はつまらないって当然だと思う。

 

妻にも働いて欲しい男性の方が多い

 

最近は派遣の仕事なども増えてきていて、正社員として仕事をしている男性がかなり減ってきています。

 

結婚適齢期の男性の年収も落ちていて、

年収200万円から400万円の男性というのが一番多いんですね。

その年収で生活するとなると、相当厳しいと思うんですよね。働きたくない女性を養っていくには相当無理がある。

 

つまり働きたくないから結婚をするという考え方の女性が多いのに対し、

生活費を稼ぐために、結婚はしても妻に働いて欲しいと思っている男性の方が多いということになります。

女性には言わない事も多いけどね。男性って本当はそう思っているのよ。

 

実際に私の周りでも、「できれば共働きをして世帯収入を上げたい」という考え方の男性が圧倒的に多いのです。

 

働きたくないと思っている女性は「じゃあ年収の多い男性と結婚すればいい」という風に考えるかもしれませんが、

年収がある程度高い実業家」の男性は、「経済的にも精神的にも自立している女性」を好む傾向があります。

 

働かなくても良いから自分で女性を養っていきたいと言う男性がとても少なくなってきているんですね。

 

男女平等が社会でも叫ばれている今、夫婦としても支え合って生きていきたいと考えている男性の方が圧倒的に多いのです。

 

働きたくないから早く結婚してしまいたいという女性は、そもそもその相手を探すのに苦労するでしょう。

関連記事:自分が結婚できる確率を知りたいなら

 

絶対に離婚できなくなる

 

働きたくないから結婚をするという選択をしてしまった女性は、

自分のことを養っていく、ということができないわけですから、離婚をするという選択肢がなくなってしまいます。

 

働きたくないから結婚する」という選択肢を自分で消してしまったせいで、「離婚したい」と思っていても、我慢し続ける状況になってしまっている女性というのは本当に多いのですよ。

 

経済力がないから自分で自分の人生を選択することもできなくなってしまう。

 

これが一番辛いことだと思います。

 

何年何十年と一緒に過ごすパートナーですが

恋人のように感じることができる時間というのはせいぜい3年が良いところでしょう。

 

もしも、相手が人間としてうまくやっていくことができない相手だとしたら

働きたくないという気持ちから結婚してしまったせいで、その先何十年と我慢をする生活を強いられることになるのです。

 

さらにそこで子供が出来てしまえば、

余計に離婚することはできなくなってしまうでしょう。

 

結婚をする前に経済的に自立するということはとても重要なことなのです。

 

自分の選択肢が「もしこの人のことを嫌いになったとしても何十年とずっと結婚生活を我慢して続けなくてはいけない」というひとつの選択肢に狭まってしまうのが

働きたくないから早く結婚をする」という選択なのです。

関連記事:旦那と離婚したいと思う人って実はたくさんいると思う。

 

経済的に独立することは大切なこと

 

働きたくないから結婚をしてしまうと言う選択がいかに自分のことを苦しめるのか?ということが分かったかと思います。

なぜ働きたくないのか?というと、そこには必ず理由があると思います。

 

例えば

  • 無駄な人間関係を増やしたくない
  • 自分の嫌いな仕事をしたくない
  • ずっと家にいるのが好き

 

というような理由でしょう。

 

しかしこういったものは簡単に解決することができるもので、「個人主義的な働き方」も多くなってきていますし

インターネット上で完結することができる仕事も増えています。

 

主婦でも働くことは出来ます。収入が増えればそれだけ外食をしたりハウスキープをお願いする事が出来ます。

主婦としてやらなくてはいけないことをお金で解決することができるようになるのです。

 

自分の時間も増えて、結婚しても、自立した生活を送ることができますから

離婚したいのにどうしてもできない、というような状況に陥ることもありませんし、多くの自由を手にすることができるでしょう。

 

本当に自分にとって幸せなことは何なのか、ということを考えて「結婚の意義」についてもう一度考え直してみた方が良いと思います。

関連記事:結婚が早い人の特徴を書いてみる。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。