ブロガー「水瀬まりも」とは?
就活の悩みを語る

就活が不安な人に「心配しなくても良いよ」と言ってあげたい。

就活が始まる時期や就活が始まってからの時期になってくると、就活を不安に思ってしまう学生が非常に増えてくるように思います。

 

就活によって自分の働く場所が決まるわけですし、それなりに緊張して説明会に行ったりとか、面接に行く事ってあると思います。

 

また、就活をしたところで私みたいなものが内定をもらえるのだろうかと不安になってしまう人もいるでしょう。

 

就活というものは誰もが不安を抱えるものであり、中には具合を悪くしてしまう人もいると思うのです。

 

でも、就活を不安に思う必要なんてありませんし、心配しなくてもどうにかなると私は思っているんですよね。

企業なんて星の数ほど存在している

 

就活の不安要素として「内定をもらえないリスク」というものがあると思います。就活での通過率を考えると、それなりに頑張らないと、内定をもらえないのではないか?

無い内定になってしまうのではないか?と就活において不安を抱えてしまう人もいると思うんですよね。しかし、企業なんていくらでもあると思うんですよね。

 

実際、どの程度の企業が日本に存在しているのか、というと400万以上にもなるわけなんですよね。若い人の数というものは年々減ってきている状況で、

どこの企業も「採用」に苦戦する状況が続いているのです。そんな状況であるにも関わらず、就活生は不安を抱えていると思うんですよね。

しかしながら、企業の数なんていくらでもあるわけですし、きちんと就職活動をしていれば問題はないと思うのです。

 

就職氷河期の頃なんて、数百社受けても、内定をもらえないという状況が続きましたが、今はそんな時代ではありません。

就活は不安かもしれませんが、就活をするには適した時代でもあると思うのです。私も数十社程の会社を受けたかと思いますが、

複数の会社から内定をもらう事が出来ましたし、私だって別に就活生として優れていたわけではありません。それでも、

今の状況が良かったからこそ、そこまで大きな不安を抱えずに就活を終える事が出来たのです。3社とか4社とかしか受けないのであれば、

話は変わってくるのですが、ある程度の会社の数をこなしていこう、と思っているのであれば、問題はないと思いますよ。

関連記事:就活がばかばかしいと思うのは当然だと思う。

 

 

 

就活で頑張り過ぎて疲れてしまった友人の話

 

就活について不安な気持ちを抱えてしまう人って多いと思います。もちろん、だからこそ就活を頑張るものですし、それなりに頑張る必要はあるのかもしれません。

 

ただ、就活が不安だからといって頑張り過ぎてしまうと、就活に疲れてしまう事だってあると思っています。私の友人にも就活で頑張り過ぎて疲れてしまった人がいたんですよね。

 

彼は就活が始まった時から他人よりも多くの会社にエントリーシートを出し、ひたすら多くの面接を受けていたんですよね。

しかし、面接やエントリーシートの結果は常に「お祈り」になってしまい、傷ついていってしまったんですよね。

 

就活で不安を抱えて頑張るのは悪い事ではありませんし、頑張る事によって内定をもらえる事もあるかもしれません。

 

ただ、頑張り過ぎてしまい、努力が空回りにしてしまうような事になると、就活自体に嫌気が差してしまう事になってしまうのです。

彼の場合は、エントリーシートを出し過ぎて、1つ1つの面接に力を入れていく事が出来なかったのです。だからこそ、

多くの会社から「不採用」を宣告されてしまったのです。

頑張る事は大切な事です。でも、努力をし過ぎてしまうと、時に疲れてしまう事だってあるはずです。

 

就活で不安を抱えてしまう気持ちはよくわかります。

周りは内定があるのに、自分だけが就職先のないような人だと、どうしても辛い気持ちになってしまうと思うんですよね。

でも、頑張り過ぎなくてもうまくいくものですし、何とかなるものですよ。

関連記事:就活のコツって何だろう?

 

 

就活はどうにかなるし、私もどうしようもない就活生でした

 

私自身の話になりますが、私も優秀な就活生ではなかったんですよね。確かに、早い段階で就活を始めていたので、早期に内定をもらえる事は出来たのですが、

とはいえ、全くと良い程、真面目な就活生ではなかったんですよね。2次面接の前に朝まで飲みに行ってしまい、半分酔った状態で面接を受けに行ったりとか、

面接のドタキャンなんて山ほどしたものです。時には面倒臭くて履歴書も持っていないのに、面接に行ってみたりとか、

 

そんな事ばかりをしていたのです。でも、それでも就活では内定をもらう事が出来たんですよね。就活なんてどうにでもなるものなんですよ。

そもそも、就活なんて別に人生において大切なものではありません。就活で不安になる気持ちはわかりますが、そこで人生が決まるわけでもないし、

何なら就活なんてしなくても良い、と私は思っていますからね。私も最初は大企業に就職をしたのですが、その会社も今は辞めてしまいましたし、

今は独立して仕事をするようになっていますからね。就活が不安な気持ちはあるかもしれませんが、就活が全てではない、という事に関しては理解して欲しいな、と思うのです。

 

就活生として私は全く模範的な人物ではありませんでしたし、それでもうまくいったのですから、普通の人であれば、

誰でも就活なんて乗り越える事が出来ると思いますよ。深く考える必要なんてありません。ただただ自分の思うように動いていけば良いのです。

関連記事:就活において内定がない人は本当に優秀ではないのか?

よく読まれている記事
関連記事だよ