ブロガー「水瀬まりも」とは?
お金の話

株価が暴落する事を想定して投資をするべきじゃないかな。

株に投資をする人も最近は増えて来たように思います。私の周りでも、株に投資をしている人っていますし、公認会計士とかだと、個人でも株に手を出す事が多いんですよね。

しかし、株価というものは昔の土地神話のようにいつまでも上昇するわけではありません。株価が暴落してしまう時だってあります。

だからこそ、株への投資を考える時には暴落を最初から考慮して投資していくべきなのですが、暴落を全く想定していない人がたくさんいると思うのです。

長く投資をしていると、株価がどこかで暴落する、という事を意識する事が出来ますが、暴落を経験していないと、「これから先も上がるだろう」と思い、

リスクヘッジをしない場合があるのです。

でも、株価は暴落するものですし、最初から暴落を想定して投資をしていった方が良いと思うんですよね。

 

レバレッジを掛け過ぎると暴落時には大損をする

 

レバレッジを掛けていくという事は悪い事ではありませんよね。企業だったとしても、レバレッジをかけて事業を進めていった方が、投資家側の利益は最大化されるわけですし、

借金をする事だって悪い事では基本的にはないと思っています。しかし、一般の投資家が投資をする時に大きなレバレッジを掛けて投資をするのはかなり危険な事だと思っているのです。

確かに、レバレッジを掛けて投資をしていれば、株価の上昇局面においては、他の投資家に比べて、より大きな利益を出す事が出来ます。

今は自分の資金に対して3倍までの信用取引をする事が出来るので、一般の投資家でも数千万円単位の投資を実行する事が出来る仕組みになっているわけですね。

しかし、株価の暴落時には、高いレバレッジが大きな損失を出してしまう要因の1つになってしまいます。手元資金、現金だけでの投資であれば、

 

100万円の投資に対して最大で100万円までの損失になりますが、100万円の資金でレバレッジをかけて200万円の投資をした場合、

最大で200万円の損失を出してしまう事になるのです。

よくニュースでも「高いレバレッジをかけた投資家が破産」という話題が出てくるかと思います。

株価の暴落というものは突然起こるものです。だからこそ、株価の暴落に備えて、あまり大きなレバレッジを掛けないという事が一般的な投資家にとっては大切なのではないでしょうか?

 

高いレバレッジを掛けて、大きく資産を増やしたい、運用したい、という気持ちはわからなくもないのですが、資産は増やすより、減らさない方が難しいものです。

まずは自分の資産をどうすれば守る事が出来るのか?というところから考えていくべきなのです。株価の暴落時を想定してね。

関連記事:投資のリターンを最大化するためには?

 

高値圏にある株程、暴落時に弱い

 

株価が暴落する下落局面においては、ほとんどの株の値が下がってしまうものなのですが、「どの程度下がるのか?」という事は、

個々の株の状態に依存しているのです。株価が暴落するような時でも、あまり大きく下がらないような銘柄だってありますよね。

私の場合はある程度REITを持っているのですが、企業の株に比べてREITの場合は値動きが小さい場合が多いのです。

オフィス系のREITであればそれなりに反応してしまいますが、住宅系の商品であれば、そこまで大きな影響を受ける事はありません。

株価が上昇局面にある時であれば、大きく上がるような、市場に反応し易い株を買っておくと、資産は増えていくでしょう。

しかし、株価が暴落する時には、そういった株って大きく下がってしまう事があるのです。既に高値圏である株を買う事が常に間違っているわけではありません。

その後も上昇し、資産が増える事もありますからね。ただ、株価が既に高値圏となっている株、具体的にはPBRやPERの指標を私は見ますが、

そういった株はどうしても下がりやすくなってしまっているのです。株価が暴落する時を想定し、適切な株に、安定性の高い、値幅の狭い銘柄に投資をしていき、

分散投資を心掛ける、という事も投資家としては大切な作業だと思うのです。

関連記事:不労所得を投資によって得る事は大切だと思います。

 

周りが買い始めたら売るべき

 

株価の上昇局面においては、「まだこれから先はもっと上がる可能性がある」と思い、投資を実行する人が非常に多いと思います。

周りでも、「あそこを買えば儲かるぞ」という話が聞こえるようになってきて、それを聞いて、また多くの人が株を買うわけなんですよね。

しかし、株価はいつか暴落するものです。常に上がり続けるわけではないのです。だからこそ、私は株価の暴落を想定して、リスクヘッジをした方が良いと思うのです。

 

そして、その方法として「周りが買い始めたら売る」という方法はとても有効なものだと私は思っているのです。

 

株価暴落前夜、人々は「あの株は絶対に上がる。今のうちに買っておけ。」と言い出し、その株を何が何だかわからないまま買います。

そして、勧誘された人がまた、次の人に株を紹介するのです。すると、翌日株価が暴落するのです。株価が上昇している時には、誰もが市場を楽観視し、

暴落を考えるものは誰もいなくなります。しかし、そんな時こそ、売り時だと思っているのです。周りの人間が「この株は安いぞ」と言い始めた時って、

既に高値圏に株価がいってしまっているという場合も多く、だったら、そこで売ってしまった方が良いのです。株価は必ず暴落するものです。

ただ、株価の暴落前には必ず何か兆候があるはずです。

株価が暴落する前に、自分なりに判断してリスクを減らしていく事が大切なのです。

 

株価が上がっている時ほど、冷静に。投資家としてね。

関連記事:ウェルスナビで資産が4%増えた【運用報告】

よく読まれている記事
関連記事だよ