仕事の悩み

仕事でミスを隠す部下を増やさないために大切な事。

仕事でミスをしてしまう事って誰にでもあると思うんですよね。仕事でミスをすると落ち込む事はあると思いますが、

仕事でミスをする事自体は仕方ない事だと思うのです。しかしながら、仕事でのミスを隠すようになると、話は変わってきます。

 

仕事でミスを隠してしまうと、その後大きな問題になってしまう事も多く、仕事をする上ではミスを隠す事が最も危険な事であると思っているのです。

では、そういった仕事でのミスを隠す人が増やさないためにはどうすれば良いのでしょうか?今回はそんな事について書いていきたいと思います。

 

上司がミスを頭ごなしに怒らない事

 

これは非常に重要な事だと思います。仕事でミスを隠す理由の1つとして「上司に怒られるのが怖いから」というものがあると思うんですよね。

私もサラリーマン時代には仕事でミスをした時に隠すような事をしてしまった経験がありますが、なぜしてしまったのか?というと、

上司が怖かったからなんですよね。仕事でミスを隠す時には「既に同じようなミスをしている」事が多く、そうなってくると、

「次も同じミスをしたと言ったらどれだけ怒られるのだろう。」と心配になってきてしまうのです。もちろん、怒る事も怒られる事も大切なのですが、

中には頭ごなしに怒ってしまう人だっているんですよね。すると、部下が萎縮してしまい、最終的に仕事上のミスを隠すようになってしまうのです。

 

仕事が出来る人と出来ない人がいるように、怒る事にも技術が必要になってきます。つまり、怒り方をきちんと理解している人もいれば、

そうではない人もいるという事です。

しかし、仕事でミスを隠すような人を増やさないためには、こういった頭ごなしに怒るという行為を根本的に改善していく必要があると思うのです。

仕事のやり方は教わっていても、仕事上での「怒り方」まで教えてくれる会社は中々ありませんよね。これからの時代はこういったスキルも必要になってくるんじゃないかな?と思うのです。

仕事でミスを隠す人って私の周りでもたくさんいます。きっと社会全体で考えればそういった人って一定数いるのではないか?とも思うのです。

頭ごなしに仕事でのミスを怒ると、それだけで部下は萎縮し、何も報告する事が出来なくなってしまいます。

誰もが仕事上のミスを隠す事なく、報告出来るような状態になっていた方が良いのです。健全な企業体を作っていくためには必要不可欠な準備だと思います。

関連記事:転職に踏み切るタイミングはいつが正しいの?

 

ミスを隠すとどうなるのか?を教育していく

 

仕事でミスを隠す人って、まだ「ミスを隠すとどんな事が起こるのか?」という事を想像する事が出来ていない人だと思っています。

仕事でのミスを隠した事による将来のトラブルより、上司に怒られる事の方が怖いわけですからね。

根本的に解決していくためには、ミスを隠すとどうなるのか?という事を予想させる事が大切になってくるのです。

ミスを隠す事によって何が起こるのか?そして、実際の実例にはどのようなものがあるのか?という事を提示していく事により、

仕事上でのミスを隠すという行動がなくなっていくのです。こういった教育をしている企業はほとんどないと思います。

OJTで何となく教えていくという形が一般的でしょう。

しかし、これからはこういった仕事でのミスを隠す事がないように社内で教育していく事が非常に重要になってくるのではないか?と思うのです。

ミスを隠すと、その結果としてより大きな問題になるという事を理解する事が出来ている人は少ないはず。私も自分がミスを隠す事に大きな罪悪感はありませんでしたからね。

それでも何とかなっていましたし、想像が出来なかったのです。しかし、今になって思うと「あの時は危険な事をしていたな」と思ったのです。

だからこそ仕事のミスを隠す社員を増やさないためには、「ミスを隠すとより大きな問題になる」という認識をきちんと持ってもらう事が大切になってくると思うのです。

これだけでも変わってくるものなんですよね。

ミスを隠した後の未来を適切に想像する事が出来るのか?出来ないのか?という事でも変わってくるのです。

関連記事:休み明けがだるい、という人は、転職を検討するべきかも?

 

何度でも同じ事を教えてくれるような寛容さが必要

 

これもあると思うんですよね。仕事でのミスってなぜ起こるのか?というと、その原因の1つには「何度も同じ事を聞く事が出来ない環境があるから」なんですよね。

仕事でのミスをした時には何かしらの原因があるはずなんですよね。この原因をきちんと自分でわかっていても、ただただ怒られてしまえば、

「同じ事を2回は聞く事が出来ない」という状態になってしまうものなんですよね。

私が働いた職場でもそうでした。同じことを2回とか3回とか聞いてしまうと、「なぜ1度で覚えられないんだ?もう言わないよ?」なんて脅される。

別に「また聞けば良いや」と思って聞いているわけではない。覚えられないから聞いただけなのに……。

 

確かに、きちんと覚えてこなかった自分も悪いのですが、

忘れてしまう事だってありますよね。そんな時に、「もう聞く事は出来ない」と思ってしまうと、その感情が仕事のミスを産んでしまい、

仕事でのミスを隠すという状況を作ってしまうと思っています。

私だったら、電話があったのになかったことにしたり、違う書類を送ってしまっても、気がつかないフリをしたり……。

だからこそ、何度同じ事を聞かれても、変わらず教えてくれる寛容さが必要になってくると思うんですよね。そういった上司でないと、

また同じミスを繰り返してしまうだけではなく、仕事でのミスを隠してしまうような事が起こってしまうのです。

私は怖かったです。上司に怒られることよりも、仕事でのミスを隠す方が楽だったんです。人間の心理は「楽な方」に揺らぐものです。ゆらゆらと楽な方に流れてしまうのですよ。

だから、隠してしまったのです。

仕事でのミスを隠すような企業は長期的に成長する事が出来ないものです。信用経済になって来ている昨今において、

仕事をきちんと遂行する事も大切なものですが、仕事でのミスを隠すような状態の方が危険だと思うのです。

関連記事:モンスター上司がいるなら、すぐに逃げろ。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの旅」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。