コラム

新しいことを始めたいという人におすすめ!仕事に役立つ習い事

新しいことを始めたいんだけど何を始めたらいいのかわからないと言う人は実は多いのではないかと思います。

 

私の周りでも新しいことを始めたいという人は多いのですが

自分に何ができるのかということを考えてそこで止まってしまう人がとても多いです。

 

せっかく新しいことを始めるのであれば

これからの時代に通用するような習い事をしてみたいと思いませんか?

 

現在は加速度的に時代が変化していて

大企業でもリストラが始まる時代になってしまいました。

 

人間の仕事がロボットに取って代わられる時代もすぐそこだと思っています。

そんな中でなくならない仕事というのはどんな仕事なのでしょうか?

 

そしてそんな仕事に役立つようなスキルとはどんなスキルなのでしょうか?

 

今から始めておいて絶対に損をしない習い事について話していきたいと思います。

 

プログラミングの仕事

やはりこれからなくならない仕事というのはロボットを作る側の仕事だと思います。

 

現代では様々なことがデジタル化していき

人間よりもロボットがやった方が安価で優秀だという仕事がとても増えていますし

これからもどんどん増えていくでしょう。

 

つまりそのロボットを作る側の人間になってしまえば仕事を失うということはないのです。

 

最近ではプログラムの授業も始まっており小学生が必修でプログラミングを勉強する時代になってきています。

 

世界的に見て日本はまだまだエンジニア不足でプログラムをかける人が少ないので

日本で職にあぶれないと言ったらやはりプログラミングの仕事でしょう。

 

パソコンが苦手でインターネットが苦手だ機械が苦手だと言う人からすると

プログラミングなんていう言葉は嫌悪感すら感じるような言葉かもしれません。

 

しかしプログラミングというのはインターネットやパソコンに疎い人でも始められるものであり

触れてみるとパズルのようなものです。

 

原理がわかってしまえば誰でも楽しく始めることができるようなものだと思っています。

 

そしてこのプログラミング技術が身につけば

自分が欲しいと思ったサービスやものを自分で作ることができるようになります。

 

こういうのがあったらいいなというのを自分で作ることができるようになれば楽しいと思いませんか?

 

仕事を効率化することもできるでしょう。

 

またこういったプログラミングのサービスはテックアカデミー などでオンライン上でも簡単に学ぶことができるようになっています。

 

学校で必修科目になりつつあるプログラミングサービスですから今後は文系理系問わずプログラミングがある程度分かる人がどんどん増えてくるでしょう。

 

だからこそ今のタイミングでプログラミングを始めることをお勧めします

関連記事:自宅でプログラミングを学ぶメリットについて。

 

英語

日本人は英語が話せる人がとても少ないですそして日本で報道されているニュースのほとんどが日本に関するニュースですが

ニュースアプリなどで世界的なニュースを見ていると報道されていないニュースなどがたくさんあります。

 

つまり日本の中で生活をすることによってどんどん私たちは世界から取り残されているのです。

 

さらに日本で報道されている国際的なニュースであっても英語で書かれた原文のニュースから

意訳をすることによって内容がかなり変わってしまっているニュースもあります。

 

単純に日本語と英語とそれぞれ表現できるニュアンスが違うというのもありますが

意訳することでニュースの中身そのものが変わってしまっていることもよくあるのです。

 

英語ができるようになれば世界情勢も把握することができますし

何より自分の交友関係が広がることは間違いないでしょう。

 

新しい友達を増やすためにも英語を学ぶというのはとてもいいことだと思います。

 

インターネットによって簡単に世界中にアクセスすることができるようになっているこのグローバル社会の中で

英語を勉強することは必須となってきていると言えるのではないでしょうか。

 

英語を勉強するとなるといい会話教室が頭に浮かぶ人が多いと思いますがこの英語もオンラインで学べるレアジョブ英会話 があります。

 

スケジュール的に英会話教室に通えないという人も自分の好きな時に好きな場所で英語を学ぶことができるようになっていますので

隙間時間で英語を始めてみるというのも良いのではないでしょうか。

関連記事:日本人はなぜ英語が上達しないのだろう?

 

ボイストレーニング

 

皆さんは初めて会った人の印象はどこで決まると思いますか?

 

人は見た目が九割という本がありますが見た目だけでなく話し方もその人の印象に直結するものだと思っています。

 

ハキハキ明るく元気に喋る人と

なんだか声がこもっていて自信なさそうにしゃべる人だと

やはり多くの人が前者の人を信頼できると感じると思います。

 

話し方というのはその人の信頼度にも関わってくるものなのです。

 

人と関わる仕事をしていたり営業の仕事をしていたりする人はこの事を普段から感じていると思います。

 

こういった話し方というのはその人の骨格や歯並びなどによることが大きいですが

ボイストレーニングに通うことによって話し方は大きく改善することができるようになっています。

 

ボイストレーニングと言うと歌を歌うというイメージがあるかもしれませんが話し方というところから教えてくれる教室もあります。

 

そもそもボイストレーニングでは歌を歌うことよりも発声をすることから先に教えるので

どのような声で発声をすれば綺麗な声の出し方ができるかということを学ぶことができます。

 

話し方を学ぶことによって多くの人の第一印象をよくすることができるのです。

 

また話し方がきれいになることによって自分にも自信が出てくるでしょう。

 

相手に意思疎通ができないということは自分にとって大きなストレスになるものです。

 

なので自分の話し方に自信が持てるようになるとコミュニケーションが円滑になります。

 

デジタル化社会とは言われていますが人と人とのコミュニケーションというのはなかなかなくなってはいかないでしょう。

 

時間や場所にとらわれずにオンライン上で会議をすることができるようになっても

画面に映し出されるのは自分ですから話し方というのはデジタル化社会の中でも重要なものです。

 

新しいことを始めたいという人はそれによって新しい人間関係を築いてみたいという人もいるでしょうから

自分のコミュニケーション能力を高めるという意味でボイストレーニングを習ってみるのもいいと思います。

関連記事:第一印象が悪いなと感じる人の特徴

 

今回は新しいことを始めたいという人向けに仕事でも役立つおすすめの習い事を紹介してみました。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。