私の仕事論

Youtuberは将来どうなるのか?を考えてみる。

Youtuberという職業が今の時代は当たり前のものになってきていると思うんですよね。収入ベースで言っても、数億円稼ぐ人だっていますし、

夢のある職業になっていると思うのです。今の子供達のなりたい職業ランキングにもYoutuberって入って来ていますし、

これからも増えていくのではないか?と思っているのです。ただ、そんなYoutuberは将来どうなるのか?という事について関心を持っている人てまだまだ少ないと思うんですよね。

Youtuberという職業が当たり前になった世の中、さらにYoutuberが増えていく中で、Youtuberは将来どうなっていくだろうか?

そんな事について今回は書いていこうと思います。

 

Youtuberが増え過ぎて広告費が減っていく

 

これはあると思うんですよね。これは今でもそうなのですが、今って昔よりも広告収入が減っていると思うのです。

昔はYoutuberの広告単価とかって1再生につきだいたい0.1円程度だったと思いますが、この報酬も年々下がって来ているんですよね。

ジャンルにもよるけどね。Youtubeの再生単価ってブログよりも低いんですよ。

なぜか?というと、これはYoutuberが増えて来ているからだと思うのです。Youtuberは将来的にはもっと増えていきます。

小学生でもYoutuberになるという人が出てくると思いますし、どんどんYoutuber人口は増えていくと思います。

そうなってくると、広告枠がたくさん出て来てしまい、結果的に広告の単価が下がってしまうという事態になってしまうと思います。

今は稼げているYoutuberだったとしても、将来はどうなるのか?というと、これはわかりません。

既に100万人以上のチャンネル登録者数がいる

  • はじめしゃちょー
  • ヒカキン
  • 水溜りボンド

みたいな人たちはある程度安定して稼ぐことができると思うけど……。

今よりもYoutuberが増えてくる事は容易に想像する事が出来ますから単価は下がっていくでしょうし、

そもそも参入障壁が低いんですよね。

ほら、いまは「プリチャン」を見て、小学生が「私もYoutuberになりたい!」とか思う時代じゃないですか。

最近だと「カジサック」としてキングコングの梶原さんもYoutuberとしての活動を始めたりね。

面白い動画を撮るだけなら、小学生でも出来ると思いますし、年齢とかもYoutuberには関係がないので、

将来的には「Youtuber戦国時代」になると思います。それでいて良い動画がたくさん生まれるのであれば良いんですけどね。

Youtuberの収入が下がる事により、資金力が弱くなり、動画の種類も限られてしまうのはもったいないなと思います。

関連記事:Youtuberが顔出しする事のデメリットってあると思う。

 

専門化してくると思う

 

Youtuberが将来もらえるお金ってだんだんと減ってきてしまうと思うんですよね。

なぜか?というと、それは同じような動画、同じようなジャンルの動画を流している人がたくさん存在しているからです。

そうなってくるとどうなるのか?というと、Youtuberはより専門家していくと思うのです。広告主側からすると、適切な属性を持ったユーザーを囲いたいという気持ちがあるため、

今後は専門性の高いチャンネルに広告枠が流れて行くと思うのです。今はこのままの状態でも、ある程度の収益性を確保しているYoutuberはたくさんいるでしょう。

ただ、将来的にはこの状況は変わって来ると思います。

クッキングについて扱うような人も出て来ると思いますし、海外旅行を中心に活動するようなYoutuberも将来は増えてきます。

バイリンガールちかとかね。

つまり、これからのYoutuberは「何の専門家なのか?」という事が非常に重要になってくるのです。斜陽な産業に関する動画を流していると、

必然的に広告費も削減されてきてしまうので、安定的にYoutuberとして活動する事が出来なくなってしまいます。

景気に左右されやすい産業に関しても同じ事が言えますよね。そういった投資的視点でYoutuberは活動していく必要が出て来ると思いますし、

これからのYoutuberには動画の質だけではなく、鋭いビジネス感覚が必要になってくるのです。

 

どんな業界へ進むのか?という事を考えた上で、自分の専門とする分野を徐々に決めていった方が無難だと言えるでしょう。

関連記事:インフルエンサーになりたい人は何をすれば良いのか?

 

素人っぽい動画が流行って来る

 

これは個人的な意見になってしまいますが、Youtuberは将来的に素人っぽさの残る動画を配信するようなチャンネルが人気になってくるのではないか?と思います。

最近はYoutuberと言っても、プロ並の撮影機材を使い、高画質な映像、高度な編集によって放送しているような人が多くなってきていると思います。

しかし、将来的にはこの傾向が変わって来るのではないか?と思っているのです。

確かに、良い編集良い映像というものは大切な要素の1つになっていますよね、今は。

ただ最近Youtuberの動画を見ている人は同じ事を思っていると思いますが、

「洗練され過ぎた動画がつまらなくなってきている」という部分があると思うんですよね。良い意味でも悪い意味でもテレビのような動画が増えてきてしまっていると思うのです。

なんだこれだったらテレビの方が面白いじゃん」となってしまう……。

高品質な動画を提供していく事は大切な事かもしれませんが、Youtuberの将来を考えると、この傾向は少しだけ変わって来るのではないか?と思います。

Youtuberに求められているものって「テレビにはない素人感」だと思うんですよね。それがなくなってしまい、テレビと同じような状態になってしまえば、

人は根本的には行動する面倒臭さを持っている生物なので「受動的に見れるテレビ」を見てしまうようになってくると思うのです。

賛否両論あると思うけど、ヒカルさんの「祭りくじ全部引いてみた」みたいな、素人っぽくて、テレビではできない映像を流した方が良いと思う。

 

Youtuberを職業として生活していく事はこれから先、より難しくなってくるでしょう。どうすれば視聴者にとって良い動画を提供出来るのか?という事と同時に、

どうすれば広告主から広告をお願いされるようになるのか?という事を同時に考えていく事が大切になってくるのです。

私も無類のゲーム好きです。だから、そろそろYoutubeでの活動も進めていきたいな。

Youtubeに動画をあげる時はまたツイッターとかで報告するね。

関連記事:youtuberになるにはどうしたらいいのか

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。