恋愛と私

セクハラってどこから?そう思ったらもう黒です。

自分の勘違いかもしれない。

これはセクハラじゃなくて、自分と仲良くなろうとしてくれているだけかもしれない。

 

そんな風に変に自分を納得させようとしている人が多いですが、

「どこからセクハラなんだろう?」とそう思った時点でもうそれはセクハラだと思います。

 

人によって価値観は様々なのでセクハラもどこから、という基準がないのが逆にセクハラ被害を増やしてしまっている原因にもなっていますが

その人にとっては恥ずかしい、辛い、と感じるものがあればそれは立派なセクハラになるんですね。

 

一人で悩まずに、何かしら環境を変えるために動きましょう。

自分が壊れてしまう前に。

 

社内でセクハラは起こりやすい

 

やはり圧倒的にセクハラが起きやすいのは会社内です。

 

会社には明確な上下関係が存在しますから

仕事関係の人だとどうしても「自分より偉い立場にいる人」の場合はセクハラかもしれない、と感じても拒否することができなくなってしまいがちですよね。

 

しかし、そのセクハラを拒むことができないような働き方をしていては

最終的にその仕事を長く続けることはできないと思うんです。

 

セクハラはこちらが拒まなければどんどんとエスカレートしていくものです。

 

どこからセクハラか、と悩んでいるままに精神を病んでしまい、結局仕事ができなくなってしまって退職する、という人もいます。

 

そうなってしまうと、そのことがトラウマになってしまって

再就職するのも難しくなってしまうんですね。

 

そうなってしまう前に環境を改善していくことが大切です。

関連記事:上司からのセクハラ対策には何をすれば良い?

 

女性から男性へのセクハラもある

 

実は会社内では女性から男性へのセクハラ、というものもあります。

男性もセクハラ被害の対象者になるんですね。

 

というのも、最近は女性の社会進出も活発になってきていて、

女性上司も増えてきました。

 

そんな女性の上司が、自分の仕事のプロジェクトにお気に入りの男性をいつも入れたり、

休日出勤を強要したり、さらには自分のプライベートな時間まで男性部下を付き合わせたり、という事例もあります。

 

女性の場合は恋愛感情を抱いている人も多いですが、

それでもそれは立派なパワハラ、セクハラになりますし

本人が嫌だ、と思うのであれば断って良いものなのです。

 

それで仕事に支障がでるような会社なのであれば、やはりその会社は問題ですよね。

 

男性だから小さなことはセクハラ、と告発するのは恥ずかしい、と思わず

一度周りに相談してみても良いかもしれません。

関連記事:上司のセクハラって実際にあるんですよ。

 

同性から受けるセクハラもある

 

実は同性から受けるセクハラもあります。

 

例えば男性部下が仕事の付き合いで男性上司と一緒に仕事帰りに飲みに行き、

そのあと、行きたくないいかがわしいお店に一緒に付き合わされた、というのがかなり多い事例です。

 

これは時代が変わってきている、というのも関係していて

上司の場合は、それを部下が喜んでいるだろうと思ってやっている場合があるので厄介なんですよね。

 

そういった場合は、一度上司としっかりと話して

そういったことが自分にとっては苦痛なのだ、ということを話し合うといいと思います。

 

もちろん人によってはそれがトラウマになってしまうこともあるでしょうから

なるべく上司の飲み会にも参加しない、という姿勢で示すのも良いかもしれません。

 

中には自分が心に決めた人もいて、

その相手に対して罪悪感を感じてしまう、という人もいるでしょう。

 

これはかなり深刻な問題だと思っています。

 

少し前までは会社も終身雇用が当たり前で、

会社は第二の家族、というような風潮がありました。

 

しかし今は会社も雇用を保証できるような企業は珍しく、

個人のスキルを会社のために使い、会社という枠組みにとらわれない働き方も生まれてきています。

 

年々フリーランスも増えてきていますからね。

 

そう思うと、上司と無理やり仲良くしなくてはいけないような会社というのは

逆に時代遅れで、そもそもその会社の風潮自体が危ないかもしれません。

関連記事:会社が倒産する時の兆候とは何だろう?

 

セクハラが嫌で転職してもいいと思う

 

セクハラごときの理由で退職、転職するなんて我慢が足りない、と思う人もいるかもしれません。

ですが、セクハラは精神的なダメージを与えるとても卑劣な行為です。

 

そして当人がそれをあまり悪いことだと思っていないのが問題なんですよね。

 

それを相談できる環境ではない、

もしくはセクハラを強く拒否したら働けなくなる、というような会社なのであれば

むしろ早く転職してしまった方がいいと思います。

 

その人それぞれに、働きやすい環境というものが必ずあるはずです。

 

例えばキャリコネなんかは、実際に働いている人が企業に対しての口コミを書いているので

企業の働きやすさのリアルを知ることができます。

 

そういった転職ツールを駆使して、自分に合う環境が見つかるまで

仕事を転々としてもいいと思うんです。

 

一番大切なのは自分を大事にすることですからね。

関連記事:企業の口コミサイトを利用すれば、ブラック企業は避けられる。

 

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。