ブロガー「水瀬まりも」とは?
就活の悩みを語る

就職か起業か?と悩む人たちへ。

大学を卒業してからの進路をどうすれば良いのか?って悩む事だってあると思います。周りの人たちは普通に就職していくけど、

出来れば起業したいと思っている人だって本当はたくさんいると思うんですよね。ただ、そうなってくると就職か起業か?という事で迷うはずなんですよね。

就職したいとは思わないけど、何となく周りも就職をしているし、その方が良いのかもしれないと思っているのです。

でも、私は就職か起業か?で悩んでいるのであれば、起業してしまった方が良いと思うんですよね。

 

1度就職すると起業が怖くなります

 

これはあると思いますね。就職というシステムって実はとても労働者に有利に作られていると思うんですよね。

雇用主は解雇規制があるので、簡単に解雇する事も出来ませんし、20万円程度のお金を新卒社員に対して払うわけですよね。

つまり、学生から社会人になった途端に月に20万円という大きな金額をもらえるようになるのです。しかし、これは危険な事でもあると思うんですよね。

就職か起業か?と迷いながら就職をしたとしても、きっと就職する時には「ある程度学んだら起業する」と言っていると思います。

ただ、その後就職した会社から独立出来るのか?というと、今度は独立するという事は怖くなってしまい、出来なくなってしまうんですよね。

就職して20万円という金額に見合っている人って実は少なくて、月に20万円の利益+間接費を自分でまかなっていけるのか?というと、そうではないと思います。

多くの人にとって20万円という金額は身の丈にあっていない場合が多くて、自分で稼ごうと思えばこの金額を稼ぐのって難しいものなんですよね。

だからこそ、就職か起業か?という事で悩んでいる人は1度でも就職をしてしまうと、20万円という固定給料になれてしまい、

温室育ちから抜け出せなくなってしまうのです。

 

フリーランスになったりとか、起業したりして月に20万円を稼ぐ事って実はとても大変な事なんですよ。就職という温室空間から出て、

常に冷たく強い風邪が吹いている「起業家空間」に行こうと思える人は少ないのです。

関連記事:起業するための準備なんて必要ないと思う。

 

就職しても経験値は上がりません

 

少しだけ語弊がありましたね。就職しても経験値は上がりませんと言いましたが、「あまり」上がりませんという事です。

よく起業したいという人に出会う事があるのですが、そういう人たちって往々にして「まずは就職をしてスキルをつけてから起業しようと思います」と言うわけですよ。

でも、実際に就職をして何のスキルを身につけてくるのか?というと、ほとんど何も身につける事は出来ないわけなんですよね。

確かに、ベンチャー企業とかであれば、一般的な大企業よりも責任の範囲が広く自分で何にでも挑戦する事が出来る環境になっていると思うので、多少なりとも成長するでしょう。

ただ、一般的には就職よりも起業した方が経験値は上がると思っています。就職か起業かという事で悩んでいる人は起業への恐怖心から「就職」という選択肢を選んでしまう事が多いと思います。

 

でも、就職をして具体的にはどのようなスキルを身につけたいのでしょうか?どのようなスキルがあれば起業する事が出来るのでしょうか?

起業してからそのスキルは身につかないでしょうか?

そう考えていくと、就職か起業か?と悩んで就職を選ぶ理由って「起業するのが怖い」という1点なんですよえ。

色々な言い訳をする人も見てきましたし、私もそうでした。言い訳ばかりして、何も前に進めない人間だったのです。

だからこそ、就職か起業か?と悩んでいるなら今すぐにでも起業してみたら良いと思うのです。

関連記事:サラリーマンが起業すると失敗する事が多い理由。

 

結婚してから起業するのはハードルが高いです

 

これも思う事なんですよね。就職か起業で悩んでいる人の多くは1度は就職をする事を選択すると思いますが、何年後に起業しようと思っているのでしょうか?

3年後という人が多いと思っているのですが、3年後には何歳になっているのでしょうか?そして、起業したとして何年で生活出来るレベルまで稼げるようになるでしょうか?

ある程度の年齢になってくると、結婚しなければいけないという考えになってきてしまうと思います。中には早い段階で結婚しているという人だっているでしょう。

そうなってくると、起業する時のハードルが上がってしまうと思っているのです。奥さんから反対される事だってあるでしょうし、奥さんの家族や自分の家族からの風当たりも強くなってくるでしょう。

そう考えると、起業するのに適している時期って今なんですよね。今、就職か起業か?という事で悩んでいると思いますが、

そこで悩むのであれば、結婚が近づいて来た時には絶対に起業をする決断なんて出来ないと思いますよ。

年齢が高くても起業してみれば良いと私は思いますが、就職をして起業経験がない人にとって起業というものい対する恐怖心って大きいと思います。

また、最初は自分の生活費すら稼ぐ事が出来ない場合が多いんですよね。実は就職をするか起業するのか?と考えている時が最も起業に適した年齢でもあると思うのです。

もしかしたらこれが最後のチャンスかもしれないのです。

関連記事:ネットで販売するアパレル会社を起業する時に大切な事。

 

本当に起業したいと思うなら今すぐにしても良いんじゃない?

 

就職か起業か?という事で悩んでいる人は本当に多いんですよね。でも、実際に就職をしてしまった人の99%はサラリーマンとして一生を過ごす事になります。

学生の時には「起業してみせる」と言っていた人でも、就職して3年程度経ってくると、結婚して「こういう生き方が自分には合っているかもしれない」と言う事が多いのです。

もちろん、そういった生き方を否定するわけではありません。それはそれで幸せな事だと思いますからね。

 

でも、本当にやりたい事があって起業をしたいと思っているのであれば、就職せずに起業するという選択肢を選んでみるのも1つの手かな?と思っています。

人生はたった1回しかありません。人の寿命だって長くはありません。そう考えた時に、「いつ起業するのが最適なのか?」と考えると、やはり今だと思うんですよね。

本当にやりたい事があるなら追ってみれば良いじゃないですか。本当に自分の夢を達成したいなら今やってみれば良いじゃないですか。

 

就職は今じゃなくても出来ます。起業して失敗したら就職すれば良いじゃないですか。自分が人生で何を成し遂げたいのか?

どんな人生にしたいのか?そんな事をじっくり考えてみるべきなのです。

関連記事:学生の時に起業して失敗しても良いんじゃないかな?と思う。

よく読まれている記事
関連記事だよ