就活の悩みを語る

人によって違うけど「面接のフィードバック」って結構辛くない?

就活の形態って最近は変わってきていると思います。オープンESなんて昔はありませんでしたし、今みたいに就活が戦争のような状態になるなんておかしな感じがしてしまいます。

そして、最近は「面接のフィードバック」というものまで出て来ているんですよね。面接が終わってから「何が悪かったのか?」という事を相手企業の人事側が解説するというものなのです。

人事側としてはこんなに気持ちの良い事はないかもしれませんが、就活生にとっては辛いものでもあると思うんですよね。

今回はそんな事について書いていきたいと思います。

 

面接のフィードバックが役に立つ人もいる

 

ただ、面接のフィードバックが役に立つ人もいると思うんですよね。面接って基本的には「なんで落ちたのか?」という事がわからないまま、落ちてしまう事が多いと思います。

「この企業は次の選考にも行けるかな?」と思っていても、「あれ?お祈りメールが来た…」という事もありますよね。

「なぜ落ちたのだろう?全てが完璧だったし、面接官との相性も良かったのに」と感じる就活生はたくさんいると思うんですよね。

そのため、面接に落ちた原因が知りたいという人にとっては確かに有益な情報をもらう事が出来ると思うのです。

面接のフィードバックをもらう事が出来れば、

 

  • 話し方
  • 内容
  • 格好

 

等を指摘してくれるような企業だってあるので、面接のフィードバックを参考にして次の面接に生かす事が出来るんですよね。

「もっとハキハキと話した方が良い」という事であれば、次の面接からは「ハキハキと」話す事が出来るようになると思いますし、

自分では気がついていなくても、他人から客観的に見ると、おかしなところって実はたくさんありますからね。

改善をしていきたいメンタルの強い人には面接のフィードバックってとても役に立つものではあると思うのです。

ただ、それでも何か私は好きにはなれなかったんですよね。

関連記事:働きたいけど、就活したくないはなぜ増えてる?

 

私は面接のフィードバックを拒否していました

 

これはお恥ずかしい話でもありますが、私は就活の時には面接のフィードバックというものを完全に拒否していました。

面接のフィードバックって「面接のフィードバックはどうしますか?」と聞かれる事もあるので、どちらか選択出来るのですが、

私の場合は全て拒否していたんですよね。確かに、面接のフィードバックって改善するための方法としてはとても良いものだと思います。

客観的に自分がどのように見えているのか?という事を知る事が出来ますからね。しかし、私はその一方で「面接に落ちた上に、自分の悪いところを聞くなんて嫌だ」と思っていたのです。

 

「そんな甘えた事を言っているんじゃない」という意見をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますし、自分でもそう思うのですが、

面接のフィードバックを聞くって結構辛い事でもあると思うんですよね。会った後に陰で悪口を言われている陰湿な感じがしてしまうのです。

就活の時って面接の時の受け答えや、内容を改善していく事が大切だと思いますが、それ以上に「健全なメンタルでいる事」が大切だと思っています。

就活の時には、誰もが精神的に疲れてしまいますからね。その時に「どれだけ健康な状態を保てるのか?」という事が意外にも重要なのです。

 

「就活は辛いものだから、そんな事を言っていないで頑張れ」という精神論もありますが、私はこれには反対です。

精神的な余裕がない時にいくら改善しても、良い面接対応は出来ないからです。面接のフィードバックというものが効果的な人ももちろんいますよ。

改善して、次に生かす事が出来る場合だってあるでしょう。しかし、私の場合はそれ以上に「ストレスを抱えない」という事が大切だったのです。

結果的に複数の会社から内定をもらう事も出来ましたしね。自分の悪いところって普段からPDCAを回す事が出来る人であれば、自分で出来ると思うのです。

関連記事:就活をしてない学生は本当に悪いのか?

 

私の友人の話

 

就活の時には友人たちとお昼ご飯を食べている時に就活の話になる事が多くなってくると思います。「今はどんな企業を受けているの?」とかそういった会話が増えてくるんですよね。

そんな中、私と一緒に就活をしていた友人がだんだんと就活に疲れてきてしまっていたのです。なぜか?というと、それは面接官から面接中にキツめのフィードバックをもらっていたからなのです。

その企業も問題があるようなところがあったので、一概に面接のフィードバックが悪いとは言えませんが、面接のフィードバックによって疲れてしまう事だってあると思っているのです。

私の友人の場合は、それからというものの、就活がずっとうまくいかなくなってしまい、友人たちの中で最も内定をもらうのが遅くなってしまいました。

都内での就職を希望していたのに、結局は他県での就職になりましたしね。だからこそ、面接のフィードバックってもらいたい人だけもらっていけば良いと思うんですよね。

私の場合は面接のフィードバックをもらわなかった事によって、精神的にも安定して就活をする事が出来たと思いますし、

それが正しい行動だと思っています。そういう人だっているんですよね。

面接のフィードバックって結構辛くないですか?

関連記事:就活において内定がない人は本当に優秀ではないのか?

 

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。