旅とあそび

海外を巡ってきて感じた「日本の良いところ」を解説していこう。

海外に移住する人ってたくさんいると思うんですよね。海外に行ってみると、「日本はこんなところがダメだな」と思う部分も多いと思いますし、それで移住を決断する人だってたくさんいますよね。

私も海外旅行が好きなので、それぞれの国にあって日本にはない良いところがある事は理解しています。しかし、実は日本には日本の良いところが存在していると思っているんですよね。

今回は海外を巡る私が考える「日本の良いところ」について書いていきたいと思います。

 

 

食事が美味しい

 

海外の食事は海外の食事で美味しいものはたくさんありますよね。フレンチにしてもイタリアンにしてもそうなのですが、美味しいものは世界にもたくさんあります。

ただ、全体的に見た時に日本の食事ってとても美味しいと思うのです。もちろん私たちが日本の食事を食してきたからこそ美味しく感じるという部分はあると思います。

 

しかし、それを考えても日本の食事って他国のものよりも格段に美味しいと思っているんですよね。これは日本の良いところだと思うのです。

海外に行くと、現地人が行くようなレストランに入る事が多いのが私の旅行です。現地語でしか書かれていないような少しだけニッチなところに食事をしていくわけです。

もちろん、そういったレストランの中にも美味しいお店はあります。ただですね、ある程度海外に滞在してみると、

「あれ?日本食の方が結果的に美味しくないか?」と思う事の方が多いと思うのです。日本の良いところとして食事という部分を認識した事がないという人は多いでしょう。

しかし、実際に海外に滞在してみると、海外の食事って飽きてしまう事の方が多いですし、味が単純な事だってたくさんあるのです。

アジアにしてもヨーロッパにしても日本に日本ナイズドされた美味しいレストランがありますし、別に海外で食べる食べ物の方が美味しいという事ではないと思っています。

 

海外に長期滞在すると「牛丼が食べたいな」と普段何気なく食べている安価な食べ物が浮かんでくるわけなんですよね。

これは日本の良いところを海外に行ったからこそ認知しているという事だと思いますし、日本の良いところをもっと見ていった方が良いと思うのです。

 

特に移住を検討しているのであれば食事というものの重要度は高いです。毎日現地の食事を食べる事になりますからね。

そうなってくると、海外の食事よりも日本食の方が美味しく感じる事が多いと思っているのです。日本の食事は塩加減も良いと思いますし、味も複雑です。

そういった繊細な味を作り出している国って実は少ないと思うのです。

関連記事:台湾の淡水をブラブラ歩いてみた。

 

 

ウォッシュレットがある

 

「そんな事?」と思うかもしれませんが、これは日本人にとっては結構重要な事だと思っています。海外では未だにトイレのウォッシュレットが整備されていないところが非常に多いんですよね。

 

それは海外の水が硬水である地域が非常に多く、詰まってしまう可能性があるという点、そもそもユニットバスが基本になっているような国だとトイレに電源がないような国の方が多いという点からウォッシュレットが良いと思っていても、

実際に導入される国は少ないという現実があるのです。ウォッシュレットがあるという事は日本の良いところだと思いますし、居住を考える時には非常に重要な指標になってくると思っています。

私はそもそもウォッシュレットがないと、結構お尻が厳しい状態になってしまう方なので余計に感じるのですが、ウォッシュレットがあるのか?ないのか?という事だけでも全然違ってくるわけですね。

実際、海外旅行に行った時に切れ痔になってしまい、痔の薬(英語でフェモロイドメディスン)を買った事もあります。

 

海外に旅行に行く時にはある程度の距離を歩くと思いますし、食事や水が違えばお腹を壊してしまう事も多いでしょう。そうなってくると、トイレにウォッシュレットがあるのか?という事は非常に重要な点になってくると思っています。

マレーシアとかドバイ等のイスラム圏では、なぜか「ホース状の水洗器」があるのでそれがあれば大丈夫ではあるのですが、日本のウォッシュレットよりも質は落ちてしまいます。

 

実はウォッシュレットがあるという事は日本の良いところだと思いますし、コンビニのトイレでもきちんとした設備があるなんて考えられない事だと思うんですよね。海外では。

関連記事:英語が話せないけど海外旅行に行きたいならシンガポールがおすすめ

 

何でも親切

 

これもあると思いますね。海外と一口に言っても、場所場所によって違うので何とも言えない部分ではありますが、基本的に日本の方が何でも親切な場合が多いと思っています。

 

海外とかだと、「このチケットはここで使える?」と聞いても「ここじゃ使えないよ。ダメ。」と言われる事があっても、日本だと「大変申し訳ありませんが、こちらはお使いになれません。こちらのチケットであれば、1200円でご入場いただけます。」と言った感じで丁寧に教えてくれるわけですね。

日本の良いところだと思いますし、海外の人が日本を評価している部分だと思っています。誰にでも親切に丁寧に対応する文化がある日本という国に息苦しさを感じる場合もあるでしょう。

しかし、実際に生活をする事を考えると日本の良いところだと思いますし、特に知らない土地であれば、親切に教えてくれる方が絶対に心地よく歩いて回る事が出来ると思っているのです。

 

海外のガサツな感じが肌に合う人もいるかもしれませんが、日本のように何でもきちんと対応してくれるようなところだと、

こちらとしても居心地が良いと感じる事が多いですし、その方がお互いにとって良いと思うんですよね。何でも親切にするからこそ日本人は疲れてしまうという部分はありますが、日本の良いところでもあり、

守っていくべき文化であるとも思うのです。

という事で今回は日本の良いところについて書いてみました。海外には海外の良いところがありますし、日本の悪いところだってたくさんあるのですが、

日本には良いところも多いと思っているのです。

関連記事:クアラルンプールのブキッビンタンでおすすめの場所は?

 

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。