人生に悩む君へ

優柔不断を治したい?訓練で治せますよ。

生きていれば選択しなくてはいけないことがたくさんあります!進路でもそうですけど、小さいところだとレストランでのメニュー決めやコンビニでのジュースの選択。

私たちは生きている限り常に選択をして生きているのです。

選択が早い人もいれば選択が遅い人もいる。選択が遅い人は俗に優柔不断だと言われますよね?

優柔不断なひとって実はとても損しているのです。そこで今回はそんな優柔不断なひとのために優柔不断を治す方法を書いていきたいと思います。

 

 

3秒ルールを作ることで優柔不断を解決?

 

優柔不断なひとって選択するということに多くの時間を割きますよね?でもこれって実は早く選ぶ訓練をしてこなかったからこそのものなのです。

だからこそ、毎日訓練することによって治すことが出来るのです!

 

例えば、レストランに行ったとしましょう!パスタもあればピザもある、お酒だってたくさんの種類がありますよね?

優柔不断な人ってのはAも美味しいそうだけどBも捨てがたいな〜!って思ってしまうわけです。

 

でもこれって考えるだけ無駄です。

 

優柔不断なひとって考える時間を増やす事によってより良い選択をしていると思っていますが、それは違います。

考えれば考えるほどいつも頼んでいるようなものを頼んでしまっているのです。人間って自分の環境が変わってしまう事を怖れてしまうものなんですよ!

これはレストランのメニュー選びでもそうなんです。ハンバーグをいつも頼んでいるひとはどれだけ悩んでも結局ハンバーグを食べます。(皆さんにもそういう経験あると思います)

結局いつもと同じような選択しか出来ないのですよ。

だったらそんなことに時間をかけるのは無駄ですよね?最初にちょっといいな!って思ったものを選んでみてください。

 

迷えば迷うほどにいつものつまらない選択にいってしまいますからね、優柔不断を治すためには出来るだけ早く決断してしまいましょう。

小さなことですけどこれって結構効果がありますよ。こういう小さな事の繰り返しで治す事って出来るんです。

関連記事:彼女がデートで彼氏に幻滅してしまう瞬間とは?!

 

決断する期限を決める

 

決断することが出来ない優柔不断なひとって決断を先送りにしてしまう傾向があります。

例えば、遊びの約束でもそうです。「ちょっと待ってて!」とか行ってくるひとはたいてい決断を先延ばしにしているだけです。

先延ばしにするとその時に決めなくても良いので楽になります。また、集団で何かを決めなければいけないという場面であれば先延ばしすることによって自分が決断しなくても良い場合があります。

でもこれってとても良くないことです。

 

生きていく上では選択することばかりです。家を買うのも会社を辞める決断だって全部選択なんですよ。そんな時に決断力がなかったら困りますよね?

優柔不断であることを放置するというのはとても危険なことです。

 

だからこそ、決断する時期を明確に決めておくということが大切だと思います。これって人によっては最初は一週間かかるかもしれないし、二週間かかるかもしれない。それはわからないんですよ。

でも、そのスパンがだんだんと短くなってくれば決断する速度が自然と上がった来るのです。どうしても先延ばしにしてしまうひとが優柔不断なひとには多いのですが。こういったことを頑張ることにより、優柔不断な自分から抜け出せるのです。

 

 

どうだったでしょうか?優柔不断であることって実は人生において大きなタイムロスです。選択にかかる時間を積算していったら何時間になるのでしょうね?

おそらくとても大きな時間になると思います。だったら自分で優柔不断を克服し治すということをやったほうが良いと思うんです。

なにも難しいことは言っていません。

 

一つの決断を少しずつ早くしてみたり期限を決めるだけで変わってくるものがあるんですよ。

関連記事:デート場所を決められない?

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。