私の仕事論

看護師が円満に退職するための方法

看護師は職場で感じるストレスも多い職業です。

 

長く仕事が続かない、という看護師も多いですが、

では看護師が退職する時はどのように退職すれば円満に退職することができるのでしょうか。

 

就業規則を確認

 

まずは今勤めている就業先の就業規則を確認してみましょう。

 

看護師という仕事は仕事の引き継ぎもしっかりやらなくてはいけない仕事ですし、

業界全体が人手不足、というのもあるので、次の看護師が採用されて決まるまでに時間がかかってしまうことが多いです。

 

なので、退職する場合はなるべく早めに意思を伝えることをおすすめします。

 

就業規則に「退職する場合は何ヶ月前に申告してください」という旨の記載がある場合もありますから

まずはそこから確認してみるようにしてください。

 

退職予定月の2〜3ヶ月前には退職の旨を話しておいた方が無難だと思います。

 

退職直前の申告になってしまうと、「新しい看護師が決まらないから」という理由で引き止められてしまう可能性が高くなります。

 

それを振り切って退職する、となるとなかなか円満に退職することはできませんからね。

関連記事:看護師を辞めたいと思ってしまう理由

 

偉い人から順番に話す

 

退職をしよう、と考えていることをなるべく看護師の仲の良い同僚には話さないようにすることをおすすめします。

 

信頼している人だとしても、看護師は女性の多い業界ですから

どこから噂が流れて、自分が申告するよりも先に退職する話が上の人へ行ってしまうかわかりません。

 

他人から先に話を聞く、というのはあまり良い気はしませんよね。

 

退職する、と決めたら、

偉い人から順番に退職したいという旨を話すようにしましょう。

 

偉い人から順番に話していくことによって、「誰々さんにはすでにお話したのですが、」という形で退職の話をすることができ、

すでに偉い人に話が通っているのであれば引き止めるのも躊躇が入るでしょうから

話がトントンと進みやすくなります。

 

どんなに仲が良い人でも、上司より先に退職の話をするのは避けましょう。

関連記事:看護師でいじめられている?早く転職しましょう。

 

引き止められない退職理由

 

では、退職する時に引き止められない退職理由について考えてみましょう。

 

まず、引き止められにくい退職理由は「ポジティブな退職理由」です。

 

  • キャリアアップするために退職したい
  • 他の現場でも働いてみたい
  • 別の科での経験を積みたい

といったようなポジティブな退職理由だと、引き止められにくいです。

 

また、もちろんですが、本人の健康問題や結婚・出産が退職理由の場合は引き止められにくいです。

 

とはいえ、業界は結構狭くて、意外なところで情報が漏れていったりしてしまいますから

こういった類のことで嘘をつくのはやめておいた方が良いでしょう。

関連記事:看護師がきついと感じる瞬間

 

良くない退職理由の例

 

では次に引き止められやすい退職理由についてそれぞれ見ていきたいと思います。

 

・人間関係

 

職場の人間関係に耐えられなくて退職する、という理由はあまり好ましくありません。

 

特に看護師の場合は「人間関係なんてどこの現場に行ったって立ち向かわなくてはいけない問題なのでから甘い」と思われる事の方が多いと思います。

 

看護師は仕事に人間関係はつきものですし、

どうしても上の世代の看護師はそういったところをかいくぐって頑張ってきた世代ですから

それを我慢して仕事が続けられない人にあまり印象を抱かないのです。

 

もう少し頑張ってみよう、働きやすい環境を作れるように頑張るから、

という引き止められ方をすることもあるかもしれません。

 

できれば退職することに対して応援をしてもらえるのが理想ですから

上の世代に反感を買うような退職理由はやめたほうがいいです。

関連記事:新人の看護師が先輩に好かれるために職場でやるべき事

 

・超過労働

 

仕事がきついから辞めたい、というのは健康上の問題が出ていない場合は押し通すのが難しいです。

 

それくらいきつい現場だ、ということは

その現場自体も人が足りていないでしょうから

退職に頷いてくれるかどうかもあやしいですよね。

 

仕事が忙しすぎるから退職したい、というのはなかなか通りづらい退職理由なのです。

関連記事:看護師の転職で失敗しないために注意するべきこと

 

・給与への不満

 

給与への不満で辞める場合も、反感を買うことが多いです。

 

退職することができても、円満に退職することは難しいでしょう。

 

そこに残る人たちはそこの給与体系のまま働く人たちなわけですから、やっぱり大手を振って退職を見送ってはくれませんよね。

 

下手をすれば退職までの間いじめられる、という可能性もあります。

関連記事:看護師にはどんな性格の人が多い?

 

転職するなら

 

看護師が円満に退職するための方法についてお話してみました。

 

転職、退職をするなら

  • なるべく早い時期に申告
  • 偉い人から申告
  • ポジティブな理由で辞める

というのがおすすめです。

 

転職を考えているならとにかく情報をたくさん集めておいた方がいいでしょう。

 

看護のお仕事 などのエージェントサイトで転職の相談もすることができます。

なるべく早い段階から、転職についての情報を集めておくことで、現職よりも自分の希望に合った職場が見つかりやすくなります。

関連記事:看護師が転職するのに一番良い時期はいつなのか

 

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。