人生に悩む君へ

コンスタントに続ける事で全分野での成功確率が上がるよって話。

物事に進め方は人それぞれ違うものだと思いますが、私はコンスタントに続ける事が目標達成のためには最も良いのではないか?と思うんですよね。

 

コンスタントに続ける事が難しいと感じる人だっていると思います。「この日はやって、この日はやらない」というスタイルになってしまいがちなのです。

 

そして、コンスタントに続ける事が出来ない人って、続けられない理由を淡々と語る事が多いんですよね。

 

しかし、目標を達成したいのであれば、コンスタントに続ける事が何よりも大切だと思うのです。

私だって、コンスタント人間ではなかったんですよ。でも、自営業者として働いてみたら、結果的に「コンスタントに働く」ということの大切さを実感したのです。

自分の身体や精神に合わないことを続けるのはおかしいけど、合っていることだったら、コンスタントに続けてみて欲しい。

それだけで成功率は上がってくると思うから。

 

コンスタントに続けられない人は多かった

 

これは私が日常で感じた事なのですが、コンスタントに物事を進める事が出来る人って非常に少ないと思うのです。

例えば、受験の時なんて本当にわかりやすかったんですよね。1日に10ページ進めるという目標を立てる人って多かったのですが、

私の時だと「ターゲット1900」という単語帳が流行っていたのですが、それを1日に10ページとかコンスタントにやれる人は強いんですよね……。

「1日のこのページ数をこなしていく」という事が出来ない人の方が圧倒的に多いんですよ。途中までは頑張っていても、

 

この日は体調が悪かったから」という理由で休んでしまったり、「何となく気が乗らなかった」という理由でやらなくなってしまう人が多いのです。

その日の気分で行動を変えてしまうのです。まあ要するにメンタルコントロールができていないということでもありますね。

こういった人って受験でも成功する事はありませんでした。受験というものは結果が全てを物語るものです。

 

だからこそ、「コンスタントに続ける事が出来ない事」がどの程度悪い影響をもたらすのか?という事がわかってしまうわけですね。

 

コンスタントに続ける事って確かに難しい事かもしれません。休みたいときだってあるでしょう。でも、達成したいと本当に思っている事があるのであれば、

 

コンスタントに淡々とやっていく事が何よりも大切だと思うのです。

 

コンスタントに続ける事が出来ない人は非常に多いと思いますし、コンスタントに続けられなかった言い訳ならたくさんあります。

 

でも、それでもやり続けた人だけが、結局はどんな分野でも成功していると思うのです。

私なんて、受験の時には全然コンスタントにできませんでしたね。当時通っていた秋葉原の予備校で友達に当たっていた記憶があります。笑

ごめんよ……。笑

でも、だからこそコンスタントに続けることの大切さを理解したような気がするんですよね。

関連記事:人生を立て直す時に大切な事。

 

 

コンスタントに続ける事は大きな成果を生み出す

 

これは私が長年思ってきた事なんですよね。スポーツ選手とかだって、何年も自分が現役として活躍する事が出来る!と最初から思っていたわけではありませんよね。

毎日、コンスタントに自分がやるべき事をやった結果として今の地位にいるのです。

 

コンスタントに続けるという事は長期的に考えると大きな力を生み出す事になります。例えば、1日に1ページに10単語ある単語帳の10ページ分だけ英単語を覚えるとしましょう。

 

これをコンスタントに続けると、1年で36500単語覚える事になります。これって大きな事だと思いますし、コンスタントに続けたからこその結果だと思います。

 

コンスタントに続ける時には、ある程度のやる気が必要になってきますよね。だからこそ難しいのです。

 

しかしながら、コンスタントに続ける事によって、大きなものが自分に身についたり、目標達成に近くと理解すれば、

もっと変わってくると思うのです。コンスタントに続ける事が出来る人と出来ない人で何か違うのか?というと、別にそんな事はありません。

特別な能力なんて何もないのです。

続けた人と続けなかった人というだけの違いなのです。続ける事が必ずしも正しいとは思いません。自分が嫌な事を頑張っていても、何の意味もありませんからね。

今となっては私も聞かれるんですけどね。「なんでそんなにブログを続けられるの?」とか。笑

今では記事数が3000記事も超えましたからね。1日足りとも記事を更新しなかった日はありませんでした。

しかし、コンスタントに続ける先に自分の好きなもの、目指しているものがあるのであれば、もっと努力をしてみれば良いと思うのです。

 

コンスタントに続ける事の強さってありますし、中々コンスタントに続けるという事が出来る人はいませんから、

自分以外の他人に大きな差をつける事が出来ると思っているのです。

まあ逆にさ、続けられないということはその仕事が好きじゃないってことかもしれないんだけどね。

私が音楽系の某会社でずっと働いていたら、きっと死んでいただろうし。笑

死んでいたというと大袈裟に聞こえるかもしれないけど、精神的に追い詰められると本当にどうしたら良いのかわからなくなるものなんですよ。

人間って弱さを強さをどちらも持っていると思っていて、精神的に弱っている時は「弱い方の自分」がたくさんでてきていると思うのです。

だから、そんな状態が続いたら死んでしまうのよね。

関連記事:仕事があるのに、酒を飲んでしまうのは危険な状態だと思う。

コンスタントに続ける理由とは何か?を問う

 

そもそも、コンスタントに続ける事が出来ない原因とは何でしょうか?コンスタントに続ける事が出来るという事が大切だと感じている人が多いはずです。

 

しかしながら、多くの人はコンスタントに続ける事が出来ないわけなんですよね。本当にね100人いたら1人くらいじゃないかな、続けられるの。

ブログだって始めても、ほとんどの人は辞めていきますから。もっと続ければアクセス増えるのにね。

続けられない原因はね、「何のためにコンスタントに続けるのか?」という理由が欠如しているからだと思うのです。

 

受験にしてもそうですが、ただ「良い大学に入りたい」という理由ではなく、「大学に入って、◯◯教授に情報処理について教えてもらってから研究者になりたい」といった感じで、

 

明確な理由を作る事が大切になってくるのです。手段が目的になっていたりすると、その時点で頑張ることはできませんよね。

ロボットじゃありませんから、感情と切り離してコンスタントにただ続けるという事は難しい事かもしれません。

 

しかし、最終地点がしっかりとわかっていれば、コンスタントに続ける事はさほど難しい事ではないのです。

 

人間はゴールがわかっていると、それだけ目標に向かって走りやすいものです。命が永遠だったら、早く結婚したいとか、早く出世したいなんて思いません。

 

どんな事にも終わりがあるから、何かを続ける事が出来ると思うのです。ちなみにね、私がブログを続けるのは、「あ〜死にたい!」とか「あ〜生きづらい!!」みたいな人たちが少しでも楽になれば良いな、と思っているからです。

私はだらしない人間だし、別に徳のある人間でもない何でもない人間だけど、そんな人間だからこそ等身大で伝えられることがあると思ったんです。

大切だった父親が突然いなくなってしまったり、借金が降ってきたり。そんなことがあった私だから伝えらえる言葉があるかな?と思って続けているよ。

コンスタントにね。それは目標や目的があるからです。お金でも良い。異性のためでも良い。どんなものでも良いからゴールを見つけようよ。

そうすれば、今よりもずっと頑張ることができるような気がするな。

 

皆さんは何のために頑張りますか?

今、ドクンドクンと鼓動を売ってくれている命、心臓を君は何のために使う?誰のために使う?

君はどう生きたい?

関連記事:個人主義の人は仕事で辛い事が多いと思う。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。