起業と経営

起業する資金の目安を考えておいた方が良い。

起業したいという人が最近は増えたきたと思っているのですが、その一方で起業する時にはどのようにすれば良いのか?という事について、

 

私たちは教わってこなかったと思います。登記はどうすれば良いのか?オフィスはどうやって借りるの?そんな事でさえもわからない状態に私たちはなっていると思うのです。

 

だからこそ、起業する時の資金の目安がわからないという人もたくさんいると思うんですよね。

 

どの程度必要で、どの程度用意すれば良いのか?という事がわからないと思うのです。でも、起業する時に資金の目安を計算する事はとても大切な事なのです。

 

 

起業するとオフィスにお金がかかる

 

起業の資金目安を考える時にまず最初に考える必要があるのはオフィスについてだと思います。オフィスって一般的な住居とかと違って、

 

最初に大きなお金がかかる事も多くて、起業家としては結構ここが痛かったりすると思います。オフィスだとだいたい最低でも家賃の6ヶ月分くらいはとられると思った方が良いですね。

10万円のオフィスを借りるのであれば、最初に60万円程度の敷金・保証金というものが必要になってきます。

 

そこからさらに仲介手数料もとられるので、1ヶ月分だとしてさらに10万円。

 

ここだけで既に80万円になっていますよね。飲食店をやる場合とかだと、家賃も高騰してくるので、もう少しかかるような計算になりますね。

 

起業する時の資金の目安を考える時には、オフィスって結構重要だと思います。ラーメン屋を始めるのであれば、

 

小さなところでも、10〜15坪くらいにはなってくると思いますし、レジデンスに比べると、どうしても高くなってしまう傾向があるのです。

 

また、最初の1年はあまりお金が入ってこない事も多いので、事業を続けるために1年分のオフィスコストくらいは考えておいた方が良いと思うのです。

 

10万円の物件であれば、120万円の家賃に60万円の保証金、10万円の仲介手数料でだいたい200万円程度はあった方が良いですね。

 

ただ、IT系の会社やノマド的な人だったら、Karigo とかで、バーチャルオフィスを借りても良いので、そうなってくると、大幅に起業資金の目安は安くなってくると思います。

後は自宅でやるという場合でもかかりませんからね。スモールビジネスをやっていって、だんだんと育てていきたいという事であれば、

 

最初のオフィスコストはそこまでかからないと思います。

関連記事:フリーランスはバーチャルオフィスを持っていた方が良い。

 

 

いざという時のための資金も必要

 

 

これもありますね。最低限必要なお金というものはありますが、いざという時のための資金もある程度は持っておいた方が良いと思います。

 

例えば、私の友人で起業している人なんて、2年目に社員に労基にかけこまれて、残業代の未払い分等で数百万円が飛んでしまったという人がいました。

 

つまり、こういった特殊な状況になってしまう事もあるので、いざという時のためのお金というものも、起業する時の目安に入れた方が良いでしょう。

 

ただ、これって業種によっても全く異なるものなので、突発的な出費が多いような業種だったら、それだけ多く持ったおいた方が良いと思いますし、

 

そこまでリスクがないものであれば、起業資金の目安は減っていくと思います。私の場合だと、だいたい自己資本比率40%程度で、

 

売り上げに対する純資産が30%もあれば良いかなというところですね。ただ、これは業種によっても違うものなので、

 

皆さんがどんな分野で起業するのか?というところから徹底的に分析していくべきだと思います。シミュレーションをしてみると、意外とわかるもので、

 

「これくらいはないと危ないな」という事が見えてくると思います。その状態になるまで、自分の計画書をきちんと練っていった方が良いのです。

関連記事:実は起業するのにアイデアなんて重要ではない。

 

 

黒字倒産を避けていく事が大切

 

 

これもありますよね。会社はどうやったら潰れるのか?というと、お金がなくなってしまった時なんですよね。

 

たとえ、借金が100億円あって、経常利益がマイナスになっていたとしても、キャッシュが安定的であれば、会社は存続します。

 

しかし、売掛金を回収するまでにあまりに多くの時間をかけてしまったりすると、業績的には良くても黒字倒産してしまう事があるのです。

 

そうならないためにはある程度、起業時から資金の目安を見積もっておく事が大切なのです。どの程度の規模のビジネスになるのか?という事を把握し、

 

売掛金の回収までにはどの程度の時間が必要なのか?という事を分析していく事が大切になってくるのです。

 

ただ売上高だけ上げていけば良いという事ではありません。起業する時の資金の目安を予め把握し、そこから安定的な経営体制を作っていく事が大切なのです。

 

今は、freee とかで財務を分析する事が出来るので、起業してからはこういったもので考えていった方が良いのですが、

 

起業する時の資金の目安を考える時には自分で考えるしかないのです。どの程度かかるのか?という事はその業種によっても違ってきます。

 

自分がどの程度かかる業種を始めようとしているのか?自分の自己資金はどの程度あるのか?といったところから逆算していくべきなのです。

関連記事:友達と起業すると失敗する理由。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。