ブロガー「水瀬まりも」とは?
お金の話

自分で年金を作る時代になっていくんだろうな。

年金というものは「もらえて当たり前のもの」だったと思うんですよね。しかし年金そのものの存続が危ぶまれてきている今日においては、

 

「自分で年金を作る必要があるのではないか?」と思っている人が多いと思うんですよね。年金をもらえるのかなんてわかりませんし、

 

もしかしたら、今の若い人たちも老後に年金がもらえるかもしれません。ただ、わからない以上はきちんと自分で年金を作っていく事が大切だと思っているのです。

 

誰かに任せるのではなく、自分で将来設計をしていく事が大切になってくる時代だと思うのです。そんな年金について今回は話していきます。

 

 

自分の老後にはどの程度のお金が必要?

 

これは考えておいた方が良いと思います。若い時には老後の事なんて考えないと思うのですが、老後が近づいてくると、

 

「果たしてどの程度のお金が必要なのだろうか?」と不安に思う人ってたくさんいると思うのです。だからこそ、まずは考えてみる事が大切なんですよね。

 

まず、持ち家なのか?賃貸なのか?という部分でも変わってくるのですが、一般的には持ち家よりも賃貸の方が老後の固定費は多くなってくるものですよね。

 

東京に住んでいるのであれば、1Rでも5万円程度は見ておいた方が良いでしょう。持ち家であれば、払うものは固定資産税程度ですね。

 

マンションであれば、修繕積立金と管理費がかかってくるので、ワンルームでも2万円程度は固定費として計上しておいた方が良いでしょう。

 

自分で年金を作る時にはこのような事をまずは計算し、そこから逆算していく事が大切なのです。

 

 

さらに、ここから水道光熱費もありますよね。ここが15000円だとして、食費で4万円程度は見ておきます。

 

ここからさらに娯楽とか様々なものに使っていくと、だいたい13〜15万円くらいは必要になってくると思うのです。

 

これを老後に捻出するためにはどうすれば良いのか?という事を考えれば良いのです。老後に使うお金について考えた事がなかったという人はたくさんいると思いますが、

 

自分で年金を作る時には、こういった分析から入る事が大切なのです。これをやっていく事によって、具体的な数字が見えてくるようになりますからね。

関連記事:貯金を増やす時には何が大切なのか?

 

 

自分で年金を作るならより若い時に考えた方が良い

 

これは思う事なんですよね。若い時から「自分で年金を作る」なんて事を考えるのはあまり良い事ではないかもしれません。

 

しかし、もしも老後の事を気になっているのであれば、考えた方が良いと思うのです。自分で年金を作るという事を考える時には、

 

年間でどの程度の貯金をする事が出来るのか?という事を考えた方が良いんですよね。計算すると、意外にも資金が溜まるのが遅いという事に気がつくと思います。

 

年間に100万円貯金する事が出来たとしても、10年間で1000万円ですよね。先ほどの計算のように14万円で生活するのであれば、

 

6年弱くらいで資金は尽きてしまいます。65歳まで働くとして80歳まで生きるのであれば、25000万円必要になってくるのです。

 

そうなってくると、25年間は貯金をしなければいけないという計算になってくると思うのです。40歳から貯金をし始める人が多いのですが、

 

こういった背景があると思うのです。自分で年金を作る時には、貯金をいつからどの程度貯める事が出来るのか?という事をきちんと計算していく事によって、

 

変わってくるものがあると思いますし、より豊かな生活をしたいと思うのであれば、ある程度の資金はプールしておいた方が良いのです。

関連記事:AIによる資産運用が本格化したらどうなるのか?

 

 

資産からお金を作る事も大切

 

 

自分で年金を作る事がこれからの時代は当たり前になってくると思いますし、誰もが行なっていくべきものですよね。

 

ただ、国からお金がもらえると思っていた人にとっては、「これから先はどうしていけば良いのか?」と思ってしまう事だってあると思うのです。

 

しかし、方法だって今の時代はたくさんありますよね。例えば、不動産を証券化したREITに投資して、そこから分配金を受け取るという方法でも良いと思います。

 

自分で年金を作る時には定期的なお金が入ってくるという状態が望ましいと思います。分配金だと、高い利回りのもので6%を超えるようなものだってあります。

 

つまり、3000万円を投資すれば、年間に180万円程度入ってくるんですよね。これを自分の年金代わりにしている人って実は多いのです。

 

毎月分配型のREITもあるので、そういったものは定年後に自分で年金を作りたいという人にとっては魅力的な内容になっているので、人気のREITになりやすいのです。

 

また、株式投資でも良いですよね。割安株をGMOクリック証券 等の証券会社の指標を使って買っていき、配当金をもらっていくのです。

 

皆さんがよく知っているところだと「ゆうちょ」とかが高い配当金を支払っています。こういったものを総合的に使って、

 

資産からお金を作るという方法をとる事によって、自分で年金を作る事だって出来るのです。投資はしたいけど、勉強はしたくないという人であれば、

 

ウェルスナビ やTHEO等のAIによる自動運用もありますしね。いくらでも方法はあるのです。

関連記事:人工知能による資産運用「ウェルスナビ」を徹底解説。

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ
よく読まれている記事