起業と経営

起業して失敗する人の特徴について考えてみる。

起業する人が最近はとても多いと思います。VCから多額の資金を調達して、一気に拡大していくようなスタートアップもありますし、

 

起業する事が当たり前になってきた世の中だからこそ、多くの人が起業する事をこころざし、実際に行動に移す人が増えてきているのです。

 

しかし、その一方で起業しても失敗してしまう人だっているわけなんですよね。起業したら必ず成功するのか?というと、そういうわけではありません。

 

起業しても99%の会社は消えていってしまうわけですし、実際に生き残る事が出来る起業というものは少ないのです。

 

では、どんな人が起業に失敗するのでしょうか?今回はそんな人の特徴について書いていきたいと思います。

 

 

市場の大小を理解する事が出来なかった人

 

 

これはVCでも度々話に出る問題だと思うのですが、起業する時にまず最初に考えるべき事は自分が起業しようと思っている分野の市場規模だと思うのです。。

 

私は広告系の仕事もしているので、実際に感じる事なのですが、

 

「これは私が考えた新しい商品です。必ず世の中に必要なものだし、売れると思う」と言って、多額の広告投資をするわけですね。

 

もちろん、この人の言っている事が正しい部分もあるのです。世の中に必要なものであるという部分は正しい場合だってあるんですよね。

 

しかしながら、実際に「どれだけ売れるのか?」という事を考える必要がありますし、ここを考えずに起業をしてしまうと、

失敗する事も多いのです。

 

例えば、「犬の餌を売る場合」と「ゴールデンレトリバーの餌を売る場合」では、そもそも市場規模が違う事はわかりますよね。

 

相対的に考えただけなので、後者が失敗するという事ではありませんが、市場規模があまりにも小さいようなビジネスだと、

 

拡大していく可能性が少ないため、結果的にコストだけが上昇してしまい、失敗してしまうというパターンはあると思うのです。

 

起業をする時には、世の中から必要とされているという事も大切ですし、重要な事の1つではありますが、市場規模を考慮しないと、

 

起業に失敗してしまう事だってあるのです。

関連記事:実は起業するのにアイデアなんて重要ではない。

 

 

財務諸表を読めない

 

 

これも起業に失敗してしまう人の特徴ではないでしょうか。起業をするという事は自分の会社を持つという事ですよね。

これは、自分の家計簿以外にもう1つの財布を持つ事でもあるのです。しかし、家計簿とルールが同じなのか?というと、そうではありません。

 

売掛金・買掛金・棚卸資産等、日常生活では目にしない言葉がたくさん出てくると思います。

 

一見、難しいと思ってしまうものですし、「会社を大きくすれば良いだけの話でしょ?」と思っているイケイケの社長とかだと、

 

財務諸表を見る事が出来ない人も多いのですが、これだと起業しても失敗するケースになってしまうと思うのです。

 

皆さんも黒字倒産という言葉を聞いた事があると思うのですが、会社って赤字になったからといって潰れるわけではありません。

 

キャッシュがなくなってしまった時に倒産してしまうのです。こういった事を見るためには会社のお金について分析するだけの力が必要ですし、

 

もしも、持っていないのであれば、そういった財務関係の事に強い人を仲間にした方が良いのです。起業に失敗する人の特徴として、

 

こういった財務諸表の問題はあると思うのです。

 

簿記の勉強なんてどこでも出来ますし、やってみたら良いのです。面倒な事に思えてしまうかもしれませんし、会社の売上とは直接的には関係がない事だと思い、

 

避けてしまう人はたくさんいると思うのですが、財務諸表を見る力は大切な能力なのです。

関連記事:確定申告サービスfreeeを絶対におすすめする理由。

 

 

ある程度のところで満足してしまう人

 

 

これは感情的な部分でもあるので、書いていこうか迷ったのですが、実際にこういった人っているんですよね。

 

起業して失敗するといっても、最初から失敗するというパターンだけではありません。最初は業績も良く、成功企業と言われている場合でも、

 

その後に倒産してしまう事ってあるのです。では、なぜ倒産するのか?というと、「ある程度のところで満足してしまうから」なのです。

 

「そんな人はいないでしょ?」と思うかもしれませんし、お金がもらえればそれだけ頑張る意欲も湧くだろうと思っているかもしれません。

 

しかし、人間の幸福度と所得の大小は月に100万円程度からは比例しないのです。つまり、「お金持ちになりたいから社長になった」という人は、

 

会社の規模がある程度大きくなったところで、一度意欲をなくしてしまう場合があるのです。会社を何のためにやっているのか?なんて重要な事ではないように思ってしまうと思います。

 

ただ、お金がモチベーションになってしまうと、それだけで起業において失敗する確率は上がるものです。

 

起業に失敗したくないと思っているのであれば、もっとより人生において意味のある事、自分がやる意味のある事業をやっていくべきなのです。

 

そうではない場合、起業に失敗してしまう事だって多いのです。

関連記事:高卒で起業、もできる時代

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。