人生

良い人でいる事に疲れた?演じる必要なんてありません。

良い人だと周りから思われたいひとっていますよね。

そういうひちたちって相手のこと沢山考えているつもりに一見見えますがそれは違います。実は良い人でいようとするのはただ自分が「良い人」でいることによって嫌われないようにしているだけなのです。

他人から嫌われたい!なんてひとはいません。私も出来るなら好かれていたいものです。

でも、良い人でいることに疲れてしまう瞬間ってあると思うんですよね。

だったらもうそんなことやめてしまえば良いのにな!って思います。良い人装っていると疲れてしまいますよ!笑

 

そこまで良い人ではないことを曝け出せ!

 

完全に良い人なんて存在しない。人間なんて誰しも汚い部分も持っているものです。疲れているときには誰かになにかしてあげたいなんて気持ちがなくなってしまうものですし、それが当たり前です。

でも、こういった良い人ってそういうところでも我慢して良い人であろうとするのです。例えば誰かが困っていたらその人のために自分を犠牲にしてやってあげたり?

確かにそんなひといたら素晴らしいです。人間的にはなにも文句を言えません。笑

でもそれで疲れてしまっていませんか?
私の知り合いでも良い人を演じているひとがいました。でもある時いったんですよ

 

「良い人でいることに疲れた」って笑

 

なんで疲れることをわざわざやるんすね?それで好かれてもなんの意味もありませんよ。だって自分がMax頑張った偽りの姿を好きになってもらっているんですから。

 

別に良い人じゃなくても優しくなくても良いじゃないですか。

 

だって、そんな演技しなくても好いてくれるひとはいます。むしろ良い人であることをやめると人って意外と集まってくるものですよ。

私たちって優しいひとが好きだと思い込んでいますけど、意外とそうでもないんです。実は裏表のない正直なひとが好きなんです。

 

人間は疲れる時もあれば不機嫌な時だってある。そうすると良い人でいられないような時だってあるわけです。

それでも我慢して良い人になるのであればもうそれは性分なので仕方のないことですが、家に帰ってきてから表情が弛緩して疲れきってはいませんか?

 

自分の中で裏表を作っていると最初は良いんですけど、それって結局は疲れてしまうんです。

正直であることによって以前とは友達の反応が異なるかもしれません!でもそれで良いのです。

 

そんな良いところばっかり見て寄ってくるひとなんて大した友達ではありませんからね笑

 

良いところ悪いところを認めることが出来て初めて本当の友達なんだと思いますよ!だから私は良い人なんかでない自分を曝け出してしまった方が良いと思います。

むしろそれが本来の姿かもしれないし、曝け出す事によってもしかしたらもっと関係が深くなるかもしれません。

 

 

自分のための優しさだから疲れてしまう?

 

良い人でいることは何も悪い事ではありません。悪いのは自分のために優しい良い人を演じてしまうことなんですよ。

「優しい人だって思われたい」とか「嫌われたくない!」って感情を持った優しさって実は優しさでもなんでもないんです。

むしろ自分のことしか考えていない悲しい習慣なんですよ。

 

人間って不思議なもので、自分が本当に大切だと思っているひとのために何かをすることって全然苦にならないものです。

それはもしかしたら恋人かもしれないし親友かもしれない。そういった大切なひとにはいくら時間をかけても疲れないものなんです。

それが本当の優しさだから。

 

ここまで書いてきましたが、良い人でいる必要なんて本当にないんです。自分が本当に大切だと思っているひとにだけ優しさを持てば充分なんですよ。

周りの人全員から好かれたいとか良い人でいたい!って感情は自分を疲れさせてしまいます。だったらもうやめても良いと思うんですよね。

やめたらこんなにも楽なのに…笑

 

アドラー心理学を扱った話題作になります。良い人でいる必要なんてないんだという事が本当にわかると思います。

嫌われる勇気というものも必要なんですよ。

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。
よく読まれている記事