起業と経営

アルバイトの人手不足はどのように解消するべき?真剣に考えてみた。

アルバイトの人手不足というものはいつの時代も問題になってくると思います。私が大学生の時には飲食店のアルバイトというものは最も多いアルバイト先の1つだったし、

 

まだ、そこまで大きな問題にはなっていなかったと思うのですが、今はアルバイト不足が深刻になってきていると思っているのです。

 

そこで、今回はアルバイトの人手不足はどのように解消するべきなのか?という事について書いていこうと思います。

賃金を上げる事も大切だと思う

 

これは企業にとっては最も辛い事だと思います。アルバイトが人手不足になっている原因として賃金の問題はあると思うんですよね。

 

時給が1000円のところと、1500円のところだったら1500のお店で働きたいと思うのが当然ですよね。

 

つまり、賃金によって人手不足の状態というものは変わってくると思うのです。しかしながら、企業としては賃金は上げたくないものです。

 

賃金を上げると、既存のアルバイトの人の時給も上げなくてはいけなくなり、会社の利益が圧迫されてしまう事に繋がるわけですね。

 

しかし、今後はより飲食店等の賃金を上げて行く方向に進むと思っているのです。だからこそ、アルバイトの人手不足が深刻なのであれば、

 

苦しいながらも、賃金を上げるという選択肢を考える事が大切ではないか?と思っているのです。それによって、

 

人手不足の時に使っている広告宣伝費が少なくなるという事だってありますからね。賃金を上げるのは辛い事ですが、

 

人をとるために使っているお金というものも、実は大きなものなので、きちんとした計算をして考えるべきだと思っているのです。

 

広告宣伝費と賃金の情報のどちらが利益を圧迫しているのか?は微妙なところなのですから。

あとね、最低賃金が上昇するタイミングとかだと、補助金が使える可能性もあるんですよね……。

経営者としては、ここらへんも把握しておくと良いと思います。

関連記事:経営者はなぜか筋トレをしている人が多い。

 

 

社内の環境を改善していく

 

 

これも結構大切な事だと思うんですよね。採用する事ばかりに気を取られてしまうのですが、定着率だってとても大切なものなのです。

 

では、定着率を上げるにはどうすれば良いのか?というと、社内の環境を改善していく事だと思うのです。

 

社内の雰囲気が良い会社で働きたいと思っている人が今の世代では多いんですよね。

 

「給料が高いのも良いけど、環境が良い事が一番」だと考える人が非常に多い印象を持っているのです。

 

だからこそ、社内でのコミュニケーションを円滑にしたりとか、社長が積極的に社内の人間に話しかけるといった行動を取っていった方が定着率は上がっていくと思うのです。

 

アルバイトの人手不足はこのようなちょっとした事から変わってくるわけなんですよね。

 

社内の環境が良い事って大切な部分でもあるのです。私も劣悪な職場環境のアルバイトで働いた事がありますが、

 

そこで働いていた時には「どうにかして仕事をサボりたい」という気持ちしか出てきませんでしたし、そういった感情を持っている人って、

 

辞めていってしまう場合が多いのです。だからこそ、アルバイトの人手不足で困っているのであれば、

 

 

「今の会社の状況は根本的にどんな状況になっているのか?」という事をきちんと把握していく必要があるのです。

 

  • いじめがないのか?
  • 仕事の分担は恣意的に行われていないのか?
  • コミュニケーションは円滑なのか?

 

こういった事をきちんと把握していく事により、アルバイトの人手不足という問題は解決されていくと思っているのです。

 

アルバイトの立場になってみると「なぜアルバイトの人手不足が起こっているのか?」という事を理解する事が出来るようになると思いますよ。

 

現場の立場の人たちが辞めていくのがアルバイトの人手不足なのですから。

関連記事:良いアルバイトの選び方・見つけ方をバイト経験豊富な私が教えてあげるね。

 

柔軟な働き方を提供する

 

 

これも今の若い人たちにとっては大切な事だと思うのです。私も実感している事の1つなのですが、今って賃金を上げる事も大切な事ですが、

「柔軟に働く事が出来る」という部分が若い人たちにとってはとても大切なんですよね。

 

シフトの融通がきちんときくのか?バイトだけの大学生活になってしまう可能性はないのか?といった事が大学生は心配してしまうわけです。

 

だからこそ、柔軟な働き方を選択する事が出来るような環境を構築していく事が大切なのです。ただ、これって非常に難しい事でもあるわけですね。

 

今現時点でアルバイトの人材不足に悩んでいるような状態だと、「全員にきちんと働いてもらう必要がある」という状態だと思うのです。

 

しかし、こういった状況でもきちんと考える事は出来るはずです。

 

仕事に無駄がないのか?という事をしっかり把握し、アルバイトの人が柔軟に働く事が出来るような環境を構築していく事が大切なのです。

 

バイトを休んでしまうような事があっても、柔軟に対応するためにはどうすれば良いのか?どうすれば誰もが気持ちよく働く事が出来るのか?

 

こういった事をパズルのように考えていく事により、アルバイトの人材不足は解消されていくと思うのです。

 

という事で、今回はアルバイトの人材不足を解消する方法について書いてみました。

関連記事:確定申告サービスfreeeを絶対におすすめする理由。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。