ブロガー「水瀬まりも」とは?
コラム

人混みが嫌いだ。

人混みが嫌いな人ってたくさんいると思うんですよね。東京に住んでいると、飲み会の場所は決まって「渋谷・新宿・池袋」という事が多いと思います。

 

しかし、そういった場所って人混みが凄くて嫌いなんですよね。皆さんの中にも人混みが嫌いだという人はいると思うのです。

 

では、なぜ人混みが嫌いなのでしょうか?皆さんが普段考えない当たり前の人混みについて書いていきたいと思います。

 

 

人混みの中を歩く事は決断の連続

 

人混みが嫌いな理由としてはこれはあると思うんですよね。人混みを歩いている時って皆さんは自然と前から来た人を避ける事が出来ると思うんですよね。

 

しかしながら、これって実は決断の連続でもあると思うのです。相手は右に行くのか?左に行くのか?という事を常に考え、

 

自分の進む方向を決断しているのです。人混みが嫌いな人だと、「なんでこんなに人混みって疲れるんだろうね?」という言葉を放った事があると思います。

 

これって実際は決断が多すぎるからなんですよね。決断をする事を人間は嫌うものです。それは今日食べるものかもしれませんし、

 

明日着ていく服の事かもしれませんが、人間は兎角考え、決断する事が苦手なのです。

 

そうなってくると、人混みが嫌いな理由もわかりますよね。歩いているだけで多くの決断をしていく必要があります。

そうなってくると、精神的にも身体的にも疲れてしまうのは当然の事なのです。人混みにおいて誰かを避けるという行為は自然な行為に思えてきてしまうのですが、

 

実は人間の脳がきちんと判断した上で身体が行動しているのです。人混みが嫌いな理由として考えた事はないかもしれませんが、

 

決断が多くなれば、なるほど人間は疲れてしまうものなのです。

関連記事:決断できない人が直すべき癖

 

 

人混みの中にはイライラしている人が多い

 

 

人混みが嫌いなのはこれもあるんですよね。人混みの中にいると、なぜかイライラしてくる人がとても多いと思うんですよね。

 

「そんなに急いでないでしょ」という人まで「チッ」と舌打ちをして人をかき分けていったり、怒鳴り声を出したりという事が実際に起こるのです。

 

人混みが嫌いなのは誰もが同じ事だから怒っても仕方がないけれど、なぜか自分だけが被害者だと思ってしまう人が多いのです。

 

「なんでこんな人混みに巻き込まれなきゃいけないんだ」と思うわけですね。しかし、根本的にはそういった人混みに行ってしまった自分が悪いわけですし、

 

職場がそういったところにあるのであれば、自分の選択ミスだと思うのです。

 

イライライしている人が周りにいるという事だけでも、私たちはストレスを感じるものです。「なんでこの人はこんなに怒っているだろう?」と思うはずなんですよね。

 

だからこそ、私は人混みが嫌いですし、人混みがあるところにはなるべく行かなくても良いライフスタイルを自分で作っているのです。

 

人混みが嫌いな人でも、我慢する人って多いんですけどね、私はそんな事は辞めた方が良いと思うのです。

 

人混みが嫌いな人が人混みに行っても、いつもの2倍は疲れてしまうものですし、もっと人がいないような場所で働いたり、友人と遊んだ方が良いのです。

 

人混みが嫌いであるという事を自覚しているのであれば、然るべき対処をとる事によって全然変わってくるものですよ。

 

私の場合だと、都心ではあまり飲み会を開かず、もっと静かなところで開きます。そうする事によって、満員ラッシュにも巻き込まれなくなりますし、

 

精神衛生的にも良いのです。人混みでイライラしている人たちと一緒にいるという事だけでも、私たちにとってはストレスなのですから。

関連記事:なぜ営業はストレスを感じやすいのか?

 

 

人混みに行かない生活をしてみて思った事

 

 

実際、私は最近自分の生活を最適化していっているわけです。人混みが嫌いだからこそ人混みを避けるような生活をしているのです。

 

すると、ストレスを感じる事が少なくなったように思いますね。人混みが嫌いな人の中でも、私は群を抜いて嫌いな方だと思います。

 

しかし、自分で嫌いだとわかっているからこそ、職場を変え、そして自分の行動する範囲を変えたんですよね。

東京に住んでいるのであれば、代官山とかが静かで良いと思いますし、用賀の方とかも結構好きなんですよね。

 

人混みが嫌いな人が人混みを避けた生活をすると、それだけで精神的衛生は変わってくるものですよ。私がそう感じましたから。

 

本当に嫌いな事には立ち向かう必要なんてありません。そこから逃げるための手段と方法を考えれば良いだけなのです。

 

仕事にしても嫌いなら辞めれば良いと思うし、都会が嫌いなら都会に行かなければ良い。方法なんていくらでもあるのですから、

 

自分で取捨選択をしていけば良いだけなのです。

関連記事:飲み会が嫌いなら仕事でも行かない選択肢があってもいい

よく読まれている記事
関連記事だよ