転職

看護師でいじめられている?早く転職しましょう。

看護師の業界というのはどうしても女性が多い業界なのでいじめが起きやすい業界と言えます。

病院に来る人にとっては、「看護師さんって優しい人ばかりだな」という印象しか持っていない人も多いのですが、

実際にはいじめが多い環境だったりするんですよ……。

 

看護師の仕事に憧れて看護師になったはいいものの

新人のころのいじめが辛くて看護師業界を諦めてしまう人というのも少なくありません。

 

しかし、どの現場もいじめが横行しているのか、というとそうではありませんし

自分の働き方にあった現場というのは必ずあるはずです。

今の環境が悪かったとしても、どうにか頑張りなさい」という精神論をかざす人もいるけれど、いじめがあるなら辞めても良いのです。

 

ストレスフルな仕事現場

 

看護師の仕事というのは、どうしてもストレスフルな仕事現場で働くことが多い職業ですから

ストレスを抱えている者同士が集まってしまっていじめが起こる、というのはある程度仕方がないことでもあります。

ストレスvsストレス」の構図の中で働く事になるのが看護師だったりする。

 

夜勤があるような現場だと、生活リズムが崩れてしまっている看護師もたくさんいますし

人が足りていない現場はいつもいっぱいいっぱいになってしまうものです。いじめが起きやすい状況なんですね……。

 

そんな過酷な労働環境であるにも関わらず、「人の命を預からなくてはいけない」という責任重大な仕事を担っているわけですから

張り詰めてしまうのは致し方ないとも言えますよね。

 

そして救急(ER)などを受け入れている病院の場合は、さらにその頻度が高くなりますし

仕事も緊急をようするものが多いです。

 

1分1秒が人の命を左右するかもしれない中で働いている。

 

もちろんすべての命が助かるわけではありません。

助からない命もありますし、それが日常茶飯事なわけです。

つらいですよね。

 

その一因を自分自身に感じてしまうようなときもあるでしょう。

 

そんな中で働いているとどうしてもストレスは日に日に大きくなってしまうと思うんです。

 

ストレスフルな人ばかりだと看護師の間でいじめが起きてしまうのも時間の問題でしょう。

 

ストレスのたまりやすい現場だなと思うのであれば

もう少し自分が働きやすいところ、余裕を持って働くことができるところを探してみるのもいいと思います。

関連記事:看護師の仕事で感じるストレスとその解決方法

 

5人に1人が人間関係で辞める

 

実は厚生労働省のデータによると、看護師の退職者数は年間で「約2万5000人」に及び、

そのうちの5人に1人が人間関係の悩みを理由に退職をするそうです。

 

それほどまでに、看護師業界ではいじめや人間関係で悩んでいる人が多い、ということですよね。医療現場だけではなく、一般の仕事をしているサラリーマンでも人間関係で辞める事が多いけれど、

看護師だと、余計にこの傾向が強くなるんですよね。

 

看護師が職場のいじめや人間関係で悩んでいることは普通のことなのです。

 

そしてそれを理由に退職、転職することは決して恥ずかしいことではありません。

 

これだけの人がいるのですから合わない人がいるのは当然のことです。

同じ職場に止まり続けて合わない人にストレスを抱えながら仕事を続けるより自分に合う環境を探してみましょう。

 

看護師は資格職ですから、転職をするのもそこまで難しくはありません。いじめがない職場に転職することができるのです。

 

転職をするときのポイントをしっかり抑えた上で転職をすれば、

今の環境よりも自分に合った環境を見つけることができるでしょう。

関連記事:看護師の転職で失敗しないために注意するべきこと

 

経験することでいじめはなくなる

 

看護師業界でもっとも多いいじめはやはり「新人看護師いじめ」です。

 

どうしても新人で仕事をまだ覚えていない看護師が入ってくると

普段やっている仕事にプラスして、新人の看護師を教育しなければいけなくなりますから

ベテラン看護師の仕事は増えますよね。

 

なので、ベテランの看護師からすると新人看護師はお荷物に感じてしまうようなところがあるのは仕方のないことです。

 

経験を積んで、ある程度仕事が一通りできるようになると

転職して新しい現場に入ってもいじめられる、ということはなかなかなくなってくるものですが

看護師としての経験が浅いうちはいじめの標的になってしまうのはある程度しょうがないところがあります。

 

仕事ができないのですから、どうしても相手をイラつかせてしまうのでしょう。

 

しかし人によってそういうときの対処の仕方は違いますよね。

 

ベテランの看護師でも本当に丁寧に教えてくれる看護師の方もいましたし

逆に人間性を疑うような性格の看護師もいました。

 

それはもう人それぞれですから当たり外れと思ってやるしかないようなところもあります。

 

とはいえ、環境によっても左右されることではあると思います。

 

忙しくて看護師が少ない現場だといじめは起きやすいのは事実です。

みんなどこかしらにストレスを発散する場を作ろうとしますからね。

 

中には全然仕事をしないのにキャリアだけが長くて

ちょっと仕事をしたらすぐタバコ休憩に入る看護師がいたりもしましたし、

看護師の仕事とは関係ないようなゴミの分別や身体的特徴について暴言を吐いてくるような看護師もいました。

 

周りからも嫌われていましたが、やはり看護師としてのキャリアが長いと誰も何も言えない、というような空気もあります。

 

そんな中で無理に頑張ろうとして、体を壊すのもよくありません。

 

人を看護する立場の看護師なのに、自分が虫垂炎になって入院してしまう、同僚もいましたが

そこまでなってしまったら本末転倒です。

 

自分が働きやすい現場を見つけることも大切だと思いますよ。

 

転職しようか悩んでいる人は、看護師専門の転職エージェントサービスの看護のお仕事 を使ってみるといいと思います。

 

医療業界に詳しいスタッフが24時間電話相談を受け付けてくれるので

転職の時期を見極めたい、という人には最適です。

 

看護師という仕事はこれからも続いていく仕事です。だからこそ、看護師自体を辞めてしまうのはもったいない。

でも、いじめが横行する職場で働くのはどうかな?とも思ってしまう。いじめが横行する職場で働く看護師と、仲の良い職場で働く看護師。

 

どちらが良い対応をする事ができるのでしょうか。能力があるからこそ、技術があるからこそ、最適な環境で働くべきだと思うのです。

関連記事:看護師が転職するのに一番良い時期はいつなのか

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。