投資家のお金論

株の信用取引はリスクが大きいと思う。

株を買う人はたくさんいると思うのですが、ある程度株に慣れてくると株の信用取引をやってみたくなる事があると思うんですよね。

 

株の信用取引を開始する事が出来れば、自分が持っている以上の資産を投資をする事が出来るわけです。

 

そうなってくると、1000万円の投資資金だったとしても、日本では株は3倍までレバレッジをかける事が出来るので、3000万円の投資をする事が出来ますし、

 

FXであれば、25倍まで可能なので2億5000万円の投資をする事が出来るわけなんですよね。

 

しかし、株の信用取引ってリスクが高いと思っているのです。今回はそんな事について書いていきたいと思います。

 

 

株の事について本当に知っている人は少ない

 

 

これは思う事なんですよね。株の信用取引をするという事はそれだけでそもそもリスクが高まるわけなんですよね。

 

例えば、1000万円を元手で信用取引で3000万円買ったとしましょう。そうすると、株価が30%程度落ちただけで元手がなくなってしまうのです。

 

そうなってくると追証が必要になりますし、中には借金を背負う事になる場合だってあるんですよね。それくらい危険な事だと思うのです。

 

そして、株の信用取引にリスクがあるのは「株についてきちんとした知識を持っている人は少ない」という事なんですよね。

 

確かに株の信用取引をする事によって収益性は上がるんですよね。しかし、それと同時に損失も大きくなってしまうのです。

 

信用取引はプロが行う手法です。株式のプロだと思っているかもしれませんが、どんな指標を見て投資をしていますか?

 

なぜ今の株価が割安、あるいは割高だと判断する事が出来るのですか?こういった根拠が曖昧なままで株の信用取引をしている人はただただリスクを上げているだけですし、

 

やめた方が良いと思うんですよね。株の信用取引を考えている事は悪い事ではないのですが、それと同時にリスクが上がるという事を理解していく必要があると思っているのです。

 

昔はレバレッジをもっときかせる事が出来たのに、法律が変わり制限がかかったのも「株の信用取引をして破産する人がたくさんいた」という事が原因だと思うのです。

関連記事:貯金を増やす時には何が大切なのか?

 

 

空売りは現物よりも危険

 

 

これも株の信用取引を行う時のリスクだと思うのです。株を現物で買う時でも損はします。例えば、1株が120円の株を1万株買ったとしましょう。

 

すると、120万円の資産になりますよね。株価が100円に下がったとすると100万円の資産になるわけです。

 

もちろん、ここにもリスクはありますし、株で損はしたくないものですよね。しかし、株の信用取引にはより大きなリスクがあると思っているのです。

 

株の信用取引をしたい!と考える人の中には「空売りをしてみたい」という人が多いと思うんですよね。

 

株を借りてきて、その株を高く売り、安く買う事により利益を得るわけです。空売りが悪いとは思いませんし、

空売りをする事で儲かる時だってあるでしょう。株の上下どちらでも儲ける事が出来るわけですからね。

 

しかしながら、ここにこそ株の信用取引のリスクがあると思っているのです。現物で買う時には別にそこまで大きな問題にはならないと思うんですよね。

 

なぜなら株価には下に限界があるから。

 

その一方で株の上には上限がないんですよね。空売りをしている状態で株価が上昇すれば損失はより大きくなります。

 

そして、株価には上限がないので、どこまでも損失が広がってしまうわけなんですよね。

 

これはとても危険な事だと思うのです。上限もなく損失が永遠に広がってしまうという事はそれだけでリスクを背負っていくという事なのです。

関連記事:AIによる資産運用が本格化したらどうなるのか?

 

 

市場成長をどの程度上回ったのか?をきちんと見てみよう

 

 

これは大切な事だと思うんですよね。株の信用取引のリスクは高いわけですが、少ない資金で大きな利益を作り出す事が出来るという事を考えるととても効率的な方法、魅力的な方法に思えます。

 

しかしながら、皆さんは本当に株に投資をする事によりお金を増やす事が出来ていたのでしょうか?

 

投資のパフォーマンスというものは「市場の成長をどれだけ上回ったか?」というところで決まるわけなんですよね。

 

例えば、テトラ株式会社に1000万円の投資をしたとして、1年間で1050万円になったとしますよね。

 

すると、+5%になるわけですし、投資は成功しているように見えますよね?しかし、もしも市場全体が20%上昇していたらどうでしょう?

 

ただ、パッシブ運用のインデックス投資をしている方が手数料を考えてもパフォーマンスが良いわけで、皆さんの投資が成功しているとは言えないんですよね。

 

株の信用取引というものは非常にリスクの高いものです。だからこそ、自分自身がきちんとしたパフォーマンスをあげる事が出来ているのか?という事を確認する事が大切だと思うのです。

 

 

株の信用取引はにはリスクがたくさんあります。きちんとした投資家がきちんとした投資をしていく事が前提なのです。

 

最近はウェルスナビ を使ってAIによる運用をする事だって出来ますし、証券会社の投資機能があれば財務状況をきちんと見た上で投資をする事が出来るのです。

 

きちんとした投資を行なっていく事が大切なのです。そして、株の信用取引はとても危険なものだと思っているのです。

関連記事:人工知能による資産運用「ウェルスナビ」を徹底解説。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。