人生に悩む君へ

感情のコントロールが下手な人がやってしまっていること

世の中には感情のコントロールするのが上手い人と下手な人がいます。

 

その違いは一体なんなのでしょうか?

 

感情をコントロールするのが下手な人は

どうしても人生において損をしがちです。

 

まずはどうして感情をコントロールすることができないのか、ということについて考えてみましょう。

 

自己中心的に考えてしまう

 

感情のコントロールができない人は物事を自己中心的に考えてしまう人がとても多いです。

 

もちろん客観的にものを見るというのはとても難しいことです。

物事はいつだって主観で進んでいくわけですから、自分の知らないことを全部知ろうとするには無理があります。

 

しかし、自分の主観から少しだけ離れて、その物事に関わっている人の気持ちを少しだけ汲んでみるようにしてみる。

 

それだけで感情のコントロールってかなりできるようになるんですね。

 

例えば文句ばかり言う人がいるとします。

 

その人はその文句を「自分が腹立たしいから」相手にぶつけるわけですが、

その文句を言ったところで、それを解決することは相手にはできないとします。

 

するとそれはやはり自己中心的な行動になってしまいますよね。

 

相手の気持ちを少しでも考えることができれば

「この文句を聞かされても何もできないだろうから退屈なだけだろうな」ということを考えることができるのです。

 

感情がコントロールできない、という人は「自分の感情だけに向き合っている」から感情をコントロールすることができないのです。

 

その場に居合わせる人、それぞれの感情のことも汲み取ろうとしてみると

感情をコントロールしやすくなるでしょう。

関連記事:文句ばかり言う人とは一緒にいない方が良い。

 

言語化するのが下手

 

感情をコントロールすることができない人は、感情や物事を言語化するのが苦手な人が多いです。

 

例えば気にくわないことがあった時に、

感情のコントロールが上手い人は

  • 「なぜそれが気にくわないのか」
  • 「どういうところが良くてどういうところが気にくわないのか」
  • 「どんな風だったら納得がいくのか」
  • 「どのようにしたら解決することができるのか」

というようなことをきちんと言葉で伝えることができます。

 

しかし感情のコントロールがうまくできない人は

自分でもどこがどのようにその物事を気にくわないのか、ということが理解できていないのです。

 

ただなんとなく気にくわないんですね。

 

ただなんとなく気にくわないけれど気にくわないものは気にくわないから

感情に任せて怒鳴ってしまったり、何か物や人にあたってしまったりするわけです。

 

感情的になっても何も解決することができない良い例ですね。

 

これでは言葉がしゃべれない赤ちゃんが

自分の意思表示をするのに泣きわめくのと一緒です。

 

感情のコントロールをするのが苦手な人は

自分が普段感じる感情に対して「どうしてそう思うのか」ということを言語化する訓練をすると良いでしょう。

関連記事:怒りっぽい人の特徴を知って見分けよう

 

落ち込みやすい

 

感情のコントロールが下手な人は、負の感情をコントロールするのが特に上手であはありません。

 

自分に起きた嫌なことを

いつまでもいつまでも引きずってしまう癖があります。

 

しかし、落ち込みやすく、またそれを引きずりやすいと

これが悪循環を生み出してしまうことがたくさんあるんですね。

 

負のオーラを放っているだけで、周りの人も気分が悪くなることがありますし

そうすれば人間関係もうまく運ばなくなっていくでしょう。

 

落ち込むようなことは誰だってあるものですが

それにとらわれすぎず、「そういう時もある!」と割り切って、気持ちを切り替えることが大切です。

 

悪いことは考えすぎず、

自分の身に起きた良いことばかりを反芻するようにすれば、気持ちも良い方向へと向かいやすくなるでしょう。

関連記事:明るくなりたい!性格を変えるために今すぐできることとは?

 

人のせいにする

 

感情のコントロールが下手な人は、自分の身に起きた悪いことをついつい人のせいにしてしまいがちです。

 

本当はそこには自分のおかした過ちもあるでしょうし

起きたこと自体は過去のことですから変えることはできません。

 

人のせいにしてもすっきりしないことのほうが多いのです。

 

なので、何か悪いことが起きたら、

人のせいにするのではなく、

 

その悪いことが解決するには何が必要なのか、またその悪いことが再発しないためには今後どのようなことをしたらいいのか

という改善策を考えるようにしましょう。

 

人のせいにしたところで、起きてしまったことには変わりないのですから

自分も他人も悪者になるのではなく、現実的な解決策を考えたほうがよっぽど得なのです。

関連記事:人のせいにする心理

 

感情コントロールを上手にして得しよう

 

感情のコントロールが下手な人について今回はお話してみました。

 

感情コントロールがうまくできるようになると

無駄な争いがなくなり、ストレスも感じにくくなります。

 

また何より、争いが減ることによって、より無駄な時間が減り、

効率的に生きることができるようになるんですね。

 

対人関係のストレスを減らすためにも、感情をうまくコントロールして生きていきましょう。

関連記事:ストレスを感じやすい人の特徴とは?

 

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。