ブログ運営を語る

インフルエンサーになりたい人は何をすれば良いのか?

最近はSNSのフォロワーというものが大切になってきていると思うんですよね。インフルエンサーと呼ばれる人たちは自分たちが何らかの発信をする事によって、

 

多くのフォロワーが話題にする人の事を言うわけなんですよね。お店に来る人の数が増えたりとか、契約者数が増えるといった事が起こるんですよね。

 

だからこそ、最近はインフルエンサーになりたいという人が増えてきていると思っているのです。柔軟な働き方を実現する事が出来る人だっていると思いますし、

自分が実現したいライフスタイルを作る事だって出来る事があるのです。では、インフルエンサーになりたいという人は何をすれば良いのでしょうか?

Twitterの場合

 

まずはtwitterを使ってインフルエンサーになりたいという人のためにどうすればインフルエンサーになる事が出来るのか?何をすれば良いのか?という事について書いていきたいと思います。

・プロフィールを充実させる

これはとても大切な事だと思うんですよね。インフルエンサーになりたいと思う人ってたくさんいるとは思うのですが、

インフルエンサーの人たちのプロフィールを見た事、分析した事ってありますか?きっとないと思うんですよね。

しかし、プロフィールが充実したものになっているのか?という事はとても大切なのです。

プロフィールを見た時に、文字数が少ない人っているじゃないですか。もちろん、芸能人みたいに最初から有名な人だったらそれでも良いと思います。

ただ、「これから有名になりたい」と思っているのであれば、プロフィールは充実させた方が良いです。

 

①すぐに見て何をしている人か?を明確にする

 

これは大切な事ですね。ツイートをしている事は当たり前だと思うのですが、気になるツイートがあると一般的にプロフィールを見るものなんですよね。

 

だからこそ、すぐに見て何をしている人か?という事がわかるようにしている必要があると思っているのです。

 

ブロガーならブロガー、消防士なら消防士、起業家なら起業家だとわかるようにプロフィールを構築していく事が大切だと思うのです。

 

②何を中心に呟いているのか?を記載

 

これも大切だとインフルエンサーになるためには大切な事だと思うんですよね。何を中心に呟いているのか?という事をきちんと把握する事により、

 

見た人は「どんな事を呟くのか?」という事をすぐに知る事が出来るわけなんですよね。何を中心に呟くのか?という事を相手に伝える事が出来れば、

 

適切なフォロワーが増えてくるのです。

 

 

③無駄な事は書かない

 

 

これもありますよね。インフルエンサーになりたいのであれば、きちんとしたプロフィールにする事が大切だと思っているのですが、そのためには無駄な事は書かない事が大切だと思うのです。

 

本を出版しているのであれば、有名な本だけを書いたり、年齢を書くのであれば年齢を書いたりと必要な情報を書いていった方が良いんですよね。

 

後は所属の会社ですね。これも無駄な部分は省いてユーザーにとってわかりやすい内容にしましょう。

 

 

・ツイートの回数は1日に10ツイート程度

 

 

これも大切な事だと思うんですよね。インフルエンサーになりたいという事はSNSで稼ぐようにするという事です。

つまりどういう事なのか?というと、SNSへの投稿は仕事になるんですよね。ツイートの回数って人によって違うとは思うのですが、

 

インフルエンサーになりたいのであれば、1日に10回程度はツイートした方が良いと思うんですよね。

ユーザーが欲しい情報を含んだツイートを1日に10回もするという事は結構大変な事でもあるので、

 

辛い時だってあると思いますが、インフルエンサーになりたいという気持ちがあるのであれば、きちんと情報発信をしていく必要性があると思っているんですよね。

 

インフルエンサーになりたいと言うと、簡単な事に聞こえてしまうと思うのですが、実際に仕事としてインフルエンサーになりたいと思ってなれる人って少ないわけなんですよね。

 

誰しも努力をしてインフルエンサーになっていると思っているのです。だからこそ、インフルエンサーになりたいと思うのであれば、

 

きちんとしたツイートが必要になってくると思うんですよね。

関連記事:ブログで収入を得るのは生半可な気持ちではできない

 

 

・最初は引用リツイートを使う

 

 

これも大切な事だと思うんですよね。最初の頃ってフォロワーがいないので、どうやっても拡散されないと思うんですよね。

 

だからこそ、最初は引用リツイートによってフォロワーを増やしていく事が大切だと思っているのです。

 

引用リツイートをすると、相手のツイートの「リツイートした人」の欄に自分のツイッターが乗りますからね。

 

時にはリツイートをリツイートしてもらえたりする事だってあるので、まだフォロワー数が少ないと思っているのであれば、

 

使ってみると良いのではないかと思います。

関連記事:趣味でブログをやるならちゃんと収益化した方がいい

 

 

インスタグラムの場合

 

 

インフルエンサーになりたいという人の中にはインスタグラムを使ってインフルエンサーになりたいという人もいると思うので、

 

インスタグラムについても書いていきたいと思います。

 

 

・タグは使用ボリュームが高いものを選ぶ

 

 

これはインフルエンサーになりたいのであれば大切な事だと思うんですよね。インスタグラムにもタグ付け機能というものがあるのですが、

 

これで流入がある場合もあるんですよね。

 

  • 写真好きの人と繋がりたい
  • camera
  • カメラ部

 

こういったものの検索って多いんですよね。もちろん、#followとかが流行っていたりもするのですが、経験則で言うと、

 

「フォローしてください」といったタグでフォローしてくれる人ってあまりアクティブなユーザーではない事が多いんですよね。

 

#f4f(フォローしてくれたらフォローするよ)に関しても同じ事が言えると思うのですが、インフルエンサーになりたいのであれば、きちんとしたユーザーを抱える事が大切になってくるわけです。

 

だからこそ、きちんとした人たちにフォローしてもらうためにきちんとしたタグ、かつボリュームがあるものを選択して投稿していく事が大切なのです。

 

 

・何を発信していくのか?を明確にしよう

 

 

これも大切な事なんですよね。インフルエンサーになりたいという事はそれである程度の収入を得たいという事でもあると思います。

 

だったら、ある程度はジャンルを絞っていった方が良いと思うんですよね。ファッション系の広告主から仕事をもらいたいのであれば、

 

自分のコーデを投稿していく事が基本だと思います。もちろん、綺麗なランチであったりとか、最近流行っているインスタ映えするようなものを投稿していっても良いのですが、

 

基本的には「どんな広告主を募集したいのか?」というところから逆算してい投稿していく事が大切。

 

様々な分野を扱っている人でインフルエンサーになっている人もいるのですが、これからインフルエンサーになりたいと思っているのであれば、ランチェスター戦略と同じようにニッチな市場を目指していった方が良いのです。

 

分野を絞る事によって、広告主の意向と合致する事だってありますし、適切な報酬をもらうためには大切な事だと思うんですよね。

関連記事:副業としてライターを選ぶメリットとは?

 

 

・定期的に更新していく

 

 

基本的な事ですが、これはインフルエンサーになりたいのであれば、結局のところ一番大切な事だと思うんですよね。

 

定期的に更新していく事によって、フォロワーは徐々に増えるわけなんですよね。1日に10人のフォロワーを獲得する事が出来れば、

 

1年で3650人のフォロワーを獲得する事が出来ます。基本的にはこういったものって雪だるま式に増えていくのでこの数字はより大きなものになると思いますしね。

 

定期的に更新していく事って結構大変な作業になります。しかし、インフルエンサーになりたいと本当に思うのであれば、

 

きちんとした画角と構成、装飾をした写真をインスタグラムに投稿する事だって苦にはならないはずです。

 

「仕事にするぞ」と思って、きちんとした運用をしていく事が大切だと思うんですよね。

関連記事:エンジニアの強みってアウトプットの速さじゃないかな

 

 

 

誰でもインフルエンターになれば良い

 

という事で今回はインフルエンサーになりたい人は何をすれば良いのか?という事について書いてきたのですが、いかがでしたか?

 

これからの時代はSNSというものがますます大切になってくると思うんですよね。企業の採用においてもフォロワー数が多ければ優遇する会社だってあるんですよね。

 

何でもそうなのですが、インフルエンサーになりたいのであれば、継続する事が大切なのです。継続する事によってだんだんと自分の影響力というものが増してくるというのは事実ですからね。

 

多くのビジネスにおいて、失敗してしまうのは継続する事が出来る人が少ないからなのです。

関連記事:自宅で稼ぐって本当に可能なのか?

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。