起業と経営

サラリーマンの定年退職を遅くするなんて危険だと思う。

サラリーマンの定年退職は一般的には60歳くらいですよね?その後に給料を大幅に減らして65歳くらいまで働いているひともいるでしょう。

日本の60歳ってかなり元気です。全然仕事も出来ますよね。

また、年金の支給年齢も引き上げられることが予想されます。そんな中で、いま日本では65歳とか70歳まで定年を延ばそうとする動きがあります。

 

しかし、これは本当に良いことなのでしょうか?私は全くそうは思いません。

サラリーマンとして働いていきたい、という人がいるという事実は理解する事ができます。ただ、それが本当に必要な事なのだろうか?

というと、そういうわけではないと思うんですよね。

サラリーマンの定年退職は今のままで良いと思っているのです。

 

 

詰まるだけで若い世代にはメリットがない

 

65歳の上司から教えてもらう必要はないって正直言って思いませんか?別に教えてもらうのであれば40歳の上司でも50歳の上司でも良いです。

 

そもそも、70歳まで雇用しなければいけないなんていうのは企業としてはかなりの負担です。だったら若い人材を育てたほうが良いですからね。

月に100万円の給料をもらっている64歳の人、1人と、月に20万円の給料をもらっている25歳の人、5人だったらどちらが良いのでしょうか?

きっと後者だと思うんですよね。

日本は年功序列のもとで会社が成り立っています。だから、基本的には年齢が高ければ高いほど、給料はよくなります。

サラリーマンは定年退職まで、年齢と共に給料が上がっていくのです。

ではそのしわ寄せがどこにいっているのか?というと、若い世代なんですよ。それを本当によく理解しているのかな?って思います。

 

また、日本って労働者を手厚く保護している国でもあります。解雇するためには相当の理由が必要だし退職金だって多額。

でも、国が良くなるために一番必要なのは企業の成長です。それなのに正反対の行動をしているようにどうしても思ってしまいます。

確かに、いまの60代って若いですよ!仕事も出来るし、根性もあるかもしれない。でも、働く理由が「暇つぶし」になってしまっているひとがとても多いように思うのです。

そういった人たちだけではありませんし、特定の技術を持っているのであれば良いでしょう。

しかし、サラリーマンの定年退職は今のままで良いのです。

先進国である日本に必要なのは他国の真似ではありません。常に新しいものを生み出していくアイデアとパワーです。

 

それはいまの若いひとたちが作っていかなくてはならないものだと思うのです。日本という国においては、企業が辛い目にあっていますが、そうではなく、まずは企業側を潤してあげることが大切なのではないかと思います。

その過程の中で年配の方の労働力を使える余裕があるのであればやったら良いと思うんですよね。最初から「定年は70歳ね!」なんて言われてもそんなの対応出来るわけがありません。

サラリーマンの定年退職時期が遅くなってしまえば、若い世代が就職する事ができなくなり、詰まってしまうだけだと思うのです。

ジョブズが死について語っている時のことを思い出します….

 

死は古き者を消し去り、新しき者への道をつくる。ここでの「新しき者」は君たちのことです。
しかしそう遠くないうちに君たちも「古き者」となり消えてゆきます。
大袈裟ですみません、しかし紛れもない事実です。

引用:http://kakiokosi.com/share/business/87

 

関連記事:「仕事が好き」と言えない今の世の中は少し変だ。

 

本当に働きたいのなら起業すればいいじゃないか!

 

これは本当に思います。サラリーマンとして働いていて、定年退職をした後に「まだ働きたい」と思うなら起業すればいいじゃないですか。

退職金を使って起業出来ますよ?別に退職金を使わなくても出来るものなんてたくさんありますよ?

全員がそうではないですが「リスクを取らずにお金をもらおう」という傾向があるように思えてしまうんですよね。

 

もしも自分が仕事の出来る人間であり、対価に見合うだけの、いやそれ以上の仕事が出来ると主張するのであれば起業したらいいんです。

もしかしたら退職金がなくなってしまうかもしれませんが、そしたら今度はお金の必要のないビジネスをやればいいんですよ。

でも、やる人なんていないでしょうね。ボケないようにとかお小遣い程度稼ぎたいな!ってひとがかなりいるでしょうから。

 

何も「働くな!」なんて言ってないんです。働きたければ働いても良いと思うし、本当に出来るひとで、特定の技術を持っている人であれば必要な人材だと思う。

 

でも、自分でリスクをとらないお金だけを取ろうとする行為であれば企業の成長にとって何も良いことはありません。

 

やはりどうしても規定ありきの定年延長は納得がいかないものがありますね。

サラリーマンとして働いたけど、やっぱり定年退職後も働きたいなら、起業してみて自分の実力を証明してみれば良い。

お金は労働の対価としてもらえるものではありませんしね。自分で作り出していくものなのです。

関連記事:サラリーマンこそ早めに投資をした方が良いと思う。

 

時代についていく事ができない人が多いです

 

サラリーマンの定年退職を遅くしたところで、この時代のこの流れについていけるのか?というと、全くそうではないと思うんですよね。

65歳できちんとツイッターを運用してフォロワーが3000人以上程度いるような人はどの程度いるのでしょうか?

きっといないと思うんですよね。名刺の管理はどうしていますか?ブロックチェーンの仕組みについては知っていますか?

これからの時代はより流れの速い、激動の時代になって来ると思っています。そんな時代でサラリーマンの定年退職を遅らせる事にどんな効果があるのでしょうか?

高い給料をもらって、会社の椅子に座り、飲み会の時だけは昔話をして、新卒女性社員に鼻の下を伸ばしている、そんな状態になってしまいませんか?

 

だったら、若い人をたくさん会社にいれて、人材の流動性を高めていく必要があるのです。サラリーマンは定年退職をしたら、

自分の好きな事をやっていけば良いのです。それが仕事だとして、自分で「仕事が出来る人間だ」と思うのであれば、

会社を作り、むしろ従業員を雇って、雇用を創出する側に回ってみれば良いと思うんですよね。

サラリーマンの定年をただただ遅くしていく事には何の意味もありませんし、年金の受給可能年齢と共に定年退職を遅くしても、

経済が停滞してしまうだけだと思うのです。

関連記事:定年後の仕事はどうする?退職前に考えておくべきこと

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。