ブロガー「水瀬まりも」とは?
旅とあそび

気圧の変化で起こりやすい【気象病】の症状と対策

気圧の変化から起こる気象病というものがあるのをご存知でしょうか?

 

天気の変化により体に不調が現れることを気象病と言います。

 

私自身この気象病に長年悩まされているのですが

これは体質からくるものなのでうまく付き合っていくしかないものなんですね。

 

気象病の症状や、その対策をきちんと学んで

自分の体質とうまく付き合っていきましょう。

 

気象病の症状

 

朝晩の気温差が10度以上ある時、

前日との気圧の差が10ヘクトパスカル以上ある時に気象病の症状は出やすくなると言われています。

 

私の場合は雨が降る前や、雨が降っている時、

台風が来る前後に気象病の症状が出ることが多いです。

 

気象病の主な症状は

  • 頭痛がする
  • 気持ちが悪くなる
  • めまいがする
  • 吐き気がする
  • 体がだるくなる
  • 無気力になる
  • 関節の痛み
  • 肩が凝る
  • ぜんそく

といったものが挙げられます。

 

頭痛は低気圧性頭痛と呼ばれることもありますが

気圧が低くなる時に症状が出る人もいれば、気圧が上がる時に症状が出るという人もいるようです。

 

天気が悪い日が続くと気力がわかなくなって

精神的な病気なのかな、と思う人もいるかもしれませんが、もしかしたらそれは気象病かもしれません。

関連記事:うつ病になりやすい人の特徴とは?ストレスを減らして生きよう。

 

気象病の原因

 

気象病の主な原因は交感神経と副交感神経のバランスがとれなくなることだと言われています。

 

自律神経のバランスは

  • 集中状態を作る交感神経
  • リラックス状態を作る副交感神経

この二つのバランスで保たれています。

 

通常は天気がよければ、日が昇るのと同時に交感神経が働くのですが、

天気が悪いことによってそれがうまく切り替わらず、

 

副交感神経の活動が活発になってしまい、リラックス状態が続いてしまうため、だるい、体が動きにくい、というような気象病の症状が出てくることがあるんですね。

 

こういった交感神経と副交感神経のバランスは

ホルモンバランスの乱れやストレスから崩れることもあります。

 

普段の生活が気象病を引き起こす原因になっていることがあるのです。

 

特に女性の場合はホルモンバランスの変化が大きいので

気象病の症状を訴える方も女性が圧倒的に多いです。

 

また、気圧が低下することによって外気圧が低くなり、

人間の身体そのものにかかってくる圧力も変わってきますから、

そのせいで血管が膨張し、それが偏頭痛の原因になることもあります。

関連記事:「なんか不安」と感じる時の原因

 

気象病の対策

 

気象病の症状が激しい人が試してみるべき対策について書いていきたいと思います。

 

規則正しい生活を送る

 

まずは規則正しい生活を送り、普段の生活からホルモンバランスを整え、

ストレスを溜めすぎないように気をつけましょう。

 

睡眠時間をしっかり確保し、

天気の良い日には、朝起きてから太陽光を浴びる習慣をつけておくと良いです。

 

太陽光にはセロトニンと呼ばれる覚醒ホルモンの分泌を活性化する力があります。

 

セロトニンは睡眠を誘導するホルモンであるメラトニンと相対する性質があり

活動を活発化させる力があるんですね。

 

ちなみに別名幸せホルモンとも呼ばれていて、このセロトニンの分泌が活発な人ほど

幸福感を感じやすいとも言われています。

 

毎朝太陽光を浴びる習慣をつけることは、楽しい気分になるためにも必要なことなのです。

関連記事:睡眠不足はストレスになる。だからこそするべき事。

 

コーヒーやお茶を飲む

 

コーヒーやお茶に含まれているカフェインは血管を収縮させる作用があると言われています。

 

コーヒーやお茶を飲むことによって

頭痛がおさまる場合があるんですね。

 

ただ、これは人によって作用が異なる場合があります。

 

カフェインが体に合わない人もいるので、

まずは試してみて、検討してください。

関連記事:コーヒーを飲んで吐き気を感じる原因と対処法

 

視神系の疲れをとる

 

頭痛やめまいが視神系の疲れからくることもあります。

 

そういう場合は視神系の疲れを取ってあげることが一番です。

 

例えばオフィスであれば目元エステなんかを持っておくと隙間時間に目元を温めて休ませることができるのでおすすめです。

 

また、手軽に使えるマッサージ機としてはドクターエアが一番よかったです。

 

私も実際に使っているのですが、長年悩まされていた肩凝りがかなり楽になったんですね。

関連記事:【目の疲れの解消・予防グッズ】パソコンをよく使う人向け

 

辛い時は休むのが一番

 

気象病の症状が出ている時は横になるのが一番。

 

できればその日はゆっくり自分の体調を整えるために使ってみてください。

 

それが一番気象病の対策になります。

関連記事:「仕事に行きたくないから休む」が出来ない人は危険。

 

気圧の変化を予め把握

 

最後に、気圧の変化をアプリで把握することができる頭痛ーるというアプリがあります。

 

頭痛ーる

 

気圧の変化をある程度予測することができれば

対策もしやすくなると思いますので、気象病の症状に悩まされている人はぜひ活用してみてください。

関連記事:ストレスを感じやすい人の特徴とは?

 

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。
よく読まれている記事