仕事の悩み

【仕事効率化】できる人がやっている方法

仕事がなかなか終わらなくてどうしても自分の時間や家族、友人と過ごす時間がとれない、という人は多いと思います。

 

家に持ち帰ってまで仕事をしている、という人もいるでしょう。

 

もちろん仕事が好きなのであれば問題ないのですが、

それでも自分の時間がないと、大きなストレスになってしまいます。

 

早く仕事を終わらすことができれば、それだけ自分の自由にできる時間が増えますから

仕事を効率化することは、仕事をこなす上でとても重要なことと言えるでしょう。

 

仕事を効率化するために仕事が早い人がやっている方法を、紹介していきたいと思います。

 

「後回し」をやめる

 

仕事の効率化がうまい人は後回しにする、ということをあまりしません。

 

例えば何か仕事をしている途中できた、クライアントからのメールやライン、

こういったものにその場で返信をします。

 

そこからだらだら連絡をとることはしません。

 

ただ、これは「仕事上で必ずあとで返信をしなくていけないもの」に限ります。

 

例えば「今度遊びに行こうよ」というような友達からの誘いのメールなんかはもちろん

その場で返す必要性がありませんから後回しにするのですが

 

仕事上で絶対にやらなくてはいけないこと、それこそクライアントへの返信なんかは絶対に後回しにすることはないんですね。

 

「すぐ終わる」と思っているものほど後回しにしてしまいがちなのですが

これによって仕事を忘れてしまうことが増えますし、

そういったメールの返信なんかは溜まれば溜まるほどあとで面倒になって時間を食うものなのです。

 

仕事を効率化したいのであれば、今すぐにできる小さな仕事を必ず今すぐ終わらせるように心がけましょう。

関連記事:仕事が早い人に共通する9つの特徴とは?

 

締め切りから考える

 

仕事の効率化を考える上では仕事の優先順位をつけることもとても重要です。

 

先ほど「小さな仕事は後回しにしない」という話をしましたが

これはあくまで仕事に多少の余裕がある時です。

 

締め切りが迫っているものがあるのなら、締め切りが迫ってくる順に仕事を片付けていくようにしましょう。

 

どうしても人間は「楽にできそうな仕事」から手をつけがちで

締め切りが近いものでなくても楽に終わってしまいそうな仕事からやろうとしてしまうものなのです。

 

大きな仕事、やりにくい仕事でも、締め切りが近いものから手をつけるようにすると

効率的に仕事をこなしていくことができるようになります。

関連記事:人生が虚しいと感じている人に伝えたい3つの事。

 

仕事カレンダーを作る

 

仕事用のカレンダーをクラウド上で一つ作るといいと思います。

 

Googleカレンダーなんかはアカウントを複数持つのも簡単ですし、

私用のカレンダーと仕事用のカレンダーを共有することもできます。

 

もちろんそれを他人と共有することもできますし、

どの日程までにどの仕事を終わらせればいいのか、ということが可視化されることによって

 

優先順位をつけやすくなりますから仕事の効率化をすることができます。

関連記事:仕事の優先順位のつけ方。これができればデキる人になれる!

 

食事は腹八分目にする

 

仕事を効率化したいのであれば、食事を腹八分目で抑える、ということはとても重要なことです。

 

たくさん食べてしまうと消化をするために血が胃の方へ行ってしまうので必ず眠くなってしまいますし

それによって頭も回らなくなってしまうんですね。

 

空腹時の方が頭は冴えているものです。

 

お昼ご飯をお腹いっぱい食べる、なんていうことはしないように心がけましょう。

関連記事:腹八分目で抑えるメリットについて書いていこうと思う。

 

時間を区切る

 

一日8時間働くとして、

ただただ8時間働く、という意識ではなく

 

50分働いて10分休憩を8セット、

というように時間を区切っていくことによって仕事の効率化をすることができます。

 

測り方は人それぞれなので自分に合う測り方をするといいと思うんですが、

私は逆に「この仕事を何分くらいの目安で終わらせる」という意識をもってストップウォッチを使っているんですね。

 

これによってかなり仕事を効率化することができるようになりました。

 

だらだらと仕事をするのではなく、時間で目標を作って仕事をするのが

効率的に働く方法なのです。

関連記事:精神的に楽な仕事を選ぶべきだと思う。

 

睡眠の質をあげる

 

仕事のパフォーマンスを上げるために睡眠の質を上げることはとても重要なことです。

 

多くの人が仕事をこなすために

夜遅くまで働こうとするのですが、その悪循環を勇気を持って一度断ち、

 

一日だけものすごく早く寝るようにしてください。

 

ゴールデンタイムと言われる22時〜26時の間にすでに眠りについていることが理想です。

 

これを行うことで朝起きた時のすっきり度がずいぶん変わってくるんですね。

 

早く寝て、早く起きて仕事をする。

これだけでずいぶん仕事を効率化することができます。

 

平日はたくさん働いて、土日はゆっくり眠る、というのもよくありません。

 

生活リズムが一週間単位でガラリと変わっていることになりますからそれも体にとっては負担になります。

関連記事:睡眠不足はストレスになる。だからこそするべき事。

 

時間対効果で物を考える

 

仕事を効率化する方法について紹介してみましたがいかがだったでしょうか?

 

効率的に仕事をするためには

時間対効果で物を考えることが大切です。

 

この時間に何ができるだろうか、

この時間は無駄になっていないか、常に考えることが大切なのです。

 

夜家で記憶に残らないテレビをだらだらと見る時間をなくし、

その時間を睡眠に当てるようにしてみてください。

 

自分にとって一番有益な時間の過ごし方を考えましょう。

関連記事:転職したいけど、時間がないという人はどうすれば良いのか?

 

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。