恋愛と私

社長と結婚したいと思うことは間違ってる

ハイスペック婚活、という言葉があるほど、

世の中には「社長と結婚したい」「高学歴、高収入な男性と結婚したい」と思っている女性が多いです。

 

私の周りでも、男性を見極める基準として「仕事は何をしているのか」「安定した収入はあるのか」ということを挙げている女性は多いです。

女性同士で集まって、彼氏の話なんかをすると、「何の仕事をしている人なの?」という会話にもなりますからね。見定め大会が始まるのよ。品評会。

港区女子みたいですよね。

 

しかし、「社長と結婚したい」というような気持ちを持って結婚をする人は、かなりの確率で結婚を失敗します。

 

経営者は家庭がうまくいっていない人や、独身貴族も多いですからね。社会的に成功する人が、必ずしも家庭的にも成功しているとは限らないのです。

 

これは世間的にイメージされている「社長」というものと、

実際の社長、というものにかなり大きなギャップがあるからなのではないかな、と私は思っています。

 

リアルな社長の話とともに、「社長と結婚したい」と思うことがいかに間違っていることなのか、ということを書いていきたいと思います。

経営者と実際に付き合っている私が感じていることと共に書いていくよ。話せる範囲で。

 

社長は金持ちではない

 

世の中の人は社長はみんなお金を持っている、と思っているんですが、

そもそもこれがまず間違いなんですね。

 

今は起業するのもそこまでお金がかからなくなっていますし、

IT化が進んで、ネット上でもビジネスを少額の初期投資で始められるようになっていますから

 

言ってしまえば、誰でも社長になれる時代になってきていると思います。

 

数十万円あれば会社登記することができますし、合同会社なんて株式会社の登記費用より安い。10万円ちょっとで会社を作ることができる時代なんです。

うまく書類を作ってプレゼンをすれば、銀行や国庫からお金を借りることもできるようになっています。

 

つまり、社長をしている人がみんなお金持ちか、というとそうではないんですね。

 

多くの人が社長と結婚すれば、働くこともなく悠々自適な生活が送れると思っているようですが、湾岸エリアのタワマンに住んでいたり、六本木ヒルズに住んでいるのは一部の人。

社長でも、いろいろなところから借金をして、それを運用して新しい事業を成功させようと頑張っている人もいます。

誰もが銀座の久兵衛で食事をしているわけではないのです。社長と結婚したい、と思って行動に移しても、現実はもっと大変なんじゃないかな、って思います。

 

それに、本当にお金持ちの人は、実はあまり豪勢な生活をしているわけではありません。

 

最近格安携帯が流行っていますが、

収入が多い人の方が格安携帯を使っている割合が多い、というデータもあるくらいです。

 

お金持ちは、お金の使いどころを考えることができるからこそお金持ちなのです。

 

社長と結婚しても、いくらでも使えるクレジットカードをプレゼントしてもらえるわけではないんですよ。

関連記事:社長だから金持ち?そんな事ないんですよ。

 

安定した生活は期待できない

 

社長と結婚すればずっと安定した生活を送ることができる、と思っている女性が多いですが、

社長と結婚した方が安定した生活は送れないと思った方が良いです。荒波の中で生きていくしかないんです。

 

時代も変わってきていて、1つの事業がヒットすれば昔はその企業は100年は安定して事業を継続することができると言われていました。

 

しかし、今は一つの事業がヒットしても、その事業だけで経営を成り立たせることができるのはほんの20年だと言われています。

短いですよね。事業モデルの寿命が短い。

そういえばさ、Googleとかもできたのは1998年で、意外と昔じゃないんですよね……。

 

つまり、20年経ったらすでに新しい事業で成功していないと、会社は傾いていく、ということです。

 

インターネットの普及によって、今まで解決できなかった問題が急速に解決されつつあります。

人間がやるべき仕事の範囲はこれからどんどん減っていくでしょう。

 

そんな中で、事業を展開していく、ということはとても難しいことなのです。

だからこそ、社長と結婚しても、生活が安定するとは言えません。

 

大手のデパートがどんどん閉店していく世の中です。三越伊勢丹も、

  • 伊勢丹相模原店
  • 伊勢丹府中店
  • 新潟三越

が閉店することになりましたよね。

事業が常に安定している社長の方が少ないでしょう。女性が社長に求める「理想の生活」みたいなものが現実になる可能性は低いんじゃないかな、と思います。

港区に住んで、週末は高級フレンチ。月に1度は家族でエステ。そんな生活をしている人ばかりではないし、していたとしても、

永遠に続く生活ではないのです。

関連記事:ロボットに仕事を奪われる日が迫っている中、これからの仕事とは?

 

社長は精神的にも大変

 

社長というのはどうしても仕事の中で孤立しやすいポジションです。

 

社長だからこそ、周りは言えないということもありますし、

逆に、社長が一人で考えなくてはいけないこともありますよね。

 

どうしても孤独を感じてしまうことってあるんですね。

 

周りはみんなお給料を貰ってサラリーマンとして働いているわけですが

社長は常に事業を拡大していく、売り上げを伸ばすためにどうしたらいいのか、ということを考えています。

 

それだけでもかなり考え方の違いが出てきますからね。社長と結婚したい、と思うなら、それなりに社長である彼をサポートする必要があります。

それは精神的なサポートもさることながら、場合によって、経理を任されることもあると思いますよ。

特にベンチャー企業やスタートアップなどの中小企業では、奥さんが経理を担当している場合が多いのです。

関連記事:経営者は悩みが尽きないものです。

 

結婚で求めるもの

 

社長と結婚したい、と思っている人は

安定した生活や、お金がたくさんある生活をしていきたいと思っているのだと思います。

 

しかし、安定した生活、お金がたくあんある生活というのを他人に依存するのであれば

それは幻です。

 

時代が急速に変化している今、

社長がいつ没落していくか、ということは予測することができません。

 

社長と結婚する理由がお金なのであれば、

その社長と結婚してもし社長の事業がうまくいかなくなったら、離婚をすることになってしまいます。

 

「別に離婚しても良いよ」ということであれば、もちろん構いませんが、

幸せな結婚がしたいと思うなら、相手がどんな状況に陥っても一緒にいたいと思えるような相手と結婚をした方が良いでしょう。

 

決して「社長だから」という理由で結婚してはいけません。でも、社長にはお金持ちではなくとも、魅力的な人はたくさんいるのは事実なんですけどね。

からね。やっぱり魅力的だったりはしますよね。

 

どうしても相手に求める条件が多いなら、その条件でどれくらい結婚することができる可能性があるのか、ということを一度結婚チャンステストで調べてみてもいいかもしれません。

関連記事:自分が結婚できる確率を知りたいなら

 

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。