転職

定年後の仕事はどうする?退職前に考えておくべきこと

中小企業だけでなく、大企業も今や終身雇用を支えるのが難しい時代になってきています。

 

一つの事業で企業が100年保つと言われていた時代は終わり、

一つの事業で企業が保つのは20年と言われるようになってきました。

 

つまり、常に新しいことに挑戦し続け、成功を收め続けていけるような企業じゃないと

長く事業を続けるのは難しくなってきているということなのです。

 

これがどういうことか。

 

デジタル化やロボットの台頭によって世の中が加速度的に変化している、ということなのです。

 

定年後に仕事をしないと人生が立ち行かなくなる、という風に感じている人も多いのではないでしょうか。

 

1960年代には100歳越えのおじいちゃんおばあちゃんが100人ほどしかいなかったのに、

2017年現在では100歳越えのおじいちゃんおばあちゃんはすでに6万人を越えているんです。

 

2050年には100歳越えの人が100万人を越すと言われています。

 

医療分野も日々目まぐるしく進歩していますから、もしかしたらもう人に殺されない限り死なない、という世界がやってくるかもしれません。

 

なのに定年退職はやってくるわけです。

 

このままでは年金も受け取ることができるかどうかわかりません。

そんな中で、定年後の仕事をきちんと考えて行く必要があるのではないでしょうか。

 

定年後は固定収入がなくなる

 

年金がきちんと受給できるのかどうか、というこのは少子高齢社会が進む日本では

怪しいところになってきていますよね。

 

つまり、定年後は安定した固定収入を毎月得ることはできない、と考えた方が良いでしょう。

 

例えば現状のまま年金を受給することができたとしても、一人の人が毎月もらえる年金額は

国民年金の平均受給額が5.5万円、厚生年金の平均受給額が14.7万円です。

 

つまり年金をもらえるとしても40年年金を納め続けて毎月20万円程度ということですね。

 

40年サラリーマンを続けていた人は年収もそれなりになっているでしょうから

そこから急に月々の収入が20万円になる、というのはなかなかに大変な事だと思います。

 

だからこそ、定年後は年金以外で、毎月固定収入を得ることができるような手段を確保しておく必要があると思うんです。

関連記事:投資したいという人は何をすれば良いのか?

 

固定収入になるものを探す

 

定年後に固定収入がなくなる、という前提で考えた時に

やはり毎月安定した収入を得ることができる手段を考えることが大切です。

 

それは投資でも良いでしょうし、

新しい事業、仕事を初めてみるのも良いでしょう。

 

しかし、定年後ということはそれなりに体力や気力も落ちているという問題もあります。

 

定年後の仕事を考える上で大切なことは

今までの仕事の選び方と違う基準で仕事を選ばなくてはいけない、ということです。

 

定年後、つまりある程度自分が体力的に衰えていてもできる仕事は

  • 場所に縛られない仕事
  • 時間に縛られない仕事
  • 楽しくできる仕事

この3つの基準で探すと良いのではないかと思います。

 

ただ、こういった基準で仕事を探すとなるとなかなか仕事を見つけることができない、という人も多いでしょう。

 

この3つの中で時間と場所に縛られない、という2つの条件を満たしている仕事は

インターネット上で行う仕事です。

 

今の義務教育ではプログラミングの授業が取り入れられ始めており、

将来的には若い世代のほとんどがプログラミングができることが当たり前になっている世の中がくるでしょう。

 

これは今の時代の流れを見ていれば必然的にやってくるとわかることです。

 

そして好きなことがなんだったとしても

とにかくインターネットを扱うスキルがそれなりにあれば、なんでも好きなことを仕事に変えることができると思うんですね。

 

プログラミングができれば新しいウェブサービスを作ることだってできますし、

実際に80代のおばあちゃんが定年後の楽しみの一つとしてプログラミングを始めて

新しいサービスをリリースするような時代になってきているんです。

 

もし定年後の仕事をどうしようか、と悩んでいるなら

まずはテックアカデミー などでプログラミングを学び始めるところから始めると良いと思います。

 

私もプログラミングに対して最初は苦手意識がありました。

 

それはネットに詳しい人がやるもの、

頭が良い人がやるもの、というイメージです。

 

しかし始めてみるとプログラミングとはゲーム感覚でできるようなもので

しかも扱えるようになると「あったらいいな」を形にすることができる、素晴らしいツールなのです。

 

プログラミングスキルがあればゼロからイチを生み出すことができるだけでなく、

定年後もそのスキルで再就職ができるでしょう。

 

特に日本はまだまだエンジニアが不足していますから、

プログラミングスキルさえあれば食べていくのに困らないと思います。

関連記事:プログラミング初心者がやるべき事

 

 

定年後に楽しい人生が待っている、と思えない、不安を感じる、という人は

今から動き出すことをおすすめします。

 

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。