私の仕事論

転職がめんどくさいと思っている人って結構いると思う。

転職をしたいと思っている人ってたくさんいると思うのですが、実際に転職をする人もいれば、しない人だってたくさんいると思うんですよね。

 

そういう人はなぜしないのか?というと、1つには転職そのものがめんどくさいという事があると思うのです。

 

実際、それを怠惰だと思う人もいるかもしれませんが、転職がめんどくさいという人の気持ちもわかるんですよね。

 

今回はそんな事について書いていきたいと思います。

新しい職場での人間関係

 

転職をするという事は、転職をした後に、また1から会社内での人間関係を構築していくという事なんですよね。

 

ある程度会社に所属していると、その会社内での立ち位置だって明確になってきますし、ある程度は会社に行く事が楽になってくると思うんですよね。

 

しかし、これが転職をするとなると、新しく人間関係を再構築していかなければいけないため、めんどくさいと思ってしまう人だって実際いると思う。

長くいる会社だと、「ねえ、今日ランチしない?」と言わなくても、一緒に昼を食べてくれるメンバーも決まっているし、相談する時には決まった上司がいたりする。

 

だから、新しい職場で新しく人間関係を構築していく事って結構面倒な事なんですよね。新しい職場に行く時には「どんな奴がくるんだ?」と相手も身構えています。

変な人がきたら怖いからね。そりゃ警戒するよ。

 

だからこそ、最初は溶け込む事が難しいと思いますし、出社するだけでも疲れるわけよ。こういった事を考えるとどうしても転職がめんどくさいと思ってしまう人が多いんですよね。

 

これは仕方のない事だと言えばその通りなのですが、コミュニケーションが苦手な人とかだとここが壁になったりするんですよね。

 

ただ、実際には数ヶ月もすると慣れてくると思うので、そこまで考え込む事でもないと思うんですよね。

 

仕事で絡んで行く事も多いと思いますし、別に仲良くやっていこう!と思わなくても自然と溶け込んでいくものです。

 

そこまで考える必要はないと思いますし、今の職場に何ならかの不安があるのであれば、転職をしても良いと思うのです。

関連記事:仕事を変えたい人が当たり前に転職する時代。

 

上司に言うのがめんどくさい

 

転職をする時には、上司に言わなければいけないんですよね。これが、なかなかに面倒なんですよ。

簡単に承諾してくれるようなところであれば良いのですが、

 

中には、「今辞めてもらっちゃ困るよ。」と言ってくる人だっているのです。しかし、そうなってきてしまうと、転職する事自体がめんどくさいものだと思ってしまうんですよね。

法律的には「辞めたい」と言った日から2週間で辞めることができる。でも、それを上司が許さないこともあるんですよね……。

 

上司に言ったら、怒ってくる人だっていると思いますし、それなりに疲れる事だと思うんですよね。

お前がいま辞めたらどうすれば良いんだ?え?責任取りなよ」みたいなことを言ってくるかもしれない……。

ただ、これに関しても、

 

「今辞めてもらっちゃ困る」なんて事はそもそも会社の構造が悪かったのだと思いますし、別に皆さんのせいではないと思うんですよね。

全く関係ないわけよ。もう辞める職場の話だしね……。多少自己中になっても良い部分だと思うよ。

 

会社が「誰が辞めても良い仕組み」というものを作っていなかったからこそ、退職者が出る時に困ってしまうものなのです。

そういう仕組みを作るのが私を含めた「経営者」の責任だったりする。

 

だからさ、別に気にする事はないのよ。転職をする時にめんどくさいと思ってしまう原因としては上司に言うという側面があると思うんですよね。

 

しかし、辞めた後の事を考える必要なんてないと思いますし、言ってしまったら言ってしまったで、楽になると思うんですよね。

本当に上司に言うのが怖くて、転職がめんどくさいと思うのであれば、メールで退職について伝えても良いわけです。

 

社会的にはあまり良い事だと思われていないかもしれませんが、そんな事ないと思うんですよね。転職がめんどくさいと思ってしまい、

 

今の環境に居続けざるを得ないのであれば、どんな辞め方をしても良いのです。自分の人生なのですから。

関連記事:向いてる仕事を診断した上で転職をする大切さ

 

どこの企業に転職するべきかわからない

 

転職をするという事は転職先について考える必要があるんですよね。どこの企業が良いのか?

 

どこの企業であれば、自分のやりたい事が出来るのか?という事を転職においてはきちんと考える必要があると思っているのです。

 

しかしながら、転職先の企業を調べるといっても、どうやって調べてどんな基準で調べれば良いのか?という事がわからない人だってたくさんいると思うんですよね。

 

そして、そうなってしまうと、転職そのものがめんどくさいと思ってしまう事だってあると思う。

 

転職先がブラック企業だったら転職をした意味がないと思う人だっていると思いますし、待遇や社風だって良いところが良いと思うんですよね。

 

ただ、こういった事が転職においてめんどくさいと思うのであれば、キャリコネ とかを使って企業の口コミを見れば良いと思うんですよね。

今はこういったサービスがあるので、こういったところを基準にする事によって、転職がめんどくさいと思う事ってなくなってくると思っているのです。

 

また、今って本当に転職がめんどくさいと思うのであれば、リクルートエージェント等のエージェント式の転職サービスであれば、

 

エージェントと共に転職をする事だって出来るので、こういったものを使ってみても良いと思うんですよね。

関連記事:私がリクルートエージェントをおすすめする理由。

 

転職は若い時の方が得である

 

転職がめんどくさいと思っているのかもしれませんが、個人的な意見としては「若い時」に転職をした方が得だと思うんですよね。

若い時の方が応募する事の出来る求人が多いわけです。企業側も「年齢が高い人」よりも「若くてフレッシュな人」を求めているのです。

 

転職がめんどくさいという人はたくさんいると思いますが、転職がめんどくさいと思っている間に「あれ?もうこんな年齢になったのか?」と思ってしまうのです。

今は「一生この企業に勤め上げる」という形から「働きやすい場所で働く」という流れになってきています。

 

だからこそ、転職は思い立った時にするべきなのです。

先ほど紹介させていただいた「リクルートエージェント」等のようなエージェントを使ってみても良いと思いますが、

「転職はめんどくさいし、どんな仕事が合っているのかわからない」という人ならば、リクナビネクストのグッドポイント診断で、

「自分の仕事上の性格」を診断してみても良いですしね。

 

私の場合は、「独創性・挑戦心」みたいな項目が当てはまったかと思います。

 

転職がめんどくさい気持ちはわかりますが、若い時に「自分の進む道」を少しは考えた方が良いものだと思うんですよね。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

 

嫁ブロックもあります

 

転職がめんどくさい原因として「嫁ブロック」もあると思うんですよね。結婚している場合、奥さんが転職を阻止してくる場合もあります。

そうなってくると、必然的に転職する事自体がめんどくさいと思ってしまう事だってあると思うのです。

 

嫁ブロックをされる男性って実は多いと思っていますし、仕方のない事でもあると思うんですよね。転職は誰もが成功するものではありませんし、

 

中には転職に失敗してしまったり、前よりも年収が下がる事だってありますよね。奥さんのライフプランと旦那さんのライフプランの相違から、

離婚に発展してしまうケースもあるので、

転職がめんどくさいと思ってしまうのは当然の事でもあるのです。

 

奥さんを説得するだけの材料がない時だってあります。転職が成功するのか?なんて誰にもわからない事ですからね。

成功確率を上げる方法はありますが、それでも最後は自分次第になってくるので、不安な気持ちはどうしても残ってしまうものだと思うのです。

 

ただ、若い時に転職をしないと、嫁ブロックは今後さらに強くなってくると思うのです。40歳とか50歳とかで転職をするのであれば、

もっと若い時にしておいた方が良いのですよ。

関連記事:転職に踏み切るタイミングはいつが正しいの?

 

転職に「好ましいタイミング」はない

 

転職がめんどくさいと思う理由の1つとして「担当している仕事が終わらないから」というものがあると思います。

でも、転職には好ましいタイミングなんてないと思うんですよね。

いつだって、サラリーマンとして働いている限りは「担当している仕事」があるのです。だからこそ、「この仕事が一段落した時に転職をしよう」という事が現実になる事はないものなんですよ。

転職をするとなると、「担当している仕事」を他の人に引き継ぐ必要がありますし、その仕事も簡単には教える事が出来ない場合だってありますよ。

しかし、転職に好ましいタイミングというものは存在しないものですし、そう言っている間に年齢だけが高くなってしまい、

結果として転職をする事が出来なくなってしまうのです。

転職がめんどくさいと思っている時が華なんですよ。転職がめんどくさいと思う時が、実は最後の転職チャンスかもしれないのです。

 

転職がめんどくさいと思っている時に、決断してしまった方が良いのです。

関連記事:向いてる仕事を診断した上で転職をする大切さ

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。