投資家のお金論

金持ちが意外と質素な生活をしている理由。

皆さんはお金持ちに対してどのような印象を持っていますか?軽井沢に別荘を持っていたり、夜はいつjも高級レストランで外食をしているイメージを持っていませんか?

 

そういったイメージを持っている人って実際に多いと思うんですよね。しかしながら、金持ちの生活って意外と質素な事も多いんですよね。

 

皆さんが想像するような世界ではなく、意外と質素な生活をしている人が金持ちには多いと思うのです。

 

そこで、今回は金持ちの生活が意外と質素である理由について書いていこうと思います。

 

投資に回した方が良いとわかっているから

 

これはあると思うんですよね。金持ちの生活が質素になる理由にはこうした理由があると思っているのです。

 

金持ちだとお金をたくさん使って、豪遊しているというイメージを持っていると思いますが、実際にはそんな事ない人の方が多いんですよね。

 

消費をするという事はお金がなくなる事なんですよね。例えば、投資用の物件を買うとしたら、そこから家賃というものが発生してくるので、

お金を生む資産になるわけですが、1000万円もかかる時計を買っても、そこからお金が生まれる事はないんですよね。

 

つまり、1000万円がほとんど消えてしまったも同然だと思うのです。1000万円の時計をつけていても、そこからお金が入ってくるわけではありませんよね。

 

だからこそ、金持ちだと言われている人たちはそういった豪華な生活をするのではなく、質素に暮らしているのです。

周りからは豪華に見えないとしても、適切にお金を使っている事ってあるんですよね。例えば、1億円のお金を銀行から借りて投資をしたとします。

利回りが20%の不動産を5年運用します。そうすると、5年後には単純計算で1億円弱のお金が戻ってくるんですよね。

 

1億円のワインを買っても、それはただ消費するだけですが、投資をすると、それが数倍にもなってしまうものなのです。

 

意外と金持ちが質素な暮らしをしていると思うのは実は当然の事でもあると思うんですよね。周りから見たら典型的なお金持ちの使い方をしていないからこそ、

 

金持ちが質素に見えるのです。

関連記事:お金持ちが羨ましいと思うなら努力をすれば良い。

 

 

ある程度贅沢をすると満足する

 

 

これもありましたね。金持ちが質素な暮らしをしている場合でも、昔はそんな感じではなかったという事があるんですよね。

 

昔はお金を稼いで金遣いも荒かったという人ってたくさんいるものなのです。しかしながら、お金ってある程度使ってしまうと、虚無感が出て来てしまうんですよね。

 

贅沢をしたいと思っている人ってたくさんいるものですが、ある程度のお金を持っていると、そういったものって全て叶える事が出来てしまうんですよね。

 

そうなってくると、金持ちはある日、「大切なものはお金ではなかった」という事に気がついてしまうのです。

 

お金があれば、本当に多くのものを買う事が出来るんですよね。人間は月に100万円もあれば、そこから幸福度は上昇しないという説もありますしね。

 

お金を持ち、一度贅沢をしてしまうと、逆にそこからは贅沢というものに対して興味がなくなってしまう事だって多いんですよね。

 

金持ちが質素な暮らしをしている背景にはこういった事も実際にはあるのです。

 

贅沢な暮らしをしても、結果的に大切なものってお金ではありませんよね。いくら贅沢をしてもそこには正解がないのです。

 

質素な暮らしをして、周りにいるたくさんの人と関わっていく人生の方が楽しいと思うのです。

関連記事:転職でベンチャー企業に行くという選択肢。

 

質素な暮らしの方が楽しかったりもする

 

私は自分のことを「大金持ち」だとは思っていないけれど、不自由しないくらいのお金はあるんですよ。

でもね、だからといって物凄く贅沢をしているわけではありません。まあ、動画の企画とかブログに書くためだったらしますけど。笑

うん。基本的には質素な暮らしをしているんですよ。例えば、ペットボトルだってほとんど買わずに、家から水筒を持っていって、それを飲んでいるしね。

 

お昼だって外食は多いけれど、できるだけ安いものを選んだりとか。何でもかんでも豪華なものにしてみるのも良いのかもしれない。でも、質素な暮らしって何だか人間的で楽しいんですよ。

 

昔はさ、人間なんて「必要以上の栄養」は摂取しなかったわけですよ。だから、今の状態がおかしい。何でもかんでも食べて、フルコースなんか食べちゃって。笑

 

質素な暮らしの方が人間本来の性格的には正しいのですよ。

テレビはお金持ちの人を映して、「こんなに豪華な暮らししています!」という報道をするのだけど、ウォーレンバフェットはどうだろう?

若い頃に買ったオマハの一軒家にずっと住んでいるじゃないですか。笑

実はそんなものなんですよ。贅沢に幸せはないというかね。良い車を買って、豪邸に住んで、綺麗な女性を隣に座らせて、毎晩楽しむ。

 

そんなものに人間の幸せがあるとしたら、それは人間自体がとても不幸な存在である、ということを指し示しているかのよう。

意外とね、質素な暮らしというものが楽しいのよ。お金をいくら使っても良いなら、割引されているトマトやタイムセールのキャベツを買っても嬉しくないでしょ?

でも、質素な暮らしをしていると、そういう小さな喜びも同時に得ることができる。逆にね、幸せなのよ。

関連記事:不動産投資で生活するなんてできるの?という疑問に現役投資家が答える。

 

周りからの嫉妬

 

 

これもあると思うんですよね。金持ちがいかにもお金を持っていそうな感じで生活をしていると、悲しい事に妬む人がいるんですよね。

 

「自分はこんなにも頑張っているのに、なんで金持ちになれないんだ?あいつはずるい」となってしまう人がいるんですよね。

 

そうなってくると、お金を求めて集まってくる人も多くなってきますし、実際それで破綻してしまう人だってたくさんいるんですよね。

 

宝くじが当たっても、知り合いにお金を貸して、ほとんどお金がなくなってしまったという人がいるのも事実だと思いますし、

危ない事だと思うのです。それであれば、金持ちだったとしても質素な暮らしをしていた方が豊かに生活をする事が出来る場合だってあるんですよね。

 

豊かに生活をする事が出来れば、それが一番幸せだと思う人だってたくさんいるのです。

 

お金を持っているがために、お金をせびられ、金銭目的の人ばかりが集まってきたらこれは危険な事ですよね。

 

だからこそ、金持ちは質素な生活をしているという現実もあるのです。

関連記事:債券のETFは年齢が高い人ほど活用した方が良い。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。