ブロガー「水瀬まりも」とは?
コラム

車の匂いが臭いのは女性受け最悪!その解決策とは

車の匂いが気になる、という人は結構多いのではないかと思います。

 

男性の場合はそうでもないかもしれませんが、

女性からすると車の中の匂いが臭い男性とは車でのデートは絶対にしたくないものです。

 

というのも、匂いが臭くてさらに乗り物だと

その匂いのせいで乗り物酔いのような気分が悪くなってしまうことってあるんですね。

 

男性は普段から自分の車に頻繁に乗っているからわからないかもしれませんが、

男性とのドライブデートで車の匂いが臭かったらまず幻滅します。

 

女性は匂いで恋をする

 

ドライブデートを控えている男性に理解しておいて欲しいことは

「女性は匂いで恋をする」ということです。

 

匂いというのは実は記憶と密接な繋がりがあって、

例えば懐かしい匂いを感じた時にその匂いとともに昔の記憶が蘇ってくる、

なんていう体験をしたことがみなさんも一度はあると思うんですね。

 

これは記憶と感情を処理する脳の海馬という部位に、嗅覚情報を処理する扁桃体という部位が繋がっているからなんです。

 

良い匂いを嗅いだ時に良い気分になる、というのは嗅覚と感情でこれがセットになって記憶として残る、ということですね。

 

つまり良い匂いというだけでプラスの感情に、

逆に嫌な匂いがするとマイナスの感情になってしまう、ということです。

 

だからこそ、車の匂いを良い匂いに保っておくことが重要なのです。

 

成功させたいドライブデートが控えている人は車の中の匂いをとにかく良い匂いにする努力をしましょう。

関連記事:いい匂いの人は本能的に好きな人。

 

車の臭い匂い対策グッズ

 

ここからは簡単に車の中の臭い匂いを除去することができるおすすめグッズを紹介します。

 

車載用プラズマクラスター

 

何と言ってもプラズマクラスターは最強です。

 

これはカップホルダータイプになっているので、

飲み物を置いているカップホルダーのところにさすだけ。

 

短時間で嫌な匂いの元を除去してくれるので、彼女を迎えにいく時につけておけば

彼女と会うくらいには嫌な匂いが消えているでしょう。

 

吸塵効果もあり、花粉も一緒に吸ってくれるので、花粉に悩まされている人にもおすすめです。

 

見た目もすっきりしていてデザイン性も高いので、置いていても気にならない見た目ですよね。

 

女性から見ても、「きちんと気を使っているんだな」と映ると思うので

好印象間違いなしです。

関連記事:匂いひとつで印象は変わる

 

バイオの力で臭いを分解

 

こちらは主にカビ臭さや古い車独特の匂いに聞いてくれる消臭剤です。

 

見た目が可愛いので車内の足元なんかに置いておいても気にならないですね。

ただ、タバコを吸われる方は、あまり効果が実感できないかもしれません。

 

あくまでカビ臭さ用という感じですかね。

 

無香タイプなので、変に芳香剤の匂いと車の匂いが混ざったりもしないので良いです。

 

よく消臭スプレーを車の中に噴きかける人がいますが、

芳香剤の匂いが強すぎると、車の中の匂いと混ざって逆に気持ち悪い匂いになるんですよね。

関連記事:婚活で女性が見ている結婚相手の条件とは

 

光触媒で消臭長持ち

 

光触媒という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

耳慣れない言葉だと思いますが、光触媒スプレーは光に反応して有害物質を炭酸ガスと水に酸化分解・消臭、

菌やウイルスを抑制します。

 

有害な物質を人体に影響がない物質になるまで分解することができる、というものですね。

 

光に反応して効果が出てくるので、普通の消臭剤に比べると即効性はないのですが、

消臭力が長持ちします。

 

特に新車を買った時なんかに、最初に噴霧しておくと良いかと思います。

 

普通は初秋剤というのは嫌な匂いを除去するのに使うものですが、

 

光触媒スプレーは匂いを除去するだけでなく、有害物質を分解する効果があるので、

ウイルスの活動を抑制したり、除菌効果があるんですね。

 

消臭できて、除菌効果も持続するというのはとても良いと思います。

関連記事:清潔感のある人は何が違うのか?

 

男性は匂いにもっと気を使うべき

 

ということで今回は車の匂いについて嗅いてみました。

 

男性はもっともっと車の匂いには気を使うべきだと思います。

 

自分が普段嗅いでいる匂いというのはなかなか気づかないものですが、女性は匂いには敏感なので

車の匂いで悪い印象を持たれてしまうこともあると思いますよ。

関連記事:デートで気づいて欲しい女性の脈なしサイン

 

 

では今日はこのあたりで。

よく読まれている記事
関連記事だよ