起業と経営

プライベートカンパニーを持つメリットについて。

プライベートカンパニーを持ちたい人って実はたくさんいると思うんですよね。実際に私の知り合いでもプライベートカンパニーを持っている人ってたくさんいますし、

企業の社長さんとかでも、もう1つ別にプライベートカンパニーを持っているという人っているんですよね。

まりも

ちなみに私もひっそりとプライベートカンパニーを持っていたりしますw

まあ、そんなそこらへんの経営者みたいに……ドンチャン騒ぎはしてないけどね……。もう地味にひっそり。笑

私はパーティとか騒ぐのとか苦手だったりするw

これまではプライベートカンパニーを持つ事を考える事って難しかったと思います。1000万円の資本金がそもそも必要でしたからね。

ただ、これもなくなった今、プライベートカンパニーを持つ人が増え、実際にそのメリットを享受する人も増えてきたように思うのです。

そこで今回はプライベートカンパニーを持つ事のメリットについて書いていきたいと思います。

経費で買えるものが多くなる

これはあると思うんですよね。サラリーマンとして働いていても、副業をしている人ってたくさんいるものですし、そういった人がプライベートカンパニーを持つ事を考える事って多いと思うんでしょね。

では、なぜプライベートカンパニーを作るのか?というと、これって経費として計上できるものが増えるからだと思うのです。

生活費って普通に生活していれば、かかるものですよね。その中でも大きなものが食事代だと思うのですが、こういったものも役員との食事や取引先との食事であれば、

経費として計上する事が出来るんですよね。

まりも

もちろん役員同士の会議である必要はあるけどね???

プライベートカンパニーとして法人を持っていると、ある程度の経費というものはそもそも認められているのです。

また、車とかもありますよね。プライベートカンパニーを持っているという事はそれなりに何か事業を持っているからだと思うのですが、

ビジネスをする上では車というものが必要になってくる事があるんですよね。そんな時にプライベートカンパニーを持っていれば、

会社の資産として車を買う事が出来るのです。ある程度小さな金額だと一括で損金に算入する事も出来ますし、

収入の圧縮になるんですよね。

まりも

と言ったものの、私は車とか全然興味なくて買わないんですけどねぇw

車の経年劣化分の計算である減価償却費というものを計上する事が出来るので、

経費として計上し、節税をする事が出来るのです。このように、プライベートカンパニーを持っていると、様々なシーンで会社として買う事が出来るようになるんですよね。

これってとても大きなものだと思いますし、多額の税金を払いたくないと思っているのであれば、プライベートカンパニーを作ってしまっても良いと思うのです。

日常の様々なものを経費として計上出来るという事は節税にもなるのです。結果的にはプライベートカンパニーを思っていない人よりも安く車を買った時と同じような状況になると思うのです。

関連記事:不動産投資をする時には、節税が大切。

訴訟問題が起きた時に安心

これもあると思うんですよね。何かビジネスをしていると、絶対に問題というものが出てくるわけなんですよね。

例えば、2chという掲示板を作ったひろゆきさんは、何件も訴訟を起こされて、結果的に多額の請求をされていますよね。

しかし、そういった事がプライベートカンパニーで起こったとしても、個人の資産までは責任が及ばないのです。

バリアに守られる個人

これってとても大切なリスクヘッジだと思うんですよね。ビジネスをしていると絶対に何か悪い事は起こるものなんですよね。

そんな時のリスク回避策として、プライベートカンパニーを持つという事が大切だと思うのです。もちろん、借金をしている場合は、社長と借金が紐づいてしまっている事が多いので、

そういった時には有効ではありませんが、

プライベートカンパニーを持っていて、無借金の経営をしているのであれば、

問題はないと思うんですよね。

こういったリスクヘッジ目的でプライベートカンパニーを持っているという人もいるので、何かそういったリスクを含む事業をやっていくのであれば、

プライベートカンパニーを持っていても良いと思うんですよね。連鎖倒産のような状態になってしまう事を避ける必要からプライベートカンパニーを持つという事だってあるのです。

関連記事:経理の人が横領をしてしまう理由。

何かと会社の名前があれば便利

これはあると思うんですよね。サラリーマンの方でもプライベートカンパニーを持っている人がいると思うのですが、これってなぜか?というと、

何かと会社名があった方が楽な事があるからだと思うんですよね。ちょっとした取引でも、会社と個人では信用が違うわけなんですよね。

実質的には小さなプライベートカンパニーだったとしても、相手は会社か?個人か?というところをみるんですよね。

会社の名前があった方が信用されやすいという利点は絶対的にあるのです。また、個人でやっていると、名前や屋号を名刺に書く事になりますが、

プライベートカンパニーを持っていると、会社名を書く事が出来るんですよね。何かのイベントで会った人と名刺交換をする時にも、

会社名を持って自分を宣伝する事が出来るので強いんですよね。

という事で、今回はプライベートカンパニーのメリットについて書いてみました。

関連記事:確定申告サービスfreeeを絶対におすすめする理由。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。