起業と経営

起業するための準備なんて必要ないと思う。

起業しようと思っている人ってたくさんいると思うんですよね。ただ、そういった起業しようとしている人に、

 

「じゃあなんで今やらないの?」と聞いてみると、決まって「今は起業の準備をしているところだから」と言われてしまうんですよね。

 

これって私の周りでもたくさんいるので、きっと世の中にはたくさんいると思うんですよね。しかし、起業する時には準備なんてそこまで必要ないと思うんですよね。

 

起業するための準備をするのであれば、最初から起業してしまった方が早いと思うのでうs。

 

 

起業をしない言い訳はたくさんある

 

 

これは言える事だと思うんですよね。起業するための準備をしている人って何か?というと、これって起業する事が怖いからだと思うんですよね。

 

人間は不確定な要素を嫌うものですよね。つまり、起業して成功するかもわからないのに、起業をする事って実はとても怖い事だと思うのです。

サラリーマンであれば、仕事が出来なくても、給料はもらえるものですし、別にだんだんと実力を上げていけば良いんですよね。

 

しかし、起業をすると、自分の能力に応じた報酬というものが入ってくる事になるので、どうしても心配になってしまう人は多いので、

それが結果的に起業するための準備という言葉になってくると思うのですが、これって正直なところ、言い訳でもあると思うんですよね。

 

起業しないための言い訳って実はたくさんあるんですよね。親が反対しているとか、お金がないとかって理由があると思うのです。

 

こういった理由でいくらでも、作る事が出来ると思うんですよね。起業するための準備ってそもそも何なのか?というと、

 

これも曖昧な場合が多いですし。

 

仮に起業するための準備期間であるならば、今何を何のためにしているのか?という事を考えた方が良いと思うんですよね。

会社に所属する事で起業するためのスキルがつくのであれば、誰もが起業し、成功しているでしょう。しかし、違うわけですよね。

 

起業するための準備のようなものをしても、結果的には意味がないと思いますし、それは言い訳だなと思ってしまうんですよね。

 

そもそも、本当に起業したいと思っていなかったりとか、逆に起業が面倒だと思っているのであれば、サラリーマンとして働いていれば良いわけですしね。

別にそういった選択をする事も悪い事ではないと思うのです。

関連記事:友達と起業すると失敗する理由。

 

 

起業して失敗する事で経験値は上がる

 

 

これは思う事なんですよね。起業するための準備をして、万全な状態で起業をしたいと思っている人っているのですが、

 

どんなに準備をしていても、失敗する人は失敗してしまうものなんですよね。だからこそ、私は逆に失敗をする事によって勉強をしていけば良いと思うのです。

 

起業を一度でも経験するとわかると思いますが、起業をする事によって得られる経験って物凄く大きいんですよね。

 

財務諸表について勉強すると思いますし、どのようにしたら儲かるのか?実際には儲けるのは楽な事業は何なのか?という事がわかるようになってくると思うのです。

 

失敗をした事がないと、机上の空論になってしまい、実践的ではなくなってしまうわけなんですよね。起業するための準備って別に必要なものではありません。

 

お金だって今はクラウドファンディングで集められるようになっていますし、サラリーマンとしての経験を積んだからといって、起業する事が出来るわけではないんですよね。

 

だからこそ、私は一度失敗してみる事が大切だと思うのです。起業するための準備と称して安全地帯にいるのではなく、

 

表舞台に出てきて、しっかりと学ぶべきだと思うのです。サラリーマンとして働いている時の1年間よりも、起業して苦労した1年間の方がきっと後で糧になるはずです。

 

起業をするための準備よりも、起業してみる事の方が大切だと思っているのです。本当に起業したいならですけど。

関連記事:学生の時に起業して失敗しても良いんじゃないかな?と思う。

 

 

若い時に始めた方が良い

 

 

これは思う事なんですよね。起業する準備と言いますが、そういった準備のようなものをしている間に私たちはどんどん年齢を重ねていってしまっているんですよね。

 

20代が1番エネルギッシュでバイタリティがある時なのに、その時間で準備をするのって何かもったいないように思うんですよね。

 

そして、起業の準備をしていると、いつの間にか周りが起業する事に反対してくる年齢になってくると思うのです。

 

有名なのは「嫁ブロック」というものですが、奥さんが旦那さんの起業や転職を阻止しようとするんですよね。

 

普通の生活をしたい奥さんからすると、起業なんてして欲しくないと思っている人が多いと思うんですよね。

 

だからこそ、なるべく若い時に起業して事業を始めた方が良いと思うのです。結婚や出産等の圧力がかからない時に起業して失敗するべきだと思うのです。

 

若い時には起業の準備をするではなく、起業をしてたくさん失敗をして、どこかのタイミングで成功すれば良いのです。

関連記事:起業って大学生には無理なの?そんな事ないと思う。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。