転職

仕事を辞める勇気って必要だと思う。

仕事を辞めたい思っている人ってたくさんいると思いますし、今の仕事に不満を持っている事だって実際にはあると思うんですよね。

 

でも、実際に仕事を辞める勇気が出ないという人も多くいると思うんですよね。確かに、仕事を辞める事って怖いよね。

 

それが普通なのかもしれませんが、仕事を辞める勇気を持つ事だって大切な事だと思う。

実際にサラリーマン生活に終止符を打った私だから書けることがきっとある。そう思って書いてみるよ。

 

仕事を辞めた後に転職出来るか不安

 

これは私の友人が言っていた事でもあるのですが、仕事を辞める勇気が出ない人ってなぜ辞められないのか?というと、

 

次の就職先を見つける事が出来るのか?という事がわからないからだと思うんですよね。

不安で不安で仕方がない。私も最初に退職する時にはとてつもない勇気が必要だった。だって、退職したことなんてないからね。

次の就職先を見つける事が出来るという事が確定していれば、今の職場にいる必要性なんてなくなると思いますし、すぐにでも辞めると思うんですよね。

人間が悩むのって未来がわからないからなんですよ。太陽の光が降り注ぐ鮮やかな世界か、それとも毒々しさを持つ混沌とした世界か。

辞めた後の世界がわからないからこそ、後ずさりしてしまう。

 

仕事を辞める勇気を出したところで、次の仕事が決まらない可能性だってあるし、そうなれば「人生なんて終わったも同然だ」と思ってしまうものだと思う。

でも、今は転職先に困る事なんてあまりないわけなんですよね。売り手市場の今だからこそ、別に気にする必要はないと思うのです。

 

私の友人にも転職した人ってたくさんいるのですが、就職が決まらなかった人っていないんですよね。

医薬品メーカーから某著作権会社に行った人とか、ベンチャーのデザイン会社から積水とかね。

仕事を辞める勇気を持って、飛び出す事が出来れば、転職先に困るという事はないのです。確かに、心配だ、という気持ちはあると思うんですよね。

 

就活をした時の大変さを考えると、「中途半端な気持ちでは転職ができない」と思っている人もたくさんいると思います。

新卒カードみたいなものもあるし、

就活なんて半年以上かけて取り組むものですからね。「うわ、また就活みたいなことをするのか」と嫌気がさす人もいるはず……。

 

ただ、就活よりも転職の方が楽に進んでいるケースって多いんですよね。転職の時には、就活の時よりも競合相手が少ないわけです。何だろうね、この不均衡な感じ。

 

そうなってくると、必然的に転職時の方が就職する事が楽になるんですよね。仕事を辞めた後に転職する事が出来るのか?が不安な気持ちはあるかもしれませんが、

仕事を辞める勇気を持って、行動する事によって、新しい道が開ける事だってあるんですよ。

転職先が見つからないかもしれない、と杞憂しても、仕方ないと思う。ある程度実力のある人なら、転職活動でも困らないと思うよ。

就活の時も内定をもらえたのであれば、大丈夫。

関連記事:置かれた場所で咲きなさい?そんな事してたら鬱病になります。

 

今は人が足りないから辞められない

 

仕事を辞める時には、上司に言う必要があると思いますが、上司に言ったところで、

「今は人が足りない状況なんだから無理だ」と言われてしまう事もあると思うんですよね。しかし、これって実際には私たちには関係のない事だと思うのです。

なんでそんなことを気にしなきゃいけないの?」という感じじゃない?会社の都合じゃないですか、それ。

 

基本的に会社って「誰かが辞めたら回らない」という状態を作る事は良い事ではないんですよね。誰がいなくても、回るような仕組みを作る責務があるのです。

今は経営する立場だから、逆に誰が辞めても良い仕組みを作らないといけないですけどね……。

いま辞めてもらっては困る」と言われても、関係なく辞めてしまえば良い。

仕事を辞める勇気って大切だと思うのです。

知らないよ」と一言だけ返してあげれば良い。

 

辞める会社だからといって、無下に出来ないと思っているかもしれませんが、そうしている間にも皆さんの人生は終わりに近づいているんですよね。

 

だんだんと時間が過ぎ、歳をとってしまっているのです。これって悲しい事だと思うんですよね。辞めたいと思うような仕事で時間を使う必要なんてどこにもないのです。

あなたは24時間以内に死にます」と言われても、いまの会社にいますか?「それでもこの職場で死にたいんだ」と泣いて懇願しますか?

 

人が足りないと言われようが、辞めたいと思ったのであれば、仕事を辞める勇気を持った方が良い。

 

辞める会社の人に何を言われても、別に気にする事なんてないと思いますし、転職する時の影響なんてそこまでない。

 

「会社に気を使うこと」に多くの時間を使い、病んでしまう方が私は良くないと思うのです。

関連記事:メンタルが弱い人がやってみると良い仕事。

 

今日が人生最後の日でも後悔しないのか?

 

これは私が一番大切にしている事なんですよね。私も前職を辞めた事があるので、転職をする事が怖いという気持ちはわかります。

家に帰ってきてから、ボーッと見ているわけでもないのにテレビをつけて、ただただ暗い気持ちになっていた。

死にたい、とは思わないけど、なぜか心がお腹を壊しているような、微妙な感じ。心がぐちゃぐちゃでした。

家族とか恋人とかにも当たっていたのかなあ……。お酒の量とかも増えていました。

限界だったんですよ、きっと。精神的に。

ただ、それでも最初は辞めることができなかったんですよね。仕事を辞める勇気が私みたいな臆病な人間にはなかった。

私は強い人間ではないから、すぐに「辞めます」とは言えなかったのです。そんなメンタルは持ち合わせていなかった。

しかし、もしも今日が人生で最後の日だったらどうだろうか。嫌で嫌で仕方がない仕事をそれでも続けようと思いますか?

ああ、もうすぐ死ぬけど、会社のために頑張ろう」となるかな……。ならんよね。なるとしたら、どこかおかしくなっているよね……。

仕事を辞める勇気が持てないのは、今日という1日の大切さを実感していないからでもあると思うのです。

 

今日が人生で最後の日だと思うのであれば、自分が本当にやりたいと思う仕事をすると思う。

 

仕事を辞める勇気を持ち、自分が本当にやりたい事をやった方が精神衛生的にも良いですし、自分の人生に後悔しない事が多いと思うのです。

私自身が「辞めて良かった」と思っているタイプですからね。

 

仕事を辞める勇気を持つ事によって、人生って全然違うものになってくると思います。怖くても、先がわからなくても、それが人生なのですから。真っ暗でも歩いていくしかないんです。

私もいまは数億円の借金を返しながら、経営者として頑張っています。将来のことなんて何もわからない。

神様から与えられた「いま」という刹那的な時間をひたすらがむしゃらに生きているだけです。

明日も明後日も頑張ろう、と思いながら、走り続けている。

そんな私だって昔はサラリーマンとして疲弊していたのです。不思議だよね。

 

別に細かい事を気にせず、仕事を辞める事もありだと思うよ。今は、転職だって簡単に出来る時代です。

 

リクルートエージェントを使えば、エージェントと共に転職活動をする事が出来ますし、キャリコネを使えば、企業の口コミ情報だってわかるんですよね。

 

一度だけの人生で皆さんは何をしますか?

関連記事:私がリクルートエージェントをおすすめする理由。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。