私の仕事論

仕事があるのに、酒を飲んでしまうのは危険な状態だと思う。

仕事がある時には、基本的にお酒って飲まないものだと思うんですよね。例えば、夜勤であっても、昼から酒を飲むような事って基本的にはしないと思いますし、

朝からの仕事であれば、仕事に行く前に酒を飲んでいくという事はしないと思うんですよね。

 

しかしながら、中には仕事であるにも関わらずお酒を飲んでしまう人もいると思うのです。ただ、これって笑い話にしている人もいますが、

危険な事だと思っているのです。

酒は現実逃避の手段

 

これは言える事だと思うのです。仕事に行く前に酒を飲んでいくという事はこれって現実逃避だと思うんですよね。

 

お酒を過度に摂取する人にも共通して言える事なのですが、そういう人って今の現実が辛いと思っているからこそ、

 

仕事に行く前に酒を飲んでしまうわけなんですよね。自分自身では自分の状況というものってわからないものです。

 

自分がどれだけ辛いのか?という事は実は主観ではわからないと思うのですが、仕事に行く前に酒を飲んでしまう状態であれば、

これはかなりストレスが溜まっている状態だと思っているのです。

 

例えば、私がよく友人の家に泊まっていた頃の話なのですが、朝起きると友人は朝から酒を飲んでいたんですよね。

ウォッカに紅茶を混ぜたものでした……。オシャレなお酒ではあるんですけどね。

 

もちろん、仕事に行く前の時です。おかしいですよね。朝から、しかも仕事の前なんて……。

これって本人は気がついていなかったのかもしれませんが、かなり危険な状態だったと思うんですよね。

 

その後、しばらくして会社を休むようになりましたし、実際には会社でもかなりストレスが溜まっていたと言っていたのです。

 

だからこそ、仕事に行く前に酒を飲むという事は危険な状態であるとその時思ったんですよね。会社に行く前に酒を飲むという事が普通になってくると、

 

だんだんと、「仕事前に酒を飲む事が普通」という状態になってしまうわけなんですよね。これってとても危険な事ですし、会社にバレた時点で怒られます。

 

本質的には仕事に行く前に酒を飲み、頑張って会社に行くのではなく、酒を飲まないとやっていられない状態そのものに問題があるという事に気がつかなければいけないと思っているのです。

関連記事:社会人が辛いと思うのであれば、環境を変えた方が良い。

酒を飲むと一時的に精神は落ち着く

 

これは実際にあると思います。仕事に行く前に酒を飲む事によって、実際精神的には楽になると思うんですよね。

ビールでもテキーラでも、一時的には精神が落ち着くんですよ。「何でもできるような気がする」ようになる人もいるからね。

 

酔った状態で会社に行けば、上司から詰められても、そこまで精神的なダメージにはならないと思いますし、

 

精神的におかしくなっている時には、酒というものが有効である場合も実際にはあると思いますが、

精神を安定させるために「お酒」に頼っている時点で精神と身体は傷だらけだと思う。

もはや、お酒が精神薬の代わりになっている状態です……。

 

私の友人にしてもそうですが、仕事に行く前に酒を飲むような状態になっている時って鬱状態になってしまっている事が多いんですよね。

 

これは危険な事だと思いますし、自分の身体にも良くないんですよね。

だからこそ、私は仕事前にお酒を飲まなければやっていけない状況そのものを改善する事が大切だと思うのです。

 

仕事に行く前に酒を飲み、精神的な辛さを押し殺してまで、会社に行くという事を「偉い」と言う人だって世の中にはいると思うんですよね。

昭和的体育会精神とでも言いましょうか……。

 

会社に一度入ったからには最低でも3年は働くべきだし、それが当然の行いだと思っている人はたくさんいるのです。

 

しかし、そのままの状態で40年間程度も働く事なんて実際には出来る事ではないと思っているんですよね。

 

それをしてしまうと、どこかで精神的な防御壁が結界して、さらに辛くなってしまうのです。それであれば、最初からその状態に気がつく事が大切だと思うんですよね。

 

仕事に行く前に酒を飲むという状態がおかしいという事に気がつくべきだと思うのです。

関連記事:仕事は責任感を持ってしろ!ってもう古くない?

 

 

辞める勇気だって必要だと思う

 

仕事に行く前に酒を飲む事によって、どうにか会社に通っている人ってたくさんいると思います。

 

だって、私の周りでもそういった人がいたのですから。

 

しかし、そうやって続けていっても、何も良い事はないと思うんですよね。どんどん精神的に追いつめられてしまい、

最終的には、最悪の選択をしてしまう人だっているんですよね。実際、私の友人もそういった事を口にしていましたしね。

 

だからこそ、私はそんな状態になってしまっているのであれば、そんな時こそ、辞める勇気を持った方が良いと思っているのです。

今は仕事なんていくらでもある時代なんですよね。

 

転職サイトだって、大手であれば、リクルートエージェント等のエージェントを使ってエージェントと共に転職活動をする事だって出来ますし、

 

キャリコネ を使えば、企業の口コミを見た上で転職をする事が出来るんですよね。だからこそ、仕事に行く前に酒を飲むような状態になっているのであれば、

 

まずは辞める勇気を持ち、新しい環境に自分を置く事が大切だと思っているのです。それが出来ないと、結局は自分の人生って辛いものになってしまうと思いますし、

精神的に限界を迎えてしまう事だってあると思うのです。

 

辞める勇気を持つ事だって大切な事だと思うのです。

私も昔は仕事終わりの夜になるとお酒を飲んでいました。2人でスーパーに置いてある「アルパカ」という安いワインを1本飲んでいた。

私はお酒に弱い方なのに、当時は精神的にきつくて飲んでいたのだと思う。

破滅的になっていたよね。でも、そういう時っておかしいんですよ。

 

仕事前の酒も仕事後の酒もタイミングと量が違えば、それは「身体がおかしくなっているよ」というサインだと思う。

気がつくべきなんですよ。自分の変化に。

関連記事:置かれた場所で咲きなさい?そんな事してたら鬱病になります。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。