ブロガー「水瀬まりも」とは?
人生

母親と考え方が合わないと感じた時はどうしたらいいのか

母親と合わないと感じてしまうことって誰でもあることだと思うんですね。

 

もちろんものすごく仲が悪いだとか、絶縁状態というわけでなく

仲はそれなりによかったりするのにも関わらず、やっぱり考え方が合わないなと感じることもあると思います。

 

どちらかというと男性に比べると女性、つまり娘の方が母親とは心理的に近い関係性であることが多いと思うんですが

同じ女性だからこそ合わないと思うところもあるかもしれません。

 

しかしたった一人の母親ですし

特に仲が悪いというわけでなければ、家を出て行く、という選択肢がない人もいるでしょう。

 

そうすると必然的に毎日顔を合わせることになるわけですが

考え方が合わない母親にイライラしてしまうこともあると思うんですね。

 

ということで母親と考え方が合わないと思ってしまう時にどんな風に母親と接していくべきなのか

ということについて書いていきたいと思います。

 

パーソナルスペースを確保

 

母親だからといったことは関係なく、

どんなに仲が良い人でも絶対に必要なのがパーソナルスペースだと思うんですね。

 

家にいてもリラックスしている時間でも、自分でやりたいことがある時間はありますよね。

 

ネットサーフィンする時間、動画を見る時間、趣味の時間。

 

そういった時間を母親や、他の家族に邪魔されるというのはかなりストレスを感じることだと思うんです。

 

だからこそ、家の中にもきちんとパーソナルスペースを確保することが大切なのです。

 

自分の部屋でもいいですし、

トイレやお風呂といった狭い場所が好きだという人もいるでしょう。

 

そういった場所を自分が長居して落ち着ける場所に変えてしまうのが良いと思います。

 

トイレに本棚を作ったりお風呂場でご飯を食べる人もいるくらいですからね。

関連記事:夜眠れない原因はストレス!その改善方法とは。

 

うまく会話を減らしていく

 

自分の母親なのに、会話を減らして喋らないようにするなんて寂しい、と感じる人もいるかもしれませんが、

 

母親と合わないことがストレスになっているのなら、会話をうまく減らしていくのもまた一つの手段だと思うんですね。

 

もちろん全く喋らない、ということではなくて、

喋らなくても間が持つような努力をすると良い、ということです。

 

例えばいつもよりも長くテレビをつけておく、だとか

仕事を持ち帰って家で仕事をしてみる、だとか。

 

一緒にいるけれど、何気ない軽い会話をするくらいでも間が持つ、というような状態にしておくと

家族間のコミュニケーションをうまく保ちながらも最低限の会話で済むのでストレスを感じにくくなるわけです。

 

母親と合わないからといって拒絶するのではなく、

衝突せずに一緒にいられる方法を模索するのもまた一緒に暮らす上では必要なことなのではないかなと思うんですね。

関連記事:ストレスをためない生き方をしよう。

 

母親と合わないのは良いこと

 

私は一人っ子なので、小さい頃から母親とは友達のような感覚があるところがありました。

 

しかしそれでも社会人になって、生きる環境や働き方の違いなどで

考え方が合わないと感じる部分が出てきて、逆にそれが「いけない事」のように感じていた時期があったんですね。

 

今まで母親と仲が良かったからこそ、ずっと母親とは良い距離感で仲良くしていたいと思っていたのです。

 

しかし、母親と考え方が合わないと思って悩んでいた頃に面白い話を聞きました。

 

「母親と考え方が合わない、ということは当たり前のこと。

子供と親の考え方が同じだったら、子供が全く成長できていない、ということがむしろ悪いことなのだ」

 

という話でした。

 

これでものすごく合点がいったのです。

 

母親世代とは生きている時代が違いますから

当たり前のことですが、社会自体も変化して、日々新しいものが出てきていますし、世の中はアップデートされているはずですよね。

 

それなのに母親と同じ考え方を持ってしまっていたら

それは自分がアップデートできていない、という証拠になってしまうのです。

 

だからこそ、母親と考え方が合わないということは至極当たり前のことで、

むしろ自分が成長できている、という喜ぶべきことなのだと思ったわけです。

 

この話を聞いてだいぶ楽になったんですよね。

 

考え方が合わないのは決して悪い事ではなく、それは良い事なのだ、と捉えるようにしてみてください。

関連記事:母親がしんどい人が影響されてしまう事

 

家を出るという選択

 

どうしても母親と合わない、という人は家を出るという選択肢も視野に入れて考えてみましょう。

 

家を出てから母親と顔を合わせるというのは

実は結構難しいことで、

家を出た人がその後一生のうちに家族とともに過ごす時間は3ヶ月ほどの共同生活くらいしかない、と言われています。

 

そう考えると一緒にいられるうちにお互いの心地よい距離感を見つけることが大事かもしれません。

 

いざとなったら一人暮らししたり、結婚して家を出る、という選択肢をとってみるのも良いでしょう。

 

それくらいの距離感がちょうど良い家族関係もありますからね。

関連記事:自分が結婚できる確率を知りたいなら

 

 

では今日はこのあたりで。

よく読まれている記事
関連記事だよ