起業と経営

独立して失敗する人の共通点とは?

独立したいという人って最近は増えてきたと思うんですよね。私の周りでも独立したいと思っている人ってたくさんいますし、

独立した人もいるのですが、ほとんどの人は独立して失敗してしまうんですよね。独立する時には、必ず成功すると思っていた人でも、

 

結局は独立に失敗して、サラリーマンとして働いている人だっているんですよね。でも、そういった独立で失敗する人には共通点があるんですよね。

 

今回はそんな人たちの共通点について書いていきたいと思います。

 

 

数字で考えない

 

これは独立して失敗する人に共通していた事なんですよね。サラリーマンから経営者になるという事は、会社の全てを考えるという事です。

 

会社がいまどんな状況にあり、どれだけ売り上げを伸ばす事が出来るのか?という事を数字で考えなければいけないものなんですよね。

 

しかし、独立に失敗する人って数字で考えるという事を実行していかない人が非常に多いのです。例えば、

新商品を考えて、売り出そうと考えている起業家がいたとしますよね。そういう時には、普通はどのくらいの顧客がいて、

どの程度売れるのか?という事を予測しなければいけないのですが、それをしない人もたくさんいるんですよね。

 

「この商品は絶対に世の中から必要とされている。良い商品だから売れる。」と言うのです。確かに、これって一部はあっているんですよね。

 

ある程度は売れるかもしれませんし、大ヒットに繋がる事だってあるのです。しかしながら、独立したからには感情ではなく、

 

数字で考えなければいけないんですよね。子供向けの商品でを雑誌に広告を出して売っていくと仮定すると、

 

その雑誌はどこの県でどの程度買われているのか?年齢層はどのくらいか?男女比は?という事を考えた上で、

どの程度の成約が見込めるのか?という事を考える必要があるんですよね。独立して失敗する人って、ここが足りないと思うんです。

 

良いものかもしれませんが、きちんと数字で儲ける必要があるんですよね。事業としてやっていく以上、経営者として会社を経営する以上は、

 

数字で物事を判断する必要があると思っているのです。それが出来ないのであれあ、経営者ではなく、ただのサラリーマンなんですよね。

関連記事:友達と起業すると失敗する理由。

 

 

努力が足りない

 

 

これも厳しい事を言うようですが、実際にある事なんですよね。独立して失敗する人って自分では頑張っているつもりでも、

客観的に見た時には頑張っていない事が多いんですよね。これだと、結局は他の起業家に負けてしまう事が多いわけなんですよね。

 

確かに、自分のペースで頑張るという事だって大切だと思いますし、私はどっちかというと、ゆったりとやってしまうタイプではあるのですが、

 

周りで同じようなビジネスをしている人が独立してから頑張っているのであれば、当然、そういった人と比較して負けてしまう事が多くなると思うんですよね。

 

独立して失敗する人って基本的にそこまで努力をしない人が多いのです。別に起業なんて誰に勧められたものでもありませんよね。

 

それが嫌ならサラリーマンとして働いていれば良いのですから。だからこそ、もしも起業するのであれば、

 

最初の時には特に無駄な飲み会の時間を減らしたりとか、無駄な移動時間を減らす事によって、努力し、頑張る必要があると思うのです。

 

独立して失敗しても、誰も助けてはくれません。自分で決意したのであれば、頑張ってみても良いとおもうのです。

関連記事:50代で起業しても良い。

 

 

収益の分散化をしない

 

 

これも独立して失敗する人の共通点だと思うんですよね。独立してからも稼げる人っているのですが、大切なのは、

稼いでいる金額ではなく、どれだけ収益を分散する事が出来ているのか?という事だと思うのです。例えば、よくテレビとかでも、

 

「あんたのとこの工場が閉鎖したらうちはやっていけないよ」と言って、倒産してしまう町工場とかってあるじゃないですか?

 

確かに、取引先がなくなってしまう事により、経営が厳しくなる事は悲しい事だと思いますが、これって要するに収益の分散化をする事が出来ていなかったからなんですよね。

 

不足の事態にも対応出来る経営をするのが経営者としては基本です。独立をしてから稼ぐ事はそこまで難しい事ではないと思います。

 

しかし、そこから経営を安定させるためには、収益の分散化が重要になってくると思うんですよね。

 

美容院をやっているのであれば、美容院をやりながら、美容師の転職サイトをやったりとかも出来るんですよね。

コスメ等の販売をしても良いわけですし。独立して失敗したくないのであれば、売り上げを重視する事の先にある収益の分散化重視という事について考えた方が良いと思っているのです。

関連記事:独立したいという人が多いけど、本当にあなたは向いている?

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。