仕事の悩み

職場で居場所がないなら、職場以外の居場所を作れば良い。

社会人にとって一番多くの時間を使うところって職場だと思うんですよね。職場というものは社会人にとっての居場所になっている事って多いと思いますし、

 

それが普通になってきていると思うんですよね。週に5日程度は職場にいるという人が多いと思いますから、

 

会社が居場所になってしまうという事は別に当たり前の事だと思うんですよね。しかしながら、私は職場以外の居場所を持っておく方が楽になると思うのです。

職場に居場所がないような人って実はたくさんいる。でも、別にそれは悲しいことではないのです。

だって、職場以外に居場所を作れば良いだけなのだから。

 

私も職場に居場所がありませんでした

支店に同期がいませんでした

そもそも私が所属していた支店には同性の同期が1人もいなかったんですよね。銀行とかだと、同期がいて、「一緒に頑張ろうね」という感じじゃないですか。

まあ、同期で集まることはあった。新宿かなんかの鍋の店に行ったんだっけな。もう忘れてしまったけど、たしかそんなものはあった。

でも、支店にはいなかったんですよね……。だから、職場には居場所なんて全然なかった。

私の隣の席は派遣スタッフの女性と男性の係長。どちらも私とは年齢がまるで違う感じ。あと、女性スタッフは女性スタッフで固まっているから、

一緒に話そう」みたいな感じでもない。だからどんどん孤立していくわけよね。

まあ、チームプレイをするような企業でもないっちゃなかったから仕方がないんですけどね。それでも、やっぱり私は人間だから、寂しかったりするのよ。うん。

 

昼休みはいつも1人

昼休みも私には居場所がなかったな。女性スタッフは集まって食べている。まあ、私だって上司と一緒に食べたくもないし、別に1人でも良い。

ただ、居場所という意味では居場所はなかったよね。

まあ、言ってしまえば、お昼の時間だけが唯一の癒しみたいな感じでさ、会社の近くのジョナサンに行って、その後は少し離れた公園までひたすら歩いていました。

1時間のお昼休憩を1秒と逃さずに使っていた。そういう人間だったんですよね。だって、職場に居場所なんてまるでなかったから。

上司は上司で気を使ってくれていた、と思う。でも、私は上司たちと考え方が全く違っていたし、置かれている状況とかも違った。

だから、話していても何も面白くなかったんですよね……。

関連記事:給料が下がったら転職を考えたくなるのは当たり前のことだよね。

職場は利害関係の塊

 

職場って基本的にはどうしてもギスギスしてしまうものなんですよね。それは当然ですよね。

 

上司に気に入られて、上の地位に行きたいという人はたくさんいると思いますし、同僚からは「仕事が出来る人だ」と思われたいという人が多いんですよ。

私なんて大企業に勤めていたので、戦々恐々としていたイメージです。「同期は同志」であるはずなのに、どこかでライバル的な存在でもある。

 

しかし、これだと疲れてしまう時がきっとくると思うんですよね。職場が居場所になったとしても、そもそも職場って利害関係の塊です。

下手な事が出来ない場合が多いですし、SNSで炎上したらそれだけで問題になりますし、常にきちんとしている事が求められているんですよね。

めちゃくちゃ疲れるじゃないですか……。

仕事だからしょうがないと言ってくる人もいると思うのですが、職場が居場所になってしまう今の世の中においては、

 

この状況って辛いと思うんですよね。職場が居場所になっているかもしれませんが、自分の居場所が利害関係の塊だったら、それは居場所とは言えないと思うんですよね。

 

職場が居場所だと思っていても、そこは定年すればなくなってしまう居場所でもあります。それを大切にする事も社会生活においては大切な事かもしれませんし、

 

社会人としては当然の事でもあるかもしれませんが、職場だけが居場所になってしまい、職場以外で居場所がないような状況になってしまうと、

 

誰しも辛い状況になってしまうと思っているのです。

関連記事:職場で陰口を言う人に大した奴はいない。

 

 

居場所がないからこそ、視野が狭くなる

 

これも思う事なんですよね。職場だけが居場所になってしまうと、私たちは「どうにかここで生きていかなければいけない

と思うものなんですよね。だからこそ、職場の人が人間的に多少嫌いでも、どうにかうまくやっていこうとするわけですし、

 

言いたい事があっても、グッと堪える事があると思います。しかしながら、職場だけが居場所になっている状況だからこそ、

視野が狭くなってしまっていると思うんですよね。視野が狭くなってしまうと、職場でしか生きていけないと思ってしまう事もあると思いますし、

 

他の選択肢が全く見えなくなってしまうんですよね。転職をする事が普通の時代であっても、他の選択肢を考える事が出来なくなってしまうのです。

 

これって実はとても危険な事だと思うんですよね。よくある過労による自殺とかもこういった事が原因だと思うんですよね。

 

「ここしか生きる場所はない」と思い込んでしまったがために、周りが何も見えなくなってしまい、結果的に最悪の選択をしてしまうのです。

 

職場以外に居場所があれば、こういった視野が狭くなるような事もありませんし、精神衛生的にも良いと思うんですよね。

 

職場だけで自分の居場所だと思ってきた前の時代の人たちは「今の職場で頑張りなさい。置かれた場所で咲きなさい。」と言ってくると思いますが、

 

今の時代は職場以外に居場所を持つ時代だと思いますし、それを当然だと思うんですよね。

関連記事:上司に嫌われている?なんて気にしなくて良い。

職場以外の居場所を作り、安定させる

 

だからこそ、職場以外の居場所を作るという事が大切だと思うんですよね。職場以外の居場所なんて作ろうと思えば、

 

いくらでも作る事が出来ると思うんですよね。例えば、最近おすすめしているのが、自分のブログを持つという事なのです。

 

ブログで自分という個人を発信していく事って今の時代では可能なんですよね。wordpressでサイトを作る事なんて別に難しい事ではありませんし、

 

今はそういう人だってたくさんいるんですよね。ブログを収益化すれば、別に会社を辞める事だって出来ますし、

 

ブログを通して出会いが生まれ、そこからまた新しい居場所が出来る事だってあるんですよね。だからこそ、

 

私は職場以外の居場所を作った方が良いと思うのです。自分たちで起業をするという選択肢もありますしね。

 

会社が終わった後に仲間で集まって会社をやるという事でも良いのです。今は何かを始めようと思った時に始めやすい環境があると思うんですよね。

 

CAMPFIREを使って資金を集める事も可能ですし、Karigo でバーチャルオフィスを借りても良いでしょう。

 

職場以外に居場所を作る事なんて別に難しい事ではないのです。副業禁止の会社であるならば、別に辞めてからでも良いですしね。

 

キャリコネとかを使えば、企業の口コミを見て、転職をする事が出来るので、そういった方法で転職をしても良いのです。

 

自分の居場所というものは常に刷新するべきだと思いますし、作るべきものだと思うのです。職場だけが居場所である時代は終わったのです。

関連記事:職場の雰囲気が悪い会社で働くべきではない3つの理由。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。