転職

英語を使う仕事につく事はメリットが多いと思う。

英語を使う仕事をしたいという人って実はたくさんいると思うんですよね。

 

私の周りでも、外国語系の学部やそういったサークルに入っていた人とかは英語を使う仕事がしたいという人がたくさんいたんですよね。

 

ただ、実際に就職や転職をする時には英語を使う仕事につく事に関して悩む人もたくさんいると思うのです。

「英語を使う仕事をしたいという気持ちはあるけど、本当に大丈夫なのかな?」と思う人もいると思うんですよね。

 

しかし、英語を使う仕事につくメリットってたくさんあると思いますし、そういったところで働けるのであれば、

働いてみても良いと思うんですよね。

 

 

ビジネス英語を身につける事が出来る

 

 

これはあると思うんですよね。英語を使う事が出来る人なんて今の時代はたくさんいるんですよね。しかしながら、英語を使う事は出来ても、

ビジネス英語を使う事が出来る人って非常に少ないと思うんですよね。

 

英語を使うような仕事をする場合、当然のことながら仕事で英語を使う事になるので、ビジネス英語を学ぶ必要性があるんですよね。

 

そして、学習したビジネス英語を実際に使う機会というものがあるのです。これって実はとても大きな事ではないか?と思っているんですよね。

 

英語を使う仕事ではなくとも、ビジネス英語について学習する事は可能です。しかし、何の目的もないままに学習しても、

人間は覚えてないものですし、実際に話せるようになるまでには多くの時間を浪費してしまうわけなんですよね。

 

しかし、仕事であれば、強制的に学ばせられますし、周りの人たちとかもどんどん英語を話せるようになるというのが実際のところです。

 

人間は周りにいる5人の平均値になるものです。つまり、周りにビジネス英語を習得したいと思い、頑張っている人がいると、

 

自然と自分も努力をするようになるんですよね。そういった意味においても英語を使う仕事をするという事はおすすめする事が出来るものだと思っているのです。

 

英語を使う仕事につく事なんて今の時代は難しい事ではありませんしね。

関連記事:転職したい理由を考える時に大切な事とは?

 

 

これからはよりグローバル化が進む

 

 

これはあると思うんですよね。英語を使う仕事って現段階ではそこまで多くないと思うんですよね。私の周りでも英語を使うかもしれない会社にいる人はいるのですが、

 

実際に英語を使う仕事をしている人はそこまで多いわけではありません。これが実際のところだと思うんですよね。

帰国子女の人とかがそういった部署を担当する事が多いので、英語を使う仕事をするような会社にいても、中々英語を使う機会ってないと思うのです。

 

しかしながら、これからはよりグローバル化が進んでいくと思うんですよね。これからは日本だけではなく、より世界と関わるような仕事が増えてくるのです。

 

発展が目覚ましい東南アジアにしてもそうですし、アフリカとかも最終的にはそういった取引相手国となっていくでしょう。

 

だからこそ、そんな時に英語というものが大切になってくると思うんですよね。英語を使う仕事をいまのうちからしていれば、

 

次の時代でビジネス英語を話す事が出来る人たちの価値というものはあがります。なぜか?それはビジネス英語を話す事が出来る人たちが根本的に少ないからなんですよね。

 

今のうちから英語を使うような仕事をする事により、将来の自分の価値を上げる事が出来るのです。そう考えると、

 

英語を使う仕事をするメリットもあると思っているんですよね。英語を使う仕事をする事を躊躇している人ってたくさんいるとは思いますが、

 

そこまで深く考える必要はないと思うのです。

関連記事:日本人はなぜ英語が上達しないのだろう?

 

 

どこの国でも生きる事が出来るようになる

 

これも思う事なんですよね。これから先の時代はより人間の移動というものがシームレスに行われていくと思うんですよね。

 

国境という概念も今後はどうなるのかわかりませんし、これから先は他の国に移住するかもしれません。

これは個人の自由で良いと思いますが、

 

実際に起こる事だと思うんですよね。日本だってこれまでは世界有数の先進国としての地位を維持してきたのですが、

 

それでも、これから先はどうなるのかわからないんですよね。財政赤字が膨らんだ日本でこれからも生活していくかも不透明ですし、

 

年金制度だって破綻する可能性が高いわけです。そういった日本だからこそ、英語使う仕事をして、いつでもどこでも生活が出来るようになっていた方が良いと思っているのです。

 

今後、発展する都市に移住する事が出来れば、それだけでも個人の豊かさというものは変わってきますし、実際そういった事が重要な時代になってくると思っているのです。

 

どこでも英語を使う仕事をする事によって、どこに行っても仕事が出来るようになるという事はそれだけで大きなリスクヘッジになると思っているのです。

 

英語を使う仕事をしたいと思うのであれば、大手のサイトであるリクルートエージェントグッドポイント診断のリクナビネクスト等を使えば、

 

簡単に見つける事が出来ますし、外資系の企業もたくさんあるんですよね。英語を使う仕事についてみるのもありだと思うのです。

関連記事:私がリクルートエージェントをおすすめする理由。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。