ブロガー「水瀬まりも」とは?
プログラミング

Youtuberが顔出しする事のデメリットってあると思う。

Youtuberになりたい人が最近は増えてきていると思うんですよね。子供が将来なりたい職業ランキングでもYoutuberが上位に来ていると思うんですよ。

 

そして、最近はvaluで問題になったヒカルさんとか、ラファエルさん、ジョーブログさん等、Youtuberは顔出しをしている事が多いんですよね。

 

ただ、私はYoutuberが顔出しをする事にはデメリットもあると思うんですよね。今出ているYoutuberに関してはある程度覚悟を持ってやっているとは思うのですが、

 

これからYoutuberになりたいという人はYoutuberが顔出すする事のデメリットについても考える必要があると思うんですよね。

 

 

常にきちんとしていなければいけない

 

これはあると思うんですよね。Youtuberとして有名になってくると、外を歩いている時にも気付かれるようになるんですよん。

もちろん、これはYoutuberとしては嬉しいものだと思いますが、これは「常に監視されている」という事でもあるんですよね。

 

人間って常に真面目に生きているわけではないんですよね。ポイ捨てをする時もあれば、信号無視をする時だって実際にはあると思います。

 

そんな時に、監視の目が常にあると、疲れてしまう場合もあると思うんですよね。Youtuberとして顔出しをする事は、

 

それはそれで良い事だと思うのですが、私生活を常に見られ、ツイッターで拡散されるリスクも考えた方が良いと思うんですよね。

 

特に東京等の人口の多いところだと、人口が多いだけ、見ている人の数も多いんですよね。だからこそ、気をつける必要性があると思っているのです。

 

Youtuberは顔出しをする事が条件にようになっていると思いますが、Youtuberは顔出しをする事によって、

 

常に周りの目線を気にする必要があるという事は理解していなければいけないんですよね。大物の芸能人になると、

 

電車とかにも乗らない人が多いじゃないですか?結局はYoutuberとして顔出しをするという事は芸能人的に生きなければいけないという事でもあるという事は、

理解していく必要があると思うのです。

関連記事:趣味でブログをやるならちゃんと収益化した方がいい

 

 

絡まれるリスクがある

 

 

これもあるんですよね。前章にも関わってくる事なのですが、ある程度有名になってくると、握手を求められたり、

手紙をもらうという事もあるとは思うのですが、その一方で関わりたくない人が絡んでくる可能性だってあるんですよね。

 

Youtuberって芸能人よりも身近に感じている人が多いんですよね。そのため、友達に近い感覚で近づいてくる人が多いんですよね。

 

しかし、中にはこちらが関わりたくない人だっていると思いますし、絡まれて罵声を浴びせられるという事だってあるんですよね。

 

だからこそ、Youtuberが顔出しすると言う事はリスクでもあると思うのです。もちろん、Youtuberとして大きなお金をもらっているのであれば、

 

そういったストレスを許容する事が出来るという場合もあるのですが、基本的には辛い事だと思うんですよね。

自分が「この人は関わりたくないな」と思う人と関わるという事はそれだけで大きなストレスになってしまうのです。

 

堀江貴文さんとかでも、絡まれた話をしていますよね。ネット上で有名な人の元には良い人もくれば悪い人だって来てしまう場合があるのです。

関連記事:ワードプレスの初心者がブログを作る時にやるべき事。

 

 

家がバレる可能性がある

 

 

これもあるんですよね。Youtuberとして顔出しをしていると、よく住所がバレるという事が起こっているんですよね。

 

でも、住所がバレる時にも、本人は住所をバラしていない場合が多いんですよね。しかし、顔出しをしていると、当然地元で見られる事も多くなりますし、

 

ツイッターで呟くような人だっているんですよね。だからこそ、Youtuberとして顔出しする時には住所がバレる可能性があるという事は認識していかなければいけないと思うんですよね。

 

男性であればまだしも、女性であれば、より危険度は増しますよね。最近はアイドルだって事件に巻き込まれる事が多くなってきたわけであって、

 

より身近な存在だと認識されているYoutuberだとより危険性は高まると思うんですよね。Youtuberとして顔出しをする事には、メリットもあるのですが、

 

デメリットもあるという事は認識しておく必要があると思っているのです。

関連記事:起業仲間を探すときに見るべきポイント

よく読まれている記事
関連記事だよ