ブロガー「水瀬まりも」とは?
プログラミング

ブログの直帰率が高い時に考えるべき事とは?

最近はブログをやっている人が増えてきたと思うんですよね。ブログをやって生計を立てている人なんかも増えて来て、

前の時代よりも層が厚くなったように思うんですよね。

 

ただ、ブログを運営する時には直帰率というものが大切になってくると思うのです。直帰率を改善したいと思っても、

 

なぜか直帰率が高い状態を改善する事が出来ないという人って結構多いんですよね。そこで今回は直帰率を改善させるためには何を考えれば良いのか?

 

という事について書いていきたいと思います。

 

 

改行は多めにする

 

 

これは大切な事だと思うんですよね。自分が書いて文章は読まれるべきものであり、良い作りになっていると人間は思ってしまうものなんですよね。

 

しかし、ユーザーにとって大切な事ってまずは読みやすいのか?というところなんですよね。皆さんの人柄に関わらず、

 

全体的に読みやすいのかどうか?というところで直帰率が高いかどうかは決まるのです。そこでまず最初に実践してみて欲しい事が改行なんですよね。

 

このサイトでも改行をしている事が多いのですが、改行をほとんどせずに文章を書いている人って多いんですよね。

 

もちろん、それで読んでもらえるのであれば一番良いのですが、一般的には改行が少ないと直帰率が高いままなんですよね。

 

だからこそ、改行を多く使っていくという事が大切になってくるのです。改行を多く使う事により、文章の歯切れが良くなり、

 

一呼吸で読む文量が減るんですよね。これって意識しないとわからないものですが、直帰率が高いという人はまず自分のブログを読んでみてください。

 

読んでいて、少しでも「疲れる」と思うような場合には改善の余地があると思うのです。こういった小さなところから直帰率が高い状態を改善出来る場合があるんですよね。

関連記事:趣味でブログをやるならちゃんと収益化した方がいい

 

 

直帰率が高い記事をリライトする

 

 

これも直帰率が高いのであれば、とても重要なものだと思うんですよね。直帰率が高いサイトだからといって、

 

「全ての記事の直帰率が高いのか?」というとそういうわけでもないんですよね。直帰率が高い記事もあれば、直帰率が低い記事だってあるというのが現実なのです。

 

 

だからこそ、私はリライトをしていった方が良いと思うんですよね。内容的に説明不十分な記事であれば、加筆していけば良いと思いますし、

 

だらだらと長いだけの文章であれば、思い切って文章を削ってみるという事も大切だと思います。また、内部リンクに関してもそうですよね。

記事中に内部リンクを入れているブログって多いと思うのですが、内部リンクが記事内容と合っているのか?という事によって、

 

直帰率というものは高くもなるし、低くもなります。だからこそ、Googleアナリティクスを使って直帰率が高い記事を見つけ出し、

 

その記事をリライトする事がブログの緑旗率が高い時には大切なのではないか?と思うんですよね。アクセス数の多い記事とかだと、

 

1つの記事をリライトするだけでかなり直帰率が下がるという事だってあるんですよね。

 

細かい事を1つずつやっていく事が大切なんですよね。

関連記事:ブログで収入を得るのは生半可な気持ちではできない

 

 

ブログを軽くする

 

 

これも直帰率が高いのであれば、やってみた方が良い事だと思うんですよね。皆さんが検索してサイトを見る時には何を重視しますか?

 

これってやはりサイトの表示速度だと思うんですよね。表示速度が遅いとそれだけで直帰率というものは上がってきてしまいますし、

ユーザービリティを損ねているんですよね。

 

だからこそ、wordpressを使っているのであれば、プラグインを見直してみたりとか、後はCSSを効率的に書き直してみるとか、

 

後はサーバーもありますよね。ロリポップとかは初心者にはおすすめする事が出来るものなのですが、サイトの表示速度が遅いという時には、

 

エックスサーバー とかに変えてみるのもありだと思うんですよね。こういったところで直帰率というものが変わってきてしまうという事は実際にある事なのです。

 

 

直帰率が高い状態でそれを改善したいという事であれば、本当に必要なプラグインだけ、本当に必要なデザインだけをして、

適切なサーバーを借りるべきなんですよね。

 

そこまで難しい事ではありません。データを見て改善していく事が大切なのです。

関連記事:大学生のうちからブログ運営をやった方がいい理由

 

 

直帰率を改善していこうね、ずっと

 

という事で今回は直帰率が高い時に考えるべき事について書いてきたのですが、いかがでしたか?直帰率が高いという事は、

 

それだけで多くの機会損失をしているという事にもなります、より良いサイトを作っていくためには日々改善していき、

 

結果的にユーザーに喜んでもらう事が大切になってくると思っているのです。

関連記事:MAMPでMySQLだけが起動しない時の対処法。

よく読まれている記事
関連記事だよ