ブロガー「水瀬まりも」とは?
プログラミング

プログラマーが大変だと思うなら環境を変えても良い。

昔はプログラマーというと、そこまで高い地位にある職業ではなかったと思うのですが、最近はそうではなくなってきていると思うんですよね。

 

プログラマーという職業の地位が上がり、プログラマーになりたいという人も増えて来たと思うのです。

 

それはプログラミングというものが身近になってきたからだと思うんですよね。プログラミングを勉強して起業するような大学生が目立って来ていて、

 

目指すべきロールモデルが出来てきたからこそ、プログラマーの仕事に魅力を感じている人が増えていると思うんですよね。

 

しかし、その一方でプログラマーの仕事が大変だと思っている人もたくさんいると思いますし、現在プログラマーで働いている人の中でも、

 

辞めたいと思っている人っていると思うんですよね。でも、そういうプログラマーに大変さを感じているのであれば、

 

環境を変えても良いと思うのです。

 

 

プログラマーの仕事は残業が多い

 

 

これは私の友人からも聞く事なんですよね。基本的に納期までに間に合わせなければいけない仕事があると、

 

普段よりも、多くの残業をしなければいけない状況になってしまう事があるんですよね。プログラマーがなぜ大変なのか?というと、

 

これって残業時間が多いという点でもあると思うんですよね。また、プログラマーの残業時間が多く、大変だと感じる人が増えて来てしまうと、

 

途中で会社を辞める人が増えるんですよね。そうなると、1人当たりの仕事量というものが必然的に増えるわけであって、

 

より大変になってしまう事があるんですよね。プログラマーの大変さってチームでやっている分野によっても違うのですが、

 

クライアントありきで成り立ってしまう側面があるため、どうしても残業が多く、プログラマーが大変だと思ってしまう人が多いと思うんですよね。

 

私もクライアント案件ではありませんが、プログラミングをやっているのでわかるのですが、遅くまでやっていると、

 

だんだんと判断能力が落ちてきてミスが増えてしまったりする事があるんですよね。プログラマーって大変であればあるほど、

 

効率が悪くなり、結果的に長く続かないと思うのです。

 

ただ、私の友人の中にはそこまで残業時間が多くないという人もいるので、これはそれぞれの会社や分野によっても違うのかな?と思います。

関連記事:フリーランスのエンジニアの年収は上がっていくと思う。

 

 

技術の勉強をし続ける必要がある

 

 

これもあると思うんですよね。プログラミングの世界では他の業界に比べて新しい技術が出てくるわけなんですよね。

これって最初の頃は良いんですよね。入社してから5年くらいであれば、「まだまだ自分のスキルを磨いていきたい」と思うものですが、

 

5年くらい経って来てしまうと、そういった意欲がだんだんとなくなってきてしまうものなんですよね。

 

しかし、プログラマーの業界においては新しい事をどんどん吸収していく必要があるため、どうしてもプログラマーが大変だと思ってしまう人が増えると思うんですよね。

 

年齢と共に新しい事への挑戦意欲って失せてきてしまうものですよね。体力だってだんだんとなくなってきてしまうものです。

 

だからこそ、プログラマーが大変だと思ってしまうのです。一般的にはプログラマーの定年って35歳だと言われる事が多いのですが、

 

それもこういったところが要因の1つなのかな?とは思います。新しい事を学習し続けるという事はサラリーマンだと中々厳しい部分がありますよね。

 

新しい技術を吸収していっても、給料がそこまで上がるわけでもない。だからこそ、努力はしないという人だっていると思うのです。

 

プログラマーは新しい事の吸収という点で大変だと思うのです。

関連記事:プログラマーあるあるを話していこうと思う。

 

 

エンジニアにもコミュニケーション能力が必要になってきた

 

これもプログラマーの大変なところだと思うんですよね。プログラマーになる人たちの中には、「あまり人と話したくないからプログラマーになった」という人だっていると思うんですよね。

 

しかし、近年はプログラマーであってもコミュニケーションスキルを求められる機会が増えたと思うんですよね。

 

海外と取引をしているような会社であれば、英語を使って海外のチームと話をする機会だってありますし、社内でも、

 

他業種と共にプロジェクトを進めていく機会が多くなってきたと思うんですよね。しかし、コミュニケーションが苦手なプログラマーにとっては、

 

これが大変だと思う人もいるわけなんですよね。コミュニケーションを取って仕事を進めていくという事が本質的に苦手な人だって実際にいるのです。

 

どんな職業にも最近はチームワークやコミュニケーション能力というものが求められるようになったきたからこそ、

 

プログラマーが大変だと思う人が増えて来ているという側面もあると思うんですよね。実際、これから先は海外勢に仕事を頼む事も増えてくるので、

 

結果的に給料も下がってしまうし、より大変だと思う人が増えると思うんですよね。

関連記事:嫌われる上司の特徴について書いていこうと思う。

 

 

本当の居場所へ

 

 

プログラマーが大変だと思う人だってそれなりにいると思うんですよね。

 

でも、そこまで大変だと思うのであれば、環境を変えてしまっても良いと思っているのです。

 

今は、プログラマーが大変だと思うのであれば、レバテックフリーランス でフリーランスとしての仕事を受けても良いですし、

 

CHANGE UP!とかであれば、転職をするか?フリーランスになるか?という2つの選択肢を考える事が出来ますし、

 

選択肢なんていくらでもあるんですよね。だからこそ、プログラマーが大変だと思うのであれば、環境を変えてしまっても良いと思っているのです。

人間は1度所属してしまうと、「ここから離れられない」と思ってしまうもの。だから、辞められない人だって多いんですよね。

 

でも、プログラマーが大変なら、別に今の場所で我慢する必要なんてない。自分の居場所を探せば良いのです。

関連記事:プログラミングは独学かスクールか?

よく読まれている記事
関連記事だよ