ブロガー「水瀬まりも」とは?
プログラミング

エンジニアのイベントには積極的に参加するべきだと思う。

最近はエンジニアのイベントって本当に増えて来たと思うんですよね。私自身もエンジニア向けのイベントによく参加するのですが、

 

年々増えて来ているように思うんですよね。エンジニアの人口も増えて来ていると思いますし、エンジニアになりたいという人も増えて来たからこそ、

 

エンジニアのイベントが多数開かれていると思うんですよね。しかしながら、エンジニアのイベントに積極的には参加しないという人もたくさんいると思うのです。

 

しかし、私はエンジニアイベントには多少の時間を割いてでも参加してみるべきだと思うんですよね。

 

今回はそんな事について書いていきたいと思います。

 

 

あらゆる分野の知識を手に入れる

 

 

これは大切な事だと思うんですよね。エンジニアのイベントに行くと、自分が専門としている分野のブースもありますが、

 

それ以外のブースだってたくさんあるんですよね。エンジニアの仕事をしていると、どうしても自分の担当している範囲だけの学習になってしまいがちですし、

 

それはそれで良い事なのですが、他分野の勉強もしていくべきだと思うんですよね。例えば、最近だと機械学習が熱を帯びていますが、

 

「俺には全く関係ないからいいや」という人こそ、行ってみるべきだと思うんですよね。プログラミングって基本的に役に立たない事ってなくて、

 

それがたとえ自分の範囲外のものであっても、いつどこで繋がるのか?という事はわかりません。だからこそ、

 

エンジニアのイベントに参加して、そこから情報を仕入れるという事が大切なのではないか?と思うのです。

 

エンジニアのイベントとかって、参加する人としない人がきっちり別れているような印象を受けるのですが、本当はどのエンジニアもこういったイベントには参加するべきだと思うのです。

 

また、その中で積極的に自分が登壇者になるという事もありだと思うんですよね。中でずっとコーディングをしているのではなく、

 

外部に出て、他社と関わったり、自分の知見を話すという事は自分自身の成長にも繋がるのでやってみたら良いと思うんですよね。

関連記事:フリーランスのエンジニアの年収は上がっていくと思う。

 

 

モチベーションが上がる

 

 

これもあると思うんですよね。エンジニアのイベントって確かに大切なのですが、参加する時間を考えると、無駄に思えてしまう事だってあると思うんですよね。

 

しかし、エンジニアのイベントに行く事によって、モチベーションが上がるという事は絶対にあると思うんですよね。

 

社内だけではなく、外部の人と交流をしたり、外部のエンジニア、自分より上のエンジニアの話を聞く事により、

 

自分のモチベーションも上がってくると思うのです。これって実はとても大切な事なんですよね。エンジニアって、

 

入社したての頃は勉強していても、だんだん歳をとっていく内に勉強しなくなっていくんですよね。でも、これって本当は良くない事だと思うのです。

 

エンジニアは常に向上心を持ち、新しい技術を試す事が大切な姿勢だと思いますし、それがないと、時代にエンジニアのスキルというものは育たないと思うんですよね。

私の友人でもそうなのですが、優秀なエンジニアの方ってなぜかこういったエンジニアのイベントに参加しているんですよね。

 

良い影響を与えあうためにもエンジニアのイベントって大切だと思うのです。

関連記事:フリーのエンジニアには案件がないのか?

 

 

エンジニアのイベントはどうやって探す?

 

 

ただ、そうは言ってもエンジニアのイベントを探す事っていつも行っていない人には難しい側面もあるんですよね。

 

私も最初の頃はエンジニアのイベントをどうやって探せば良いのか?という事がずっとわからなかったんですよね。

 

そこで、探し方について書いていこうと思います。

 

・peatix

 

 

peatixというサービスですが、ご存知の方も多いのではないでしょうか?エンジニアのイベントだけに限らず、

ビジネスや映像、デザインなんかのセミナーやイベントを紹介しているものなのですが、エンジニアのイベントとかもここで宣伝している事が結構があるんですよね。

 

私もここから様々なエンジニアのイベントに参加したのですが、techcrunchのイベントとかもありますし、VRイベントとかも多いんですよね。

 

掲載数が比較的多いので、使ってみても面白いと思います。

 

 

・Facebook

 

 

これもエンジニアのイベント情報を手に入れる時には使って良いものだと思うんですよね。Facebookにはイベント作成の機能があるので、

 

そういったところを見てみるという方法が良いんですよね。私もエンジニアのイベントをFacebookで探す事が多いのですが、

 

質の高いイベントが多いんですよね。多くのイベントから選ぶ事も大切なのかもしれませんが、それだと選ぶのに時間がかかってしまうんですよね。

 

エンジニアのイベントを探しているという人は、SNSを使ってみるというのもありだと思うのです。

関連記事:現役エンジニアがteratail(プログラミングの質問サイト)を絶対におすすめする理由

 

 

 

まとめ

 

 

という事で今回はエンジニアのイベントについて書いて来たのですが、いかがでしたか?エンジニアのイベントを探す事ってそこまで難しい事ではありませんし、

 

現役のエンジニアだったりとか、エンジニアになりたいと思っている人は積極的にエンジニアのイベントに行ってみるべきだと思うんですよね。

 

次の時代は何が重要になってくるのか?他社の動きはどうなのだろうか?という事を理解する事により、より精度の高い学習を実現する事が出来るのです。

関連記事:ウェブエンジニアによる目の疲れを解消する究極の方法!

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ
よく読まれている記事