人生に悩む君へ

高校は青春だと思うなら、その時と同じように生きれば良い。

高校時代って本当に懐かしいものですよね。その時には少し辛いなと思う事があっても、終わってみて何年か経ってみると、

やっぱり高校は青春だったな」と思うはずです。実際、私も高校の時には辛い事もあったのですが、やはり青春だなと思うんですよね。

 

皆さんの中には、高校時代の青春を忘れられなくて、母校の文化祭に行ったりとか、学生時代に戻りたいなんて思う人もきっといると思うんですよね。

まあ、私自身も毎年、母校である某男子校の文化祭に行っているのですが……。

でも、高校の時が青春だと思っていて、その時に戻りたいのであれば、同じような生活をしてしまえば良いのです。

汗臭くて、切なくて、でも、何だかホッとする高校という名の青春時代。あの頃に憧れるならさ、良いんじゃないかな、それでも。

高校の時の友達は何も友情だけで繋がっている

 

社会人になってしまうと、どうしても利害関係の上で遊ぶ事が多いと思うんですよね。

例えば、私の友人が会社のフットサル部に入っているのですが、その時にも目上の人には気を使ってしまいますよね。

自分より上の人たちがいたら緊張してしまう。部長とか、課長とか、あるいは社長がいたりとか。

もちろん、これは高校の時の部活でも同じように思えてしまう人もいるかと思いますが、高校の部活とかだとただ辞めれば良いだけなんですよね。

 

でも、会社はそんな簡単には辞めませんよね。ポップステップ、ジャンプ!みたいな感じでは退職しないわけですよ。

社会人になると、そういった縛りの中でどうしても生きなければいけなくなってしまうのです。

高校が青春だと思うのって、関係性が友情ベースでしかないからだと思うんですよね。別に好きじゃない人とは仲良くする必要性なんてどこにもありませんし、

 

自然と仲良くない人とは関わらなくなっていくんですよね。今思うと、そういった関係性って実は大切なものだと思いますし、

社会人になってからだと、そういった関係性って作りづらくなってしまうものなんですよね。

 

どこにおいても、お金というものが出てきてしまうからこそ、何だか面倒になってしまうんじゃないかな、と。

高校は青春だったと思うのは、そこに「好き」とか「嫌い」以外の感情があまりなかったからだと思うんですよね。

何の曇りもない感情を相手と共有していたからこそ、高校って青春だったのかな、って。

関連記事:高校に行きたくないって悪い事じゃない。でも、居場所は作ろう。

高校の頃のように遊びたい時に遊ぶ

 

高校の時がなんで青春だったのか?というと、これって遊びたいと思う時に遊べたからだと思うんですよ。

大人になってしまうと、「明日は会社だから厳しい」とかって思ってしまうものですよね?

私もあったよ。サラリーマンをやっていた時はね。サラリーマンをやっていた頃は上司が情緒不安定だと99%苦労するぜ。でも書いているのですが、

上司のことが嫌いで仕方がなかったし、それなりに苦労しました。だから、わかるんですよね……。

もちろん、それでも仕事が楽しいのであれば、それで良いと思うのですが、そうではない場合は、そういった環境を変えてみるのもありだと思うんですよね。

 

高校の青春時代と同じように、遊びたい時に遊ぶような生活をしてみても面白いのになと思うのです。別に不可能な事ではないと思うんですよね。

 

アイデアなんて今は「起業」には必要のない時代ですから、自分で会社を作ってその会社を売却し、売却益で一生分の生活費を稼ぐという方法がありますし、

 

不動産等に投資をして、そこで生計を立てていくという方法だってあるんですよね。サイトの運営だって良いわけです。

 

方法なんて本当にいくらでもあるからこそ、高校の青春時代と同じような生活が出来ると思うわけです。

あの時に戻りたいなと思うのであれば、その時と同じように生活するためにはどうすれば良いのか?という事を考えて、行動すれば良いだけの話だと思うのです。

高校が青春だったって私も思いますよ。でも、その時には「あの頃に戻りたいな」という思いも同時に出てきていると思うんですよね。

 

そして、心の正しい動きだと思うのです。やりたくない事で時間を消耗する必要なんてないのです。生き方なんて自由なのですから。

関連記事:僕達はもう少し不器用な生き方をしても良いのではないだろうか?

自分が楽しいと思う事に素直に

 

高校時代が青春だと思うという事はそこに必ずキラキラした大切なものがあったと思うんですよね。

 

それは部活かもしれませんし、人かもしれませんが、きっとあったと思うんですよね。楽しい毎日だったと思うんです。

嫌いな人がいたとしても、面倒な先生がいたとしても、楽しい思い出はあるじゃないですか。

でも、だったら今も同じように楽しい事で生活していった方が良いと思うんですよね。これからの時代は楽しい事で生きていく時代だと思っているんですよね。

我慢すれば出世できる……」みたいな時代は終わったのです。

マネタイズの形は何でも良いのですが、Youtuberでもブロガーでも起業家でも良いのですが、何か自分で好きなものに没頭してそれをお金に変えていくという流れが出来てくると思うんですよね。

だからこそ、高校が青春だったと思うのであれば、社会人になってからでも好きな事で生きていく事が大切だと思うんですよね。

それが無理だと思う人もいると思いますし、面倒だと思う人だっていると思います。それも良いと思います。

自分が好きだと思うもの、心が楽だと思うものをやっていた方が良いんですよね。高校の青春時代と同じようにずっと生きていく事にだって、

 

意味はあると思うのです。

関連記事:起業仲間を探すときに見るべきポイント

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。