仕事

会社に変な人がいる時にはどうすれば良いのだろう?

会社においては、様々な人が働いてるわけですよ。「ダイバーシティ推進」なんて言っているけど、そもそも会社の中は動物園状態。

短気な人もいれば、セクハラをする人もいる。

大きな会社だと1年で数百人を雇用するような会社もあるほど、

 

本当に人の入れ替わりというものが激しいのが会社ですよね?しかも、会社という同じ目的を持った組織人であっても、

 

育ってきた環境とかって違うものなので、全然性格が違う事が多いんですよね。トホホ……。

だからこそ、会社には変な人がある程度はいる可能性が高いんですよね。

 

でもさ、実際にどうすれば良いのか?がわからない人もいるんじゃないかな、と思うんです。会社に変な人がいた時、私ならこうする。

変な人からされた事は記録しておこう

 

これは会社に変な人がいる時には大切な事だと思うんですよね。会社に変な人がいて、自分に何も被害がないのであれば、

 

気にする事もないのですが、自分が被害を被るのであれば、された事を記録しておいた方が良いと思っているんですよね。

 

例えば、一番わかりやすいのはメールですよね。どんなメールを送ってきて、自分がどのように返してのか?という事の詳細を記録しておく事が大切なのです。

LINEでも同じです。社内メールを使わずに、個人のメールやLINEを使ってくることもありますからね。

 

会社に変な人がいる時って、「まあ我慢するしかない」と思ってしまうと思うのですが、いざという時のためにきちんとした証拠を持っておくという事で、

 

精神的な安心感を得られる人だっているんですよね。私もあの上司のことをメモしておいた方が良かったかなあ……。

 

会社に変な人がいる時には、我慢して自分を殺してはいけません。そうする事によって、その場はしのげるかもしれませんが、

 

最終的に辛くなってしまうのは自分なんですよね。どんどん追い詰められてしまう場合だってあるのです。

だからこそ、記録だけでもとっておきましょう。静かに、静かに、記録を取っておいた方が良いのです。

関連記事:嫌われる上司の特徴について書いていこうと思う。

 

出来るだけ近づかない

 

これも会社に変な人がいるのであれば、大切な事なんですよね。会社に変な人がいても、「それでも何とか仲良くならないと」と思ってしまう人がいるんですよね。

いや、結構多いんじゃないかな。どんな相手でも、「自分がどうにか合わせなくちゃ」なんて思ってしまうものです。優しい人が多いんですよね、意外と。

 

確かに、そういった姿勢自体はとても良いものだと思いますし、その人の人間性は素晴らしいと思います。

私だったら、是非そんな人とお友達になりたい……。

 

しかし、これは危険な事でもあると思うんですよね。会社の変な人と近付き過ぎると、相手がこちら側に好意を持ってしまう事だってあるんですよね。

特に異性だと大変よ。気持ち悪いメールを送ってくる変態おじさんに変わってしまったりすることも……。

 

そうなってしまうと、自分が思ってもいなかった行動をとられてしまったりとか、業務に影響が出てきてしまう事だってあるんですよね。

私の知り合いでも、「早川ちゃんへ。今日も元気かな。」みたいな連絡が会社の変な人から好かれてしまったがために来ていました。

怖すぎる。

 

だからこそ、私は会社に変な人がいるのであれば、なるべき近付きすぎない事が大切だと思うんですよね。

 

ストーカーのようになってしまう事だってありますし、精神的にも辛い状況になってしまう事があるのです。

 

IT系の会社の事務職として働いていた私の友人もそういった人と出会ってしまい、休み時間に会社のトイレで泣いていたそうです。それくらい辛い状況になってしまう事だってあるからこそ、

 

会社に変な人がいるのであれば、避けた方が良いのです。

関連記事:むかつく上司の下で我慢してはいけない。

法律家に相談しても良いと思う

 

会社に変な人がいるというだけであれば、良いのですが、実際に自分に何らかの被害が出てきてしまうこともあると思うんですよね。

 

最初は「それくらいの事であれば、しょうがないし我慢するしかない」と思うかもしれませんが、それがだんだんとエスカレートしてくると、

 

自分が本当に辛いのか?という事がわからないままにストレスを溜め込んでしまう事があるんですよね。

だからこそ、私は会社で変な人がいて、実際に自分に何かしてくるのであれば、法律家等に相談しても良いと思うんですよね。

 

確かに、周りに相談する事だって大切な事ですし、それによってストレス発散にはなると思うのですが、具体的な解決にはならない場合もあるんですよね。

 

今は、弁護士.comとかを使って相談する事が出来るんですよね。だからこそ、会社に変な人がいて、実際に辛いのであれば、

 

こういったところに相談してみても良いと思っているのです。それによって、法的に解決出来る事だってありますし、

本当に辛くなってしまう前に対処出来る事だってあるのです。

会社に変な人がいるという事は一般的な事かもしれませんし、それは仕方のない事でもあると思いますが、

 

変な人を我慢する必要性はないと思うんですよね。会社に変な人がいるのであれば、こういったところに相談してみても良いと思うのです。

関連記事:仕事を教えてくれないような会社にいる必要はないと思う。

 

 

会社が居場所になってしまうから危険なんだよね

 

会社という場所は社会人になると、自分の居場所になってしまいがちなのですよね。確かに居場所があるということは素晴らしいことです。

私なんて会社を辞めた人間ですから、会社という居場所がないんですよね。だから、ある意味でサラリーマンの人たちは羨ましい。

そもそも「サラリーマン生活を辞めたあの日。」で書いた通り、居場所なんて会社員時代からなかったんですけどね。むしろ、お昼に行く「ジョナサン」だけが居場所だった……。

でも、普通はあるじゃないですか。私みたいな特殊なタイプを除けば、多くの人にとって、「会社=居場所」だと思うのよ。

 

ただ、会社が居場所になっている状態が辛い状況への入り口になってしまう場合だってあるんですよね。

居場所になっているからこそ、逃げられない。変な人がいたとしても、我慢してしまうのです。

だからこそ、会社に変な人がいるのであれば、それなりの対応をしていく必要があるのです。

ジキルとハイドみたいな二重人格みたいな人もいるんですよね……。危ないんですよ……。私なんて当時大嫌いだった上司が住んでいる「JRの某駅」を通るだけでも、吐き気がしますもん。

我慢なんてしなくて良いのです。

関連記事:転職をコンサルタントされた方が良い人の特徴。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。