人生に悩む君へ

忙しくなければいけない社会の中で

忙しい人って特に東京は多いですよね?逆に忙しくないひととか探したらほとんどいなくなってしまうんじゃないかなって思ってしまうほどです。

確かに、忙しいということが楽しいことだってありますよ。でも、忙しくなきゃいけないような雰囲気ってありませんか?

忙しくないと何か自分が充実できていないようなそんな気分になるときってありませんか?でも、忙しくなくてもいいと思うんです。

一度きりの人生なんですから!

 

忙しくないとなんとなく嫌な感じがする

 

誰かと遊ぶ時に「忙しい!」ってアピールをするひといますよね?でもあれって実は忙しい自分じゃないと不安になってしまうということを意味しているのだと思っています。

人間ってたぶんですけど、考えるということが嫌いなひとが多いです。それは自分の未来のことも、お金のこともです。

出来れば何も考える事なく、生きていきたいと思っているものなんですよ。そんなひとたちにとっては忙しさってある意味で最高の価値なんです。

 

もちろん忙しいということが根本的に好きなのであればいいかもしれませんが、忙しいということは考える時間がなくなってしまうということでもあります。

 

 

するといつの間にか時間がだけが過ぎてしまうのです。

 

人生って凄い速さでで過ぎていくものです。だからいま20代だと思っていてもいつの間にか30代になっているものなんですよ。

そうやってだんだんと年をとっていってなにもしないまま終わるひとってとても多いです。

でもなにかはしたくないですか?一度きりの人生のなかで。

 

それは移住でも世界一周でもなんでもいいです。よく夢がない!って言っているひとを見かけますが、そんなことはないと思います。

「あの女優に会いたい!」とか「プライベートジェット買いたい!」とかそういうものってありませんか?実はそれだって立派な夢なんですよ!

 

サラリーマンは基本的に労働時間に対してお金をもらうものです。

 

だからこそ、長い時間働いていること=良い事という構図が出来上がってしまうのでしょう。

でも、別に忙しくしているからといってあなたの収入は増えましたか?実はそんなこともないです。実際、増えるのは残業代分くらいでしょう!

 

 

本当に大切なのは自分がいまなにかしているのか?ってことなんです。時間なんて関係ありません。

忙しいひとってかっこ良くみえてしまいますよね?

商社マンでも証券マンでもそうですけど、ああいうひとたちは毎日本当に忙しいです!でも、だからこそ、考える時間を作ることが大切なんじゃないかな?って思います。

 

自分の好きな事をずっとやっていて、時間を忘れている!ってことなら凄く良い事だと思いますよ。

 

でもそうじゃなくて、自分が大切だと本心は思っていないことで忙しさを作り出していることって結構あるんです。

関連記事:自分に合う仕事を考える事が大切な理由。

 

 

大学生でも忙しくなければいけない?

 

大学生ってサラリーマンとして一生働くのであれば、一生のうちで一番時間がある時ですよね?だからこそ、私はその時間を大切に使うべきだと思っています。

バイトとかして生きていくために必要なお金を稼ぐってことは良いことです。でも、必要以上にバイトに時間を使っているひとって結構いますよね?

 

私の場合は特にこれを女性に対して感じます。女性って忙しいこと=ステータス だと思っているひとがとても多かったです。

充実していることを実感出来るのがたぶん忙しいということなのでしょう!男性の皆さんも経験がありませんか?

グループとかで集まる時に男子は「割といつでもいいよ!」って言う人がいるにも関わらず、女子は「私、結構忙しくて来週の水曜だけ空いているよ!」ってひと。

 

でも、実際に聞いてみると他の日が空いていることが結構あるし、忙しさの内容を聞いてみると、バイトとサークルとレポートだったりするわけです。

その忙しさを作っているのって自分ですよね?そうです、意図的に忙しくしているわけです。

充実していなければならない、忙しくしていなければ損をした気分になる!ってひとはとても多いです。

 

でも、大学生の時ほど有意義に時間を使ったほうが絶対にいいです。プログラミングとかでもやってみたらいいじゃないですか?

在学中にプログラミングを始めて起業したひととか知り合いでも何人かいます!そういったひとたちは自分の時間を有効に使っていますよね。

 

忙しさを作るならその内容は有意義な内容で! 

関連記事:オンラインでプログラミングを学ぶメリット

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。