投資家のお金論

株の配当で生活する時に大切な事。

株の配当で生活をしたいという人って一定数いると思うんですよね。サラリーマンとして働いている人とかだと、

 

毎日が消耗の連続だと思うんですよね。嫌いな上司がいるのは当たり前ですし、ノルマが大変な会社に勤めている人だっているでしょう。

 

だからこそ、株の配当で生活をしたいと思う人はいると思うし、それは当然の事だと思うのです。そこで、

 

今回は株の配当で生活する時に大切な事について書いていきたいと思います。

 

 

分散投資をした方が良い

 

 

これは言える事だと思うんですよね。株の配当で生活をしようと思えば、そこまで難しい事ではないのですが、

 

大切な事は、リスクをどれだけ減らすのか?という事だと思うんですよね。株の配当で生活するために必要なお金と配当利回りだけではなく、

 

そのリスクを考える事が大切なのです。例えば、配当が高い企業があり、割安株だったとしましょう。もちろん、そういった株式に投資をするという事は間違いではありません。

 

しかし、その一方で分散投資をする必要があるのです。例えば、自分のポートフォリオの中にある株式の全額が100%1つの食品会社に投資されていたとします。

 

そうなってくると、もちろん配当は入ってくるのですが、食中毒等のリスクの高い事象が起こるとそれだけで株価が暴落してしまう恐れがあるのです。

 

それだったら、食品会社でも分散したりとか、食品以外にもバイオ・インターネット・不動産等に分散投資していた方がトータルリターンは高くなると思っているのです。

 

株の配当で生活をする事が目的になっていると、配当利回りばかりを考えてしまいがちなのですが、それだけではなく、

分散投資についても考えた方が良いのです。

関連記事:ウェルスナビの運用状況を報告するよ【2018年11月現在】

 

 

どの程度の資金が必要なのか?を計算する

 

株の配当で生活をするためには、どの程度の資金が必要なのか?という事って実際に計算していない人も多いと思うんですよね。

 

株の配当で生活をしたいと思っているかもしれませんが、それだけでは株の配当で生活をするという目標は達成する事が出来ないのです。

 

例えば、配当利回り5%であれば、最低年収200万円を手に入れるためには4000万円必要になってくるのです。単純計算でね。

 

4000万円を投資するにはどうすれば良いのか?という事を逆算していく事によってだんだんと現実的になってくるのです。

完全に貯金だけで4000万円を作っていくのか、それとも最初は銀行からお金を借りて不動産投資から始めて、そこから株式を購入していくのか。

株の配当で生活をするという事は実際にはそこまで難しい事ではないと思いますが、それでも実際にそれを現実にするためには、

 

徹底的に計算をする事が大切だと思うのです。後ね、あまりギリギリで計算しない方が良いと思います。

月に50万円の生活費が必要なら、少なくとも80万円くらいの配当は欲しいイメージです。

関連記事:私が木造アパートを売却したリアルすぎる不動産話。

 

 

株での配当以外もきちんと考慮する

 

これも大切な事だと思うんですよね。株の配当で生活をする事を考えている時には、きっと株式にはこだわっていない事も多いと思うんですよね。

 

だからこそ、私は株以外の収入も考えた方が良いと思うんですよね。

不動産投資

これはあると思うんですよね。株式の投資と違って流動性は高くありませんが、表面利回りで言ったら株式よりも高い場合があるんですよね。

私も実際に投資をしていますが、利回りの低い東京の物件でも「5%」程度はありますから。北海道の第2とか第3の都市とかになってくると、15%を超える物件だってあります。

ちなみに私は東北で30%超えのバケモノ物件を手にしたこともあります。笑

リーマンの後ですけどね。

確かに、きちんとした知識は必要になってきますが、それでも勉強をするのであれば、効率的な投資が出来る人だっていると思いますよ。

減価償却費もあるので、節税にもなるから、最終的な手残りは株式による配当よりも大きいのかもしれない。株の配当生活よりも、人間関係的な部分では大変かもしれないけど、残るものは大きいよ。

不動産投資で成功している人って実際に私の周りにもたくさんいますし、実際家賃収入ってストック収入になるので、

 

株の配当で生活するのと同じように稼ぐ事が出来るのです。

 

債券投資

特に高齢の人なんかには、債券投資あたりをおすすめしてみたい。リスクの高い投資よりも、値動きがほとんどないけど配当は少し入ってくる的なね。

AGGとかBNDみたいな債券投資の王様的なETFであれば、毎月分配だったりもするし、老後には良いんじゃないのかな。

今だと、2.5%程度の利回りなので、1000万円投資したら年間で25万円は入ってきますからね。

引用:GoogleFinance

直近だとこういう動きをしていますね。リーマンの時にかなり下げていますが、それでも70ドル近辺です。こういった値動きの少ない債券ETFを使って、毎月の自分の年金を作るのもありかと。

また、補足ですが、優先株式になってしまうけど、株式よりのETFだったら、PFFなんかも高配当で良いですね。

引用:GoogleFinance

6%近い利回りなんですよね。リセッション時には弱いですが、平時はほとんど値動きのない銘柄になります。

ポートフォリオのメインとして組み入れている人も多いのではないでしょうか。

関連記事:個人がポートフォリオ構築で考えるべき事。

 

関連記事:未来の世界はこうなるんじゃないか?という考察。

 

 

株の配当で生活するために学び続けよう

 

株の配当で生活をするためには、それなりに勉強しないといけないんですよね。まあ当然ですけど。むしろ勉強せずに投資するならお金が消えるだけなので、今すぐ貯金した方がマシです。

資産を増やすことよりも、守ることの方が何倍も難しいから。

投資の世界は思っているよりも厳しい世界です。その時には良くても、最終的にお金が残るのかどうかは数年後にしかわかりませんからね……。

周りの人以上に勉強をする必要性があるのです。株の配当で生活する事を目標に置いているのであれば、目標がはっきりしているので、

 

やるべき事もはっきりとしてくると思うんですよね。目標が決まっていると、達成する事はそこまで難しい事ではないのです。

私も今後は不動産の比率を低くしていくつもりです。いや、何なら今は次のリセッションに備えて債券の割合が増えていっていますね。

現金もかなり持っています。投資することも大事ですけど、投資しないことも同じくらい大事ですから。

株の配当で生活したい、と思うのは勝手だけど、買いたい時期が「買うべき時期」とは限りません。

他のブログでは、「投資しろ!投資しろ!」と言われるかもしれませんが、私はむしろ「投資するべき時じゃないならしない方が良い」というスタンスです。

待つことも投資です。

投資するべき時がやってくるまで、勉強を続けましょう。

関連記事:大家の会について現役投資家が思うこと。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。