ブロガー「水瀬まりも」とは?
お金の話

個人投資家を職業とする時に大切な事。

個人投資家を職業として考えている人って最近は増えてきたと思うんですよね。自分の労働力を提供して、そこから賃金をもらい、

 

生活をするというスタイルではなく、企業や個人等に投資をし、生活をしている人だっているわけなんですよね。

 

では、実際個人投資家を職業とする時には何が大切なのでしょうか?今回はそんな事について書いていこうと思います。

 

 

常に最新の情報を取り入れる

 

 

これは個人投資家を職業とするのであれば、とても大切な事だと思うんですよね。常に最新の情報を仕入れるという事って実は難しい事なんですよね。

 

テレビや新聞等の情報は最新の情報ではなく、数ヶ月後、数年前の情報を流している事が多いのです。しかし、個人投資家というものを職業として生活するのであれば、

 

 

それではいけないわけなんですよね。私が知っているVC(ベンチャーキャピタル)の人とかでも、やはり常に最新の情報を仕入れるようになっているんですよね。

 

ITであれば、シリコンバレーではなく、イスラエルやバンガロール、エストニア等のITベンチャー大国についての情報は常に仕入れているのです。

 

これって大切な事だと思うんですよね。個人投資家を職業とするのであれば、きちんと世の中で何が起こっているのか?

 

これから先の未来では何が起こるのか?という事を考えなければいけないのです。漠然した物言いになってしまうけどね。

そして、そのためには圧倒的な情報量というものが大切になってくるのです。情報のシャワーを浴びることが大切なのです。

 

個人投資家の方って皆さんツイッターとかキュレーションメディアを使ってたくさんの情報を常に集めているんですよね。

 

これが個人投資家を職業とする時には大切な事だと思っているのです。

関連記事:投資家は勉強をし続けるべきだと思う。

 

 

常に計算をして考える

 

 

これも個人投資家を職業とするのであれば、大切な事だと思うのです。投資家というと、誰もが理知的で論理的な行動を取ると思ってしまいがちですが、

 

実はそうでもないんですよね。個人投資家といっても、中身はただの人間なのです。だからこそ、感情で動いてしまう事だってあるのです。

 

しかし、人間の感情は個人投資家を職業として生きていく時には邪魔になってしまう事だってあるんですよね。

 

投資から得られるリターンはどの程度か?そして、投資リスクはどの程度か?という事を計算して算出する事が大切になってくるのです。

 

これを出来ている人って実は投資家の中でも少ないと思うんですよね。私が知っている個人投資家を職業としている人の中には、

 

数十億円を投資している」という人だってたくさんいますが、そういった人たちが全て論理的な決断をしているのか?というと、

 

そうではない場合も多くあるんですよね。しかし、周りの人間は投資金額に対して尊敬の念を抱くものなんですよね。

 

確かに、融資を引っ張ってきて、多額の投資資金を運用する事も大切かもしれませんが、感情で決定した投資は往々にして失敗してしまうものなんですよ。

 

だからこそ、私は個人投資家を職業をするのであれば、全ては計算を出した経営をしていくべきだと思うのです。

 

税金の計算にしても、販管費の計算にしても、利回りの引き直しにしてもそうです。全ては計算なのです。

 

きちんとした計算の上に個人投資家は成り立っているのです。

関連記事:エンジェル投資家が変えた未来。

 

 

自分だけのスタイルを見つける

 

 

これも個人投資家を職業にするのであれば、大切な事だと思いますね。投資には「こうやったら成功します」という類の本とかってあると思うのですが、

 

そういったものって実は汎用的に通用するものではないと思うんですよね。詐欺まがいのものもあるしね……。

投資にはそれぞれのスタイルというものがあり、

 

自分のスタイルを実行する事によって、だんだんと見えて来るものがあるのです。逆にそういったスタイルがないと、

 

「投資をするべきか?そうではないか?」という事がわからなくなってしまうんですよね。

基準が必要になってくるのです。ベンチャーキャピタルにだって、それぞれの理念とか、投資基準があるわけですし。

 

だからこそ、自分のスタイルを確率させていく事に注力した方が良いのです。自分はどんな生活をしていて、どんな投資をしたいのか?

 

自分にはどんな手法が合っているのか?をきちんと考える事が大切なのです。信者的に誰かの手法を真似てみても、

成功しないのです。個人投資家を職業とするのであれば、自分なりの道と手法を見つけ、それを実行していく事が大切なのです。

関連記事:仮想通貨詐欺にあう人って実は多いと思う。

 

 

投資家には誰でもなれるものです

 

という事で、今回は個人投資家を職業とする時に大切な事について書いてきたのですが、いかがでしたか?

 

個人投資家を職業として生きていくためには徹底的に計算をする必要性がありますし、それが前提での職業なんですよね。

 

ただ、ここまでに挙げてきた事って努力で補う事が出来るものしかないんですよね。自分が本当に個人投資家を職業をして生きていきたいと思っているのであれば、

 

そこまで大変だと感じないと思うのです。

個人投資家も面白いですよ。私はプライベートカンパニーを作って、投資をしていますが、投資をするからこそ、見えるものがある。

 

社会基盤とか、繰り返される歴史とか、色々なことを考える機会になった。

個人投資家になる人は、頑張ってください。これからは誰もが投資をする時代ですから。

関連記事:人工知能による資産運用「ウェルスナビ」を徹底解説。

よく読まれている記事
関連記事だよ